新着の記事

戌の日のお参りに行ってきました。

バーチャルアシスタントの伊藤尚の日記です。今回はちょっとご報告です。
伊藤 尚 | 3 view

毎日子どもの送り迎えをし、仕事の成果も出す部長ってどんなヒト?〜イクボスアワード受賞 P&G鷲田さんの働き方革命

仕事の成果はかけた時間に比例する、人には仕事を任せられない――、そう考えていた鷲田さんは、40代で子どもができたことをきっかけに、部下にどんどん仕事を任せ、自身は家庭での時間をたっぷり持てるようになりました。そのような発想と行動の大転換は、なぜ、どうやってできたのでしょうか?
やつづか えり | 217 view

在宅ワーク中、子どもがパソコンを触りたがったらどうする?

小さな子どもと一緒に在宅ワークをするときに避けて通れないこの悩み、私の解決策をご紹介します!
あん☆な | 71 view

夫婦のどちらも主役 協力し、尊重し合えるフリーランス起業家夫妻のくらしと仕事 ~後編~

夫がデザイナー、妻がWebディレクターとしてそれぞれ会社を経営する中村克己さん(株式会社フェスタ― 代表取締役/国酒支援NPOサケネス 代表)と小沼光代さん(株式会社フラップ 代表取締役)夫妻。後編では、家事や育児の分担、ライフワークや今後の展望について聞きました。
鈴木 せいら | 239 view

夫婦のどちらも主役 協力し、尊重し合えるフリーランス起業家夫妻のくらしと仕事 ~前編~

夫がデザイナー、妻がWebディレクターとしてそれぞれ小さな会社を経営しながら、家庭ではふたりのお子さんを育てるパパとママでもある、中村克己さんと小沼光代さんにインタビューしました。
鈴木 せいら | 521 view

バーチャルアシスタントの年末年始の過ごし方

バーチャルアシスタントのmikoの日記です。今回は、年末年始の過ごし方についてお話したいと思います。
miko | 33 view

「キッザニア東京」で母親の復職相談も!キッザニア×リクルートジョブズによる女性向け就業支援イベント

“こどもが主役の街”「キッザニア東京」では、開業10周年を機に、母親の「働きたい」をサポートする「女性の就業支援カウンセリング」を来年3月まで、ほぼ毎月実施しています。12月のイベントに参加し、主催者やキャリアカウンセラーの方にインタビューした結果をお伝えします。
宮本ナガタ | 87 view

基本給のほか賞与や福利厚生も。「同一労働同一賃金ガイドライン案」で示された具体例

昨年末に政府が発表した「同一労働同一賃金ガイドライン案」の概要をご紹介します。これによって非正規社員の待遇は良くなるのでしょうか?
西谷 じゅり | 136 view

毎日60分の資格取得の勉強時間、私はこうやって作りました

家事・育児・会社勤め…多忙な毎日の中で、「わたしのため」の時間60分はこう作りました。
藤本 つばさ | 70 view

「私スタイル」の起業は三人三様。女性起業家たちが会社を作った理由と方法

3人の女性の経験談からは、起業のきっかけも方法も、それぞれであることが分かります。一方で、経営者ならではの孤独などの共通点も。苦労もあるけど喜びが大きい、身近なロールモデルたちのお話をご紹介します。
鈴木 せいら | 368 view

2017年、スタートしました! 年末年始にあったこと

バーチャルアシスタントの伊藤尚の日記です。今回は年末年始の諸々について。
伊藤 尚 | 248 view

家事代行サービス「タスカジ」運営会社に学ぶ、ママが活躍できる組織の条件

家事代行サービス「タスカジ」を運営するブランニュウスタイル株式会社 社長の和田幸子さんとPRマネージャーの平田麻莉さんに、ママになっても活躍できる組織の条件や、同社が目指すこれからの家族のあり方、働き方についてお伺いしました。
宮本ナガタ | 544 view

ユニリーバ「WAA」で変わった社員の働き方、その成功のカギとは?

2016年11月25日に開催された長時間労働撲滅を掲げた「緊急フォーラム」が開催されました。そこで紹介されたユニリーバにおける働き方改革の話をお伝えします。

働き方改革が本格的に進んでいく2017年、ワーキングマザーを取り巻く環境はどう変わる?

「自分の人生を自分で選ぶ。人生をゆたかにする。」という理念のもと、女性活躍推進のコンサルティングを行う株式会社bouquet 取締役の髙橋玲衣です。新年を迎えるにあたり、「同一労働同一賃金」と「残業削減」の動きがワーキングマザーに与える影響について考えてみます。
髙橋 玲衣 | 207 view

エニタイムズ代表 角田千佳さんが起業に込めた想い〜新しい働き方を提供し、社会をよりよく変えていく~

毎日の生活で、ちょっと誰かに手伝ってもらえたら助かるのに、と思うことは意外に多いものです。そんな困りごとを解決してくれるサービスが「エニタイムズ(ANYTIMES)」。「ダンスを教えます」と自分の得意を売ったり、「掃除できる人を探しています」と募集したり、個人と個人間のビジネス(C to C)を可能にするプラットフォームを提供しています。代表の角田千佳さんにエニタイムズ創業に込めた想い、また、これからの新しい働き方についてお話をお伺いしました。
吉岡 名保恵 | 438 view
278 件