2017年2月3日 更新

今年もこの時期が!保育園に入りたいと祈る人・結果が出た人の声

認可保育園に入園できるのか否か、いてもたってもいられない方々の声が聞こえてきます。

289 view

「保育園落ちた日本死ね」から1年。今年の状況は?

そろそろ、この4月からの認可保育園の入園可否が決まる時期になりました(多くの自治体では1月後半から2月にかけて、申込者に入園可否の通知を郵送します)。

昨年は「保育園落ちた日本死ね」が流行語大賞に選ばれましたが、今年もあのように辛い思いをする人は多いのでしょうか?

「春から仕事に復帰したい!」と考えている方たちはどんな思いで結果を待っているのか、結果が出た人たちはどう受け止めているのか、Twitterの投稿に注目してみました。

保育園の結果が気になって、ソワソワ、モヤモヤ

thinkstock (8368)

春から復職という方もいらっしゃる中、保育園が決まるか決まらないかは一大事。

結果待ちの間、毎日落ち着かない、胸が張り裂けそうな思い、中には大学入試の結果発表よりも緊張するといった声も。1日に何度もポストをチェックしてしまう気持ちもよく分かります。

ここに結果を待つ皆さんの声を集めてみました。

一家の運命がかかっている、それほど保育園入園は大変なことなのです。
保育園、無事決まりますように!
毎日12キロ、自転車送迎されている方がいる現実。

近くの保育園に入れない方もたくさんいらっしゃいます。

それでも保育園に入れるだけマシという声もありますが、ぜひともお近くの園に転園が決まることを祈っています。
地域によって差はあるものの、倍率が高い話を聞くと不安が募ります。

競争率の高さに諦めモードの人もちらほら。

同じ境遇なのに入れる人と、入れない人、もはや運でしかない入園事情、どうにかしてほしいですね。
激戦も激戦、この数字を見るともう笑うしかないですね。

これは宝くじか?と思わせる運任せな事態に落胆の声も。
本当に心臓に悪い結果待ち期間。封筒の大小で結果が分かるなんて声もありました。

噂が真実ならば、願うは大きな封筒!

入園が決まってホッ

gettyimages (8382)

こちらは、既に保育園の可否通知を受け取られ、無事に入園が決まった人たちの声です。

無事に決まったものの、第1希望の園ではないところになってしまったという人や、次は復職後のことが心配という声も。

ひと安心、ほっとされる気持ちが正直なところ。

無事決まれば次は、親も子も入園までの心の準備ですね!
希望する園に入れてなによりです!

2次募集もあったということで、少しでも希望をかなえられる方が増えますように。
無事に入園が決まり、奥様の復職にほっとされる声も!

夫婦共働き世帯では、保育園問題は夫婦の問題でもあるのですね。
二箇所の送迎大変ですよね……。

きょうだいが別々の園に通う、という話もよく聞きます。
入園は決まったものの、第1希望でなかったという人も。

自治体によっては10園以上の希望園を申請できるところもありますが、どこに決まるかで入園後の生活リズムも違ってきますよね。

保育園落ちた!

gettyimages (8385)

保育園に落ちてしまったという人もたくさん。絶望、そんな言葉が痛いほど胸に刺さります保育の受け入れ枠を増やす取り組みはされているものの、待機児童ゼロには程遠い状況に、あらためて気付かされます。

認可保育園だけが子どもを預ける手段ではありませんし、既に手を打っている方々も多いのですが、無認可保育園でも利用しやすいとはいえない現状、なんとかしたいものです。

保育園に落ちた人はどうしたらいいの?

二次募集もなく、どうしようもない事態にさらされている人がたくさんいるのです。
認可保育園に入れないことを想定して、無認可の保育園を探す人もいるようですが、無認可も定員いっぱいとのこと。

地域によっては、保育の枠が根本的に足りていないことが分かります。
保育園探しは就活よりも難関なのかもしれません。
近くに保育園があるにも関わらず、自分の子どもは通えないという絶望感が伝わってきます。

こういうケースを見ると、まさに女性が輝く社会とは何だろうと疑問が湧きます。
同じような声が多数見受けられました。

せっかく仕事が決まったのに、保育園に入れないと途方にくれてしまいます。

保育園を増やすことにとどまらない、子育てしながら働ける工夫、しくみを!

皆さんの声から、保育園を希望している人の数に対してどう考えても枠が少ないことが分かります。実際、国は保育園の定員を大幅に増加させているものの、待機児童の数は、まだまだ多いのです(参照:保育所等関連状況取りまとめ(平成28年4月1日)及び「待機児童解消加速化プラン」集計結果を公表(厚生労働省) )。

もちろん、保育園が決まった人もいらっしゃいますが、認可、無認可含めて全部落ちてしまい、もう探すあてもないと絶望する声も多数ありました。

共働き世帯が増え、女性の活躍が期待される中、この状況には大きな矛盾を感じます。

子育て世帯、働く女性の味方になるような社会は、「保育園を増やす」だけでは実現しないのかもしれません。国や自治体はもちろん、企業も一緒になって、子育てしながら働きやすいしくみを、一刻も早く作っていってほしいと願います。

いつから? どうやって? 保活を有利にすすめるための基礎知識 - くらしと仕事

いつから? どうやって? 保活を有利にすすめるための基礎知識 - くらしと仕事
こちらの記事では、預かり保育のある幼稚園や、子連れで利用できるシェアオフィス・コワーキングスペースなど、保育園以外の選択肢もご紹介しています。

この記事を読んだ人におすすめ

【第2回】重すぎる1ポイント!?締切り直前の復職劇!〜ワーママ子育て狂想曲~

【第2回】重すぎる1ポイント!?締切り直前の復職劇!〜ワーママ子育て狂想曲~

二児の母であるREMIQUESTさん。今回は、上のお子さんの育休から復帰についての日記。
LAXIC | 313 view
女性の働き方関連ニュースまとめ:2017年6月上期版

女性の働き方関連ニュースまとめ:2017年6月上期版

2017年6月前半の女性の働き方に関連するニュースをまとめました。
宇野まきこ | 204 view
【第6回】冬の復職は心も凍る〜ワーママ子育て狂想曲~

【第6回】冬の復職は心も凍る〜ワーママ子育て狂想曲~

冬に職場復帰を果たした筆者の思い出とは
LAXIC | 140 view
育休復帰前に「これはやっておけばよかった!」~先輩ママのアドバイスとは

育休復帰前に「これはやっておけばよかった!」~先輩ママのアドバイスとは

育休復帰後、バタバタする前にやっておいたほうがいいこととは
LAXIC | 1,640 view

この記事のキーワード

この記事のライター

あん☆な あん☆な