【魅惑のJUICY ROOM#2】運動会に遠足でイベントもりもり……時短で簡単「映え映え」お弁当レシピ

魅惑のジェシーによる「ズボラ女子」を救う時短テクニックを紹介。連載コラム第二回目は時短料理!

ライター

JUICY
奈良県在住 小学4年生の娘を持つシングルマザー。プライベートでは友人のBARの手伝いや、実家の手伝いをしながら娘との時間も大切にしています。趣味は料理・読書・苔テラリウム。自分らしさを大切に一度きりの人生を謳歌しています♪

困った時のお花とハート

5月は子供たちの学校イベントが目白押しですよね。ジェシーの地区では遠足や林間学校がこの時期に催されます。最近では運動会を5月に開催する地区も多いみたいですね。そこで世の育児ママ・パパが頭を悩ますのが「お弁当」我が家の娘も小学校6年生になり、「どこの意識高いOLや!」とつっこみたくなるようなリクエスト。作る側の手間も考えず「インスタ映えするお弁当作ってー」との無茶ぶりに、不器用&面倒くさがりのジェシーは頭を悩ませたわけです……。

 

「映えるお弁当」と言われても、作ったことのない凝ったおかずは失敗するのが怖いし、そもそもそんな時間もない!

 

というわけで、普段作っているなじみのあるお弁当のおかずに一工夫してみました。

切り方変えるだけ!ハートの卵焼き

  1. いつも通りに卵焼きを焼いて、斜めにカット
  2. カットした片方を裏返してひっつけるとハート型に!

切れ込み入れるだけ!お花ウインナー

  1. 市販のウインナーを半分にカット
  2. カットした面に6~8面の切れ込みを入れる
  3. 普段通り焼くだけ

市販のカニカマを巻くだけ!お花巻き寿司

  1. ふりかけでゆかりご飯を作る
  2. 海苔の上にご飯をしきつめる
  3. co-opの風味かまぼこ 10本(80g)をご飯の上に5本並べる
  4. かまぼこの真ん中にきゅうりを乗せる
  5. 巻く!

※普通のカニカマでも大丈夫ですが、co-opの風味かまぼこ断面が丸いので、巻いた後に失敗せずきれいにお花型に見えるのでおススメ

 

 

出来上がりがこちら!

 

細々とした作業が苦手でも、簡単可愛いお弁当の出来上がりですね!

 

後は困った時のお花シリーズで、茹でたトウモロコシをカットしてそのまま入れるという荒業も経験済みです(笑)黄色いお花に見えるんですよこれが。あとは、オクラも切り口が星型なので、肉巻きとかにするとおいしくて可愛いですー!

 

ズボラ女子はあるものを工夫すると、ラクできるので、自然の恩恵と食品メーカーさんの努力の恩恵をどんどん活用しましょう(笑)

 

それでは次回のズボラ術もお楽しみに!

 

 

ーJUICY