無事退院しました!

切迫早産での入院→退院→出産のための入院→退院までのダイジェストです

こんにちは! 函館で「HELP YOU」のオンラインアシスタントをしている伊藤尚(いとうなお)です。
今回は、切迫早産での入院からの退院→お産→退院までのことについてざっくりとお話しします。(お産の時のことはご要望が多ければ、別途記事にしますね。)

ライター

伊藤尚
北海道・函館市に夫と娘と3人で暮らす、アラサーの主婦ライターです。主に、書いたり(文章や画像を)加工したりしています。あとは話したり、撮ったり、デザインしたり。趣味はトロンボーンアンサンブルです。

37週6日で無事退院!

切迫早産での入院中のことを書いた前回の記事執筆時は37週0日だったのですが、胎児のサイズが小さめだったため退院はちょっと伸びました。この分、保険適用外の費用が割とあったのは置いておいて…(37週以降は、「念のため」のような扱いのため、3割負担にならない部分が出たようです)周囲には「切迫早産の人はすぐ出戻る(出産のための入院)人も多い」と聞いていたため、退院したら

等という風に、食べたいものをリストアップしていました。中でも、焼肉は産後行くのがなかなか難しいとのことで「絶対行きたい!」と思いながらも、焼肉を食べると陣痛が来る、とのジンクスもあるので、退院3日後に行きました。ちなみに陣痛ジンクスは「焼肉」「カレー」「オロナミンC」「満月」「新月」等聞きますが、結局焼肉の翌日もカレーの翌日も満月の日も何もありませんでした。

朝4時に陣痛らしきものが…

夫の休みに合わせ、検診に行こうとしていた日の早朝、陣痛らしき腹痛が。
アプリで間隔を計っていると、時間にばらけはありますが10分前後になっていたため、7時頃病院に電話をかけました。電話に出た助産師さん(切迫早産での入院時にお世話になっていた若手の方)と相談し、

  • そんなにひどくない痛み&初産なので、このままの間隔が続くなら予約している9時に診察で間に合いそう?
  • 時間が短くなったり、痛みが強くなったりしたらすぐに電話

という結論に。
9時の診察まで耐えたところ、診察→即分娩室行きで、12時46分には娘との対面を果たしました。

再び入院生活に。

娘の誕生により、再び5日間の入院生活へ突入です。ただし前回の入院(41日間)と比べると8分の1。一瞬です。笑

その間にわからないことを極力無くしたいと、助産師さんたちに片っ端から疑問点を質問しまくりました。

今回の入院は見舞客のことを考えて個室でのんびりです。4日目にはおそらくマタニティブルーであろう謎の「(何もなくても)常に悲しい」状態も経験。

傷はしくしく痛かったり、そこそこむくみが出て手足がかゆかったり一般的なマイナートラブルはいくつかありましたが、母子ともに無事予定通りに退院できました。

今後の予定について

ちなみに、ログを確認したところ、出産当日の11時前までチャットワークに書き込みをしていました。
7月上旬現在、2-3日に1度まとめてログを確認するようにしています。復帰まで置いてしまうと、とてもではないですが追えない量になってしまうためです。
また、産休ということで、対クライアント様をのぞく、内部のミーティングのみ、出来る範囲で参加しています。

現在実家でお世話になっていて、楽をさせてもらっていますし、母曰く、おとなしく寝る時間の長い子ですが、やっぱり未知数なことも多いので、1日は飛ぶように過ぎていきます…

一応8月から本格復帰予定のため、まずは娘との生活リズムづくりを頑張りたいと思います。

 

 

おすすめリンク