2016年9月8日 更新

チャットワーク応用編その2 チャットワークをさらに効率的に! 知っておきたいショートカットとタグ

応用編その1に続き、毎日使っているチャットツール「チャットワーク(chatwork)」をより高速に美しく使用する方法を解説します。

425 view

頻出操作だけでも、ショートカットキーを覚えておこう

応用編1では、チャットワークを使ったグループ運営のコツを紹介しました。今回は、ショートカットキーやタグを使いこなして、さらに仕事を効率的、効果的に進めるヒントをお伝えします。

「ショートカットキーってよく聞くけど、マウスさえあれば最強!」という方。
気持ちはわかります。
ただ、やはりキーボードから手を離さずにいた方が圧倒的に早い!という瞬間があるはずです。
そんな時に便利な、チャットワーク用ショートカットキーがあります。

1.スムーズにグループ間を移動して入力を開始するには?

上下キーでも移動できるのですが、実は「k」が上、「j」が下に割り振られています。
作動しない時は一度「ESC」でリセットすればOK!
該当グループを選択したらここでもう一つ必殺ショートカットキーが。
そう

「m」

このボタン一つでメッセージ入力に移れます。
打ち終わったら「ENTER(設定によってはSHIFT+ENTER)」で即送信。
また「ESC」をして次のグループに移れます。

 (5287)

2.検索したいときは「f」キーを押そう

「そもそもどのグループの誰にメッセージするのか、検索しないと思い出せない…」そんな方は、迷わず

「f」

即、検索窓に移動できます。
(うまくいかない場合は「TAB」、もしくは「ESC」を押してみてください)
検索窓を閉じて、またグループに移動する際も「ESC」でOKです。

3.ショートカットキー、完全マスターしたい!という方は

ヘルプを開くと「ショートカット一覧」を簡単に見ることができます。

ショートカットキーは使って覚えよう

ショートカットキーは使って覚えよう

インフォメーションの「i」はみんなの強い味方です。

しかしこれすらマウスを使うのは悔しい!というあなたのためにぴったりなショートカットキーがあります。
それは

「?」

そのままですね。
「ESC」→「SHIFT」+「・」(通常入力でも「?」を出すときには「SHIFT」キーを押していますよね?)
これだけでショートカットキー一覧が表示されます。
今日はこれだけでも便利なのでぜひ覚えてください!

 

30 件

この記事を読んだ人におすすめ

チャットワーク応用編その3 大人数プロジェクトで混乱しないコツ

チャットワーク応用編その3 大人数プロジェクトで混乱しないコツ

今回は、参加人数が多めの大きなプロジェクトでチャットワークを使うコツを実体験を元にお教えします。
伊藤 尚 | 829 view
チャットワーク応用編その1 円滑なグループ運営に「使える」機能たち

チャットワーク応用編その1 円滑なグループ運営に「使える」機能たち

入門編に続き、毎日使っているチャットツール「チャットワーク(chatwork)」について、仕事がはかどるグループ運営のコツとビデオチャットについて紹介します。
伊藤 尚 | 985 view
チャットワーク入門編その2 コミュニケーション・タスク管理のコツを知ろう

チャットワーク入門編その2 コミュニケーション・タスク管理のコツを知ろう

前回に引き続き、毎日使っているチャットツール「チャットワーク(chatwork)」について、上手に使いこなすコツを紹介します。
伊藤 尚 | 3,330 view
ビジネスコミュニケーションを円滑に! チャットワーク活用法まとめ&具体例

ビジネスコミュニケーションを円滑に! チャットワーク活用法まとめ&具体例

対面での仕事が難しい際の手段として、電話、FAX、メールと進化し続けるコミュニケーションツールですが、今一番アツいのがビジネスに特化したチャットツールである「チャットワーク(chatwork)」です。くらしと仕事ではチャットワークの使い方についてシリーズで解説。より円滑にビジネスコミュニケーションをはかりたい方必見です。
伊藤 尚 | 281 view
ミーティングの調整を効率化する3つのコツ&使えるツール〜仕事効率化でくらし充実!(コミュニケーション編2)

ミーティングの調整を効率化する3つのコツ&使えるツール〜仕事効率化でくらし充実!(コミュニケーション編2)

仕事の効率を上げることで、趣味やリフレッシュ、家族との時間などを増やし、くらしを充実させましょう。今回は、打ち合わせやアポイントメントのスケジュール調整を効率的に進めるコツと便利なツールをご紹介します。
やつづか えり | 797 view

この記事のキーワード

この記事のライター

伊藤 尚 伊藤 尚