2016年9月21日 更新

20代で転職する?しない?(基本編)キャリアアップを考えるあなたへのアドバイス

20代中盤を過ぎると、転職するなら今のうち?と迷う人も増えるでしょう。転職した方が良いのかどうか、する場合はどんな風に転職先を探したら良いのか、人事採用担当として働き、自分自身も転職の経験がある筆者がアドバイスします。

518 view

社会人生活も3年から5年経つと、仕事にも慣れて周りが見えるようになり、漠然とした不安に襲われたり、今の仕事や働き方をこのまま続けても大丈夫だろうかという疑問が頭に浮かぶこともあるでしょう。

キャリアアップという観点から、転職を考えた方が良いかどうかと転職する場合の自分に合う会社を探すポイントを、人事採用担当として20代の女性を中途採用してきた経験と私自身の転職経験を踏まえて紹介します。

今後の人生をどう送りたいか、人生の方向性とキャリアアップ

gettyimages (5319)

自分のやりたい仕事や向いている仕事に就けば、不安が全て解決し、日々の生活が充実するわけではありません。

仕事も含めた自分の人生を今後どのようにしたいか、時間をかけて内面を見つめ直しましょう。その際、ぼんやりとしたイメージではなく、自分の望む具体的な生活、例えばどこに住んでどういう働き方をしたいのか、好きなこと、得意なこと、どういうことをしているときが楽しいのか、何を大事にしてどういう考え方を持っているのかなど、働き方を考えると共に自分の人生や志向を分析しましょう。

大事なことは、転職してもしなくても、仕事のキャリアと自分の生きたい人生の方向性が合致することで満足度が高まるように、キャリアをステップアップさせることです。

思いつき転職のリスク

労働観の変化や人材の流動化で、転職が珍しくない昨今、それでもその場しのぎの安易な転職はリスクを伴います。

一般的に、転職回数が20代で2回、30代で2,3回以上だと、次からの転職活動が非常に厳しくなるでしょう。特に選考倍率の高い求人の場合など、転職回数が多いという理由だけで、採用の選考対象から外すという企業があるのも現実だからです。

転職に失敗し、再度転職をくり返すことのないよう、将来のキャリアについて納得がいくまで、しっかりと考えましょう。

本当に転職した方が良い?

gettyimages (5325)

今のあなたの状況は転職活動をする必要が本当にあるかどうか、よくある転職の理由をもとに検討してみましょう。

1.30代を前に、「このままではまずい」という焦りから

なぜ「このままではまずい」のか? まず、焦りや不安の内容を具体的に言葉で書き出してみましょう。漠然とつかみどころのない状態では、不安はどんどん広がるばかりです。言語化することで、対処法が見えてきます。

また、今の職場の良いところ、悪いところも振り返ってみましょう。まだ学べることはないでしょうか。

そして、転職する場合としない場合のメリット、デメリットもそれぞれ書き出して比べてみましょう。

  • 焦りや不安の具体的内容
  • 今の職場の良いところ/悪いところ
  • 転職する場合としない場合のメリット・デメリット
この3つのリストを見ながら、自分は何が不安なのか、本当はどうしたいのか、改めて自分の心に問いかけましょう。

自分のなりたい姿や目標、やりたいこと、自分の得意なことなどが明確になるまでは、やみくもに求人に目を通すよりも、今いる場所でベストを尽くして、経験を積みましょう。

2.結婚や子育てなどライフイベントとの両立が難しそうだから

「ライフイベントを迎えると仕事を続けることが難しそう」、「辞める以外に選択肢がない」と思う理由は何でしょうか。会社で前例がないから、そういう風潮だからという理由で、どうせだめだろうと早急な判断をしていないでしょうか。

1,2年以内にライフイベントを迎える具体的な予定があるのではなく、いつかはそうなりたいと考えているという状況でしたら、「どうしたら働き続けることができるだろうか」「働き続けてほしいと思われる人材や実績は何か」という視点で、自分の仕事や職場を見てみましょう。

4,5年も経てば世の中の風潮も変わるものですし、何なら自分が第1号として前例を作るのも良いでしょう。

仕事のやりがいを重視するのか、ライフイベントを迎えても働き続けられることを優先するのか、自分の一番大事なところは何か確認しましょう。

その上で、どうしても今の仕事や会社の方向性と自分の将来が合致しないということでしたら、優先度を明確にして転職活動をするのも良いでしょう。

3.他にやりたいことがあるから

まずは、社内の人事異動などで、自分のやりたい仕事ができる可能性がないか、試みましょう。それでも、今のままでは叶えられそうにない、もしくは新しいキャリアを築きたい、より専門性を追求したいということであれば、次のステップとして転職を考えるのも良いかもしれません。

未経験でも挑戦したいことがあったり、得意なことや貢献できることでもっと自分の能力や可能性を追求したいのでしたら、それを生かせる場所が他にもあるかもしれません。

28 件

この記事を読んだ人におすすめ

身近にある働きやすい会社の見つけ方(東京都ワークライフバランス認定企業編)

身近にある働きやすい会社の見つけ方(東京都ワークライフバランス認定企業編)

ニュースに取り上げられる大企業以外にも働きやすい会社はあるはずです
あん☆な | 6,377 view
子育てと仕事の両立を応援してくれない会社。正社員の座にしがみつくべき?

子育てと仕事の両立を応援してくれない会社。正社員の座にしがみつくべき?

転職すべきかどうか、キャリアカウンセラーの筆者がアドバイスします。
上西智子 | 92 view
キングソフト社で女性が自然体で活躍できる理由 ~後編~

キングソフト社で女性が自然体で活躍できる理由 ~後編~

前編に引き続き、キングソフト社で性別に関わらず社員が活躍できる理由について、4名の女性社員にお話を伺います。
鈴木 せいら | 281 view
キングソフト社で女性が自然体で活躍できる理由 ~前編~

キングソフト社で女性が自然体で活躍できる理由 ~前編~

『くらしと仕事』では、ママになっても活躍できる会社を積極的に紹介していきます! 今回インタビューした外資系ソフトウェア会社のキングソフトも、多くの女性社員が結婚・出産を経ても、いきいきと活躍し続けることができる職場だと聞きます。その理由を、女性社員4名の方にお話しいただきました。
鈴木 せいら | 526 view
20代で転職する?しない?(事例編)私が見てきた成功例・失敗例

20代で転職する?しない?(事例編)私が見てきた成功例・失敗例

20代中盤を過ぎると、転職するなら今のうち?と迷う人も増えるでしょう。転職した方が良いのかどうか、する場合はどんな風に転職先を探したら良いのか、後編では、前編で挙げた転職理由ごとに実際の事例を紹介しながら、成功例と失敗例を基にアドバイスします。
宇野まきこ | 344 view

この記事のキーワード

この記事のライター

宇野まきこ 宇野まきこ