2016年10月9日 更新

働く主婦要チェック!103万円の壁・130万円の壁、そして106万円の壁とは

主婦が働くときに気になる103万、130万、そして106万円の壁について解説します。

1,243 view
gettyimages (1245)

「年収が103万円を超えないように」と、特にパートで働く主婦の方が気にする「103万円の壁」。

耳にしたことのある方も多いと思います。これに加えて「130万円の壁」という話を聞いたこともあるのではないでしょうか。

さらには、2016年10月から一部の企業で導入される「106万円」という数字を目にした方もいらっしゃることかと思います。

今回は、共働きの主婦の方・これから働く予定のある方に、これらのしくみをやさしく解説します。ご存知の方も、知識の確認にお役立てください。

103万円の壁とは

gettyimages (1154)

「103万円の壁」は、所得税に関わる壁です。

この「103万」という数字がどこから出てくるかというと、以下の計算からです。

配偶者控除:38万円 + 給与所得控除:65万円 = 103万円

夫が会社員として「給与」をもらう立場であるか、夫が自営業者で国民年金に加入し、妻が夫の自営内でのみ就労している場合に、妻の1年間の実質的な収入(収入確定額)がこの103万円を超えると、妻の収入に所得税がかかり、夫も38万円の配偶者控除(これにより夫の所得税と住民税が安くなる)を受けることができなくなります。

また、夫の勤務先の規定によっては勤務先が支給する「家族手当」などを受け取ることができなくなる場合もあります。

ちなみに、103万円の中には交通費も含まれます。12月までの支払いならば、ボーナス・寸志等も含まれます。103万円に関しては「厚生年金保険でいう報酬は、すべての手当が対象となる」という厳格な規定が適用されるのです。

141万円の壁も

gettyimages (1249)

上で妻の年収が130万円を超えると夫は38万円の配偶者控除が受けられなくなると説明しましたが、いきなりゼロになるのではなく、妻の年収が141万円未満までは、3万円〜38万円の「配偶者特別控除」が受けられます(自営業者の場合76万円未満)。ただし、夫の年収が1000万円未満の場合に限ります。

130万円の壁とは

gettyimages (1250)

「130万円の壁」は、夫が会社員の場合の、妻個人の社会保険・年金に関わる壁です。夫が自営業者の場合には関係ありません。

妻の年収が130万円未満であれば、夫の扶養家族と認められ、妻本人の健康保険料や年金保険料を支払わなくても健康保険が使え、年金を受け取ることができます。しかし、年収130万円以上になると、妻個人で国民健康保険料や厚生年金保険料の支払い義務が生じてくるのです。

※国民健康保険については、年収130万円未満でも、勤務日数と時間が常用正社員の3/4以上(週30時間以上)になると、原則加入義務が生じます。

なお、複数の収入源を持っている場合、130万円を超えるかどうかはそれを合算した額で判断されます。また、雇用保険の失業等給付・公的年金・健康保険の傷病手当金・出産手当金といったものも含まれます。130 万円という数字は、給与とこれらの手当から推測される「収入見込額」の総額です。交通費のあつかいに関しても、厚生年金との関係から各企業の規定によります。「130万円の壁」は、各企業の裁量によるところが大きく、厳格な規定が無いのです。

103万円の壁と130万円の壁との関係

thinkstock (1153)

上で、夫の年収が1000万円以下の場合、妻の年収が103万円を超えても141万円未満であれば、段階的に配偶者特別控除を受けることを説明しました。

これに対して、130万円を超えると、一気に、妻個人で厚生年金保険料と国民健康保険料を支払わなければならなくなります。

したがって、サラリーマン家庭の場合、世帯全体の実質的な収入という観点からすれば、103万円の壁よりも130万円の壁のほうがより大きな影響があると考えられます。

 

24 件

この記事を読んだ人におすすめ

配偶者控除の変更でくらしと働き方はどう変わる?「2017年度税制改正大綱」解説&所得税額シミュレーション

配偶者控除の変更でくらしと働き方はどう変わる?「2017年度税制改正大綱」解説&所得税額シミュレーション

かねてより議論されてきた配偶者控除・配偶者特別控除について、先日大きな発表がありました。これにより、私たちのくらしと働き方にどんな影響が及ぶのでしょうか?
藤本 つばさ | 4,003 view
130万円?150万円?「配偶者控除の収入上限見直し」に賛否両論

130万円?150万円?「配偶者控除の収入上限見直し」に賛否両論

2017年度の税制改正議論で配偶者控除の見直しについて話が進められているのは皆さんご存知でしょうか?控除対象となる配偶者の年収上限は現在103万円とされていますね。「103万円の壁!」と、この金額内に抑えてパートなどに出ている主婦の方も多くいます。今回の見直しでは、上限を130万円または150万円まで引き上げ、同時に、夫の年収にも上限額が設けるという制度が検討されています。果たしてメリットデメリットはいかに? 世間の声とともに考えてみたいと思います。
あん☆な | 24,794 view
配偶者控除の見直しで何が変わる?家計と働き方を考える機会に

配偶者控除の見直しで何が変わる?家計と働き方を考える機会に

現在、政府は女性の働き手を増やすことを狙って、それを抑制していると考えられている 「配偶者控除」の見直しを検討しています。 この機会に今後の働き方やライフプランについて、今一度考えてみませんか?
西谷 じゅり | 836 view
働く女性と専業主婦、老後の家計はどう変わる?【後編】

働く女性と専業主婦、老後の家計はどう変わる?【後編】

前編では、老後にかかる生活費と、それを賄う方法、年金制度について解説しました。後編では、もらえる年金額はどの程度なのかを考えていきます。
藤本 つばさ | 1,106 view
働く女性と専業主婦、老後の家計はどう変わる?【前編】

働く女性と専業主婦、老後の家計はどう変わる?【前編】

あなたは自分の老後の生活を想像したことがありますか? 老後と言っても、最近は元気にシニアライフを楽しんでいる人が多いですね。
藤本 つばさ | 4,992 view

この記事のキーワード

この記事のライター

エノコロ エノコロ