2017年7月24日 更新

テレワーク・デイ目前!実施企業6社が語る、テレワークのリアル

テレワーク導入のきっかけやリアルな実践の様子が語られました

532 view

2017年7月24日に、「働き方改革」政策の一環として「テレワーク・デイ」が実施されます。
(参考:7月24日はテレワーク・デイ そのねらいと効果は)

今回は、テレワーク・デイをテーマに、既にテレワークを実施している6つの企業の方が「テレワークのリアル」について語ったイベント「テレワークって実際どうなの?テレワーク実施企業が語るテレワークのリアル」(主催:株式会社ガイアックス、スマートキャンプ株式会社)の様子をお伝えします。これからテレワーク制度を導入しようと検討している方や、テレワーク制度を活用して働こうと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

なぜテレワークを始めたの? スマートキャンプとオプトの事例

株式会社パソナ及び株式会社パソナテックの湯田健一郎さん

株式会社パソナ及び株式会社パソナテックの湯田健一郎さん

第一部では、「やっぱり導入って大変でしょう?〜導入検討からトライアル導入、導入決定までのリアル〜」というテーマで3名の方が登壇されました。

モデレーターは株式会社パソナ及び株式会社パソナテックにてマネージャーを務める傍ら、経済産業省「雇用関係によらない働き方に関する研究会」委員の湯田健一郎さん。ゲストは株式会社オプトで人事戦略部部長を務める高部賢一さん、そしてスマートキャンプ株式会社 代表取締役の古橋智史さんです。

 

テレワークを考えるきっかけは自分や社員の「育児」だった

株式会社オプトの高部賢一さん

株式会社オプトの高部賢一さん

スマートキャンプの古橋さんがテレワーク制度を導入しようと思ったきっかけは、ご自身のお子さんの面倒を見ることができていなかったという状況があり、これまでの働き方に疑問を持ったこと。「成果を出せるのであれば、場所や時間にとらわれない働き方でも良いのではないか」と考え、ご自身の会社の働き方を変えていったのだそうです。まずは週1回からスタートし、現在では水曜日をリモートデ―としたり、フレックス制度を導入したりと、職種に関わらず場所や時間にとらわれない働き方を実現する制度を導入しています。

オプトの高部さんは、「子育てをする女性社員の職場復帰が転機だった」と語ります。育児と仕事を両立しながら、今までどおりのパフォーマンスを維持しながら働いてもらうためにはどうしたらいいか……と考えた結果、テレワークを導入することとなったそうです。その結果、現在出産後の復帰率は9割に。しかし、実はまだきちんと制度化されていなかったり、成果を可視化できるメンバー以外には在宅勤務が浸透していないといった課題があったりと、これからクリアすべき点があるそうです。

 

初めてテレワークを始めるには、トライアルが重要

スマートキャンプ株式会社 代表取締役 古橋智史さん

スマートキャンプ株式会社 代表取締役 古橋智史さん

皆さんの話によれば、テレワーク制度を導入する際、「では来月から実施しましょう!」といきなり運用するのは難しいので、まずはトライアル期間を設けることがベターとのこと。

スマートキャンプでは、「水曜日の午後に電話線を抜くこと」からスタートしました。クライアントには、急を要するときは営業担当の携帯に直接連絡をしてもらうよう事前にアナウンスした上でまずはやってみて、何も問題が起きなければ必ずしもオフィスにいなくても良いと判断しようと決めて始めたそうです。

結果的に特に問題はなく、かかってくる電話営業などへの対応がなくなったおかげでより一層集中して業務にあたれるようになったので、そのまま水曜日をテレワーク実施日として定着させていったそうです。

オプトでは、テレワークの実施に際して、まずは海外のオペレーション拠点メンバーと共にトライアルしたそうです。今後はテレワークをきちんと制度化して、「この人にはテレワークで仕事をしてもらおう」と言える文化を醸成していきたいともおっしゃっていました。

 

まずは小さく始め、自社なりのテレワーク制度を

古橋さんは、テレワークを導入することで優秀な人を採用できるようになったという利点を挙げました。今後については、ライフステージだけではなくキャリアステージにあわせて働き方が選べるようになることにも期待を寄せつつ、「介護や育児など、物理的に遠いところにいなければならない状況以外では、『家やカフェで仕事をするんだったら会社に行ってやろうかな』とテレワーク制度があっても、好きで会社に来るようになってほしい」とおっしゃいました。そして、これからテレワーク制度を導入しようとされている方に対しては「まずはライトなところから始めて、それを仕組化していくのが良い」とアドバイスされました。

高部さんも、まずは小さく始めること、さらに「ただ単に始めるのではなく、従業員のニーズに合わせてスタートしていく」ことが必要だとおっしゃっていました。

湯田さんからは「とりあえずやってみよう、というのが大切」というメッセージが。導入前には色々不安はありますが、今回ご紹介したトライアル事例などを参考に、まずは小さく始めて成功体験を積みながら、自社に合った制度をつくっていくのがポイントになりそうです。

 

テレワークを成功させるために。シックス・アパート、ガイアックス、ブイキューブの取り組み

右からSansan株式会社の角川素久さん、株式会社ブイ...

右からSansan株式会社の角川素久さん、株式会社ブイキューブの佐藤岳さん

第二部では、「導入しても使われないんじゃない?〜導入後の人事制度や、文化作りのリアル〜」というテーマでモデレーターにSansan株式会社の角川素久さんを迎え、3名のゲストの方が登壇されました。

株式会社ブイキューブのマーケティング本部長を務める佐藤岳さん、シックス・アパート株式会社の事業開発 シニアコンサルタントの作村裕史さん、株式会社ガイアックスの管大輔さんです。

 

(次ページ:テレワークを実践する上で大切なこと

23 件

この記事を読んだ人におすすめ

会社員も好きな場所で働きたい!実践者に学ぶリモートワーク導入のポイント

会社員も好きな場所で働きたい!実践者に学ぶリモートワーク導入のポイント

11月19日に開催されたイベント「リモートワークでひろげよう~リモートワークジャーニー@東京 3rd~」に参加しました。企業へのリモートワーク導入事例や普段の働く様子など、実践されている方たちから聞いたお話をご紹介します。
宇野まきこ | 619 view
日本でテレワークが広まらないのはなぜ?上手な導入・活用のヒント

日本でテレワークが広まらないのはなぜ?上手な導入・活用のヒント

7月24日はテレワーク・デイ! テレワーク普及に必要なことをまとめました
Click&Clack | 129 view
テレワークにかかる経費をどうするか?

テレワークにかかる経費をどうするか?

テレワークのために様々な補助をしている企業の事例です
Click&Clack | 240 view

この記事のキーワード

この記事のライター

篠原 舞 篠原 舞