2017年1月30日 更新

個人事業の開業届と青色申告ってどうやるの?副業イラストレーター桧原朝美さんの体験談【前編】

地方新聞社に勤務しながら個人でもお仕事をするイラストレーター・桧原朝美さんに、開業届と青色申告について聞きました。

6,709 view

会社から独立したり、会社員のまま副業を始めたり、個人で収入を得ようとしたときに気になるのが「開業届って必要なの?」、「青色申告、白色申告って何?」など。それらの簡単な解説と、地方新聞社に勤務しながら個人でもお仕事をするイラストレーター・桧原朝美さんの体験談をご紹介します。

 (8139)

イラストレーター・桧原朝美さん

 

「開業届」って何? 必ず出さないといけないの?

開業届とは、個人が新たに事業を開始したときに、まず税務署に提出する書類のことで、税務署に対して事業を開始したことを報告するものです。

開業届は正確には「個人事業の開業・廃業等届出書」といい、開業時のほか、廃業時、事業用の事務所・事業所を新設、増設、移転した場合などに提出します。
事業の開始から1か月以内に、納税地を所轄する税務署に提出します。

開業届を提出することにより、青色申告をすることが可能になるほか、屋号(お店の名前など)で銀行口座を開設したり、個人であってもきちんと正規の手続きにのっとって取引をしていることの証明になるなど、事業を営む上でのメリットがあります。

開業届を出さずに事業を営んでいるケースも少なくありません。「開業届を出すと税務署に収入があることがバレるので損をする」、などの意見もありますが、開業届を出していなくても、収入があれば税金を収めなければいけないのです。個人でのお仕事をどのくらい続けていく意思があるのか、青色申告のメリットを享受できそうか、などを勘案して開業届が必要かどうかを考えてみるとよいでしょう。

 

確定申告、そして青色申告・白色申告とは?

会社員であれ、個人でビジネスをしている場合であれ、収入を得たら税金を納める必要があります。日本では、1年間の自身の所得金額と納税額を自分で算出し、納税するという「申告納税制度」が採用されています。
会社勤めの方は会社の経理が代行して申告してくれていることが多いので、年末調整時にしか気にならないかもしれません。実はこの代行システム、先進国では珍しいもので、欧米人に言わせると「だから日本人は税金の使い道へのチェックが甘いのだ。」となるそうです。
個人事業主の場合は自分で申告する必要があります。そこで前年1年間の所得の確定金額と納税額を申告することを「確定申告」といい、毎年2月から3月に税務署に必要書類を提出する必要があります。

正しく申告するためには、1年間の収支を正確に帳簿に記録し、取引を証明する書類を保存する必要があります(よく「経費」として何かの支払いをしたときに領収証をもらうのは、このためです)。

「青色申告」「白色申告」というのは、個人が確定申告をする方式のことです。「青色申告」をするには事前の申請が必要ですが、帳簿の付け方によって10万円または65万円の所得控除のほか、節税につながるいくつかのメリットがあります。
(確定申告および、「青色申告」、「白色申告」の比較についてはこちらの記事で解説しています。→青色申告と白色申告の違い、そのために必要な開業届けとは?

 

会社員の桧原さん、お役所相手の副業を機に開業届を提出

新聞社に勤めながら個人でもイラストやデザインの仕事をしている桧原さんですが、個人事業主の開業届を出すことにしたのは、町役場からの依頼がきっかけだったそうです。そこまでの経緯を聞いてみました。

 

会社員、転職、パートタイム、様々な雇用形態を経験し、ダブルワークを開始

 (8148)

チャンスに出会い、印刷会社勤務から新たなステージへ

専門学校卒業後、地元の印刷会社に就職した桧原さん。20代後半にさしかかった時、「このままここに勤め続けていて、本当に自分は満足なんだろうか…」と感じるようになり、思い切って退職を決意。ひとりで独立するか、印刷やデザイン関係の会社に再就職するかを模索していたところ、先輩のデザイナーから「地方新聞社で経験者の製作スタッフを探している」と声をかけられました。何かが桧原さんの背中をポンと押した瞬間でした。桧原さんはその地方新聞社に再就職し、制作スタッフに加わることに。再び正社員として勤務する身となりました。

産休・育休第一号としてワーキングマザーの道を切り開く

地方新聞社に勤務を始めて間もなく結婚。妊娠・出産のため産休・育休を取得することに。その会社で産休・育休を取得するのは、なんと桧原さんが1人目! 前例がなく、経理も右往左往。結局、桧原さんの妊娠が会社の就業規則改正に繋がったそうです。
育児休暇は6ヶ月で、すぐに職場復帰を果たしました。しかしそれまでの働き方を自身で見直し、正社員としてではなく、パートタイムとしての復職でした。

ブログでの作品公開が副業につながった

桧原さんにはもともとイラストを描く才能があり、ブログを開設していくつかの作品を公開していました。
好きなお笑い芸人やアーティストの似顔絵を描いたりしているうちに、ウェディングのウェルカムボードの依頼が来たり、チラシの製作やロゴデザインの依頼が来たり。1件の依頼における謝礼は微々たるもの。しかし、件数が増えていけば、結果大きな金額になります。「これって趣味の範囲と思っていいのかな?」と迷っていたところに、大きなお仕事が舞い込んだのです。

町保健センターからの依頼を機に、個人事業主としての開業を決意

町保健センターから「町内の子育て関連施設を紹介するパンフレット作成を一任したい」という公の依頼がきました。
桧原さんのイラストレーター・編集者としての才能もさることながら、彼女がブログで地元密着型の情報発信を続けていたことが、担当者の目に留まったようです。

依頼を受けて制作した冊子

依頼を受けて制作した冊子

このお仕事が、桧原さんが起業する大きなターニングポイントとなりました。
町役場とのお仕事、つまり、法人とのお仕事には入札制度がつきものです。入札に参加するには、開業届を出すことが必須条件でした。規模は小さいものの、今後も継続して町役場とのお仕事が決まっていた桧原さんは、開業届を出す=起業することを決めました。

 

(次ページ:開業届け不要!?の混乱/税務署から案内のあった確定申告のセミナーの内容は?)

29 件

この記事を読んだ人におすすめ

青色申告と白色申告の違い、そのために必要な開業届けとは?

青色申告と白色申告の違い、そのために必要な開業届けとは?

個人で収入を得ているけど、「青色申告」って何?という方に、メリット・デメリットや、必要な手続きを解説します。
藤本 つばさ | 115 view
2016年の働き方関連ニュース振り返り。そして来年はどうなる?

2016年の働き方関連ニュース振り返り。そして来年はどうなる?

「女性活躍」や「働き方改革」関連のニュースが盛んに報じられた2016年。具体的にはどんな出来事があったのでしょう。私たちのくらしと仕事にまつわるニュースを5つのテーマに分けて振り返り、来年はどうなっていくのかを考えてみます。
やつづか えり | 469 view
開業1年目が終わった=初の確定申告に向けて

開業1年目が終わった=初の確定申告に向けて

ふるさと納税にも初挑戦してみました。
伊藤 尚 | 173 view
働き方改革が本格的に進んでいく2017年、ワーキングマザーを取り巻く環境はどう変わる?

働き方改革が本格的に進んでいく2017年、ワーキングマザーを取り巻く環境はどう変わる?

「自分の人生を自分で選ぶ。人生をゆたかにする。」という理念のもと、女性活躍推進のコンサルティングを行う株式会社bouquet 取締役の髙橋玲衣です。新年を迎えるにあたり、「同一労働同一賃金」と「残業削減」の動きがワーキングマザーに与える影響について考えてみます。
髙橋 玲衣 | 428 view
「働き方の未来2035」未来からのメッセージが伝える20年後のくらしと仕事

「働き方の未来2035」未来からのメッセージが伝える20年後のくらしと仕事

20年後、私たちがより幸せで豊かに働き、暮らしていくにはどうすればいいのか。未来からのメッセージにヒントが隠されていました。
nachaco | 1,523 view

この記事のキーワード

この記事のライター

藤本 つばさ 藤本 つばさ