2017年1月20日 更新

【女性活躍推進法の概要】企業がやるべきこと、女性にとってのメリットは?

「女性活躍推進法」ができた背景や、その内容について、分かりやすく解説します。

12,907 view

2015年8月の国会で「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(通称:女性活躍推進法)が成立しました。

この法律の影響で、会社から「我が社の女性活躍推進行動計画」について説明を受けた方もいるのでは?

ここでは「女性活躍推進法」ができた背景や、その内容について、分かりやすく解説します。

女性の活躍がカギを握るこれからの日本

gettyimages (1050)

日本は本格的な少子高齢化時代を迎え、放っておけばどんどん働く人の数が少なくなっていきます。それでは日本の経済が衰退してしまう! ということで、国が注目しているのが「女性労働力」です。

なぜなら、日本では働き盛りの年代である30代で仕事を辞めてしまっている女性が多く国としては「この人たちが働いてくれるようになれば、日本の経済成長がかなり後押しされる」と目論んでいるからです。「アベノミクス」の中では「女性の活躍」が重要な戦略と位置づけられています。

この「女性の活躍」のひとつの目標として、国は2020年までに議員や企業の管理職など「指導的役割」に占める女性の割合を30%まで引き上げるというものを掲げました(2012年の割合は11.1%なので、これはなかなかハードな目標です)。

このような目標に向かって具体的なアクションを引き出すために作られたのが、「女性活躍推進法」です。

女性の仕事だけでなく「くらし」にも配慮することを求める法律

gettyimages (1041)

ここまで読んで、「国は女性にバリバリ働くことを望んでいる」と感じられたかもしれません。「仕事はしたいけれど、そんなに無理はしたくない」、「管理職になんてなりたくない」という方もいるでしょう。

国の本音は「がんばってどんどん稼いで!」、かもしれませんが、この法律は「みんなを、バリバリのキャリアウーマンにしましょう!」というものではありません。

女性活躍推進法の基本原則には、
・男女の職業生活と家庭生活との円滑かつ継続的な両立を可能とすること
・女性の職業生活と家庭生活との両立に関し、本人の意思が尊重されるべきであることに留意すること
が明記されています。

つまり、「女性の活躍」のためにやることは「女性を出世させる」といったことだけではなく、男性も含めたワークライフバランスの見直しや、女性本人の意思に基づいた働き方ができるような幅広い取り組みを求めているわけです。

今から30年前の1986年に「男女雇用機会均等法」が施行されましたが、これは職場における男女の差別を禁止することが目的で、これによって女性でも“男性と同じように働ける“という状況ができてきたと言えます。その後育児介護休業法や次世代育成支援対策推進法もできて、家庭と仕事の両立支援も行われるようになりました。それでも出産を機に仕事を辞めてしまう女性がまだまだ多いのは、「働くのであれば、それまで男性がやってきたような働き方をすること。どうしても無理なら育休や時短勤務制度を使ってもいいよ」「子どもが生まれても、男はやっぱり仕事優先」というような“常識”の中ではがんばりきれない、という現実があるからでしょう。そんな現実がこの法律によって少しでも変わっていくのか、注目です。

女性活躍推進法のナカミ。国と自治体と企業の役割は?

thinkstock (1042)

肝心の、法律の内容はどうなっているのでしょうか。

法律では、国、自治体、事業主(企業)が、主に以下のような役割を果たすことが定められています。

国がやること

  • 女性の活躍推進の基本方針、企業などによる「行動計画」作成のための指針作り。
  • 女性活躍推進に関して優良な企業の認定と、国からの発注先としての優遇。
  • 女性の職業選択に役立つ情報の公開、啓発活動、職業紹介、訓練、起業支援など、女性の活躍のための支援。
  • 国の機関で働く女性の活躍推進のための行動計画の作成や、その実施状況の公表。

自治体がやること

  • 区域内における女性の活躍を推進する計画の作成。
  • 働いている、または働こうとする女性及びその家族や関係者からの相談に応じ、関係機関の紹介や情報提供、助言。
  • 女性活躍推進に関して優良と国が認定した企業に対し、自治体からの発注先としての優遇。
  • 自治体の機関で働く女性の活躍推進のための行動計画の作成や、その実施状況の公表。

 

30 件

この記事を読んだ人におすすめ

女性活躍推進法スタートの2016年、企業が直面したジレンマと解決策とは?

女性活躍推進法スタートの2016年、企業が直面したジレンマと解決策とは?

「自分の人生を自分で選ぶ。人生をゆたかにする。」という理念のもと、女性活躍推進のコンサルティングを行う株式会社bouquet 取締役の髙橋玲衣さんに、女性の働き方に関する今年の変化について振り返っていただきました。
髙橋 玲衣 | 314 view
配偶者控除の変更でくらしと働き方はどう変わる?「2017年度税制改正大綱」解説&所得税額シミュレーション

配偶者控除の変更でくらしと働き方はどう変わる?「2017年度税制改正大綱」解説&所得税額シミュレーション

かねてより議論されてきた配偶者控除・配偶者特別控除について、先日大きな発表がありました。これにより、私たちのくらしと働き方にどんな影響が及ぶのでしょうか?
藤本 つばさ | 2,807 view
130万円?150万円?「配偶者控除の収入上限見直し」に賛否両論

130万円?150万円?「配偶者控除の収入上限見直し」に賛否両論

2017年度の税制改正議論で配偶者控除の見直しについて話が進められているのは皆さんご存知でしょうか?控除対象となる配偶者の年収上限は現在103万円とされていますね。「103万円の壁!」と、この金額内に抑えてパートなどに出ている主婦の方も多くいます。今回の見直しでは、上限を130万円または150万円まで引き上げ、同時に、夫の年収にも上限額が設けるという制度が検討されています。果たしてメリットデメリットはいかに? 世間の声とともに考えてみたいと思います。
あん☆な | 20,098 view
配偶者控除の見直しで何が変わる?家計と働き方を考える機会に

配偶者控除の見直しで何が変わる?家計と働き方を考える機会に

現在、政府は女性の働き手を増やすことを狙って、それを抑制していると考えられている 「配偶者控除」の見直しを検討しています。 この機会に今後の働き方やライフプランについて、今一度考えてみませんか?
西谷 じゅり | 752 view
「働き方改革担当大臣」の誕生、私たちの働き方にどう影響?

「働き方改革担当大臣」の誕生、私たちの働き方にどう影響?

2016年8月3日に発足した第3次安倍第2次改造内閣では、「働き方改革担当大臣」という新しいポストができました。その狙いや、私たちの働き方に与える影響を解説します。
やつづか えり | 10,382 view

この記事のキーワード

この記事のライター

やつづか えり やつづか えり