社員の育休が当たり前の「やさしい風土」エムティーアイ潮見さんが語る取得体験

男性社員の育児休業取得について活発に意見が交わされ、取得しやすい環境づくりに向けての動きも出てきました。そういった社会の空気の一歩先を行く企業があります。女性の健康情報サービス「ルナルナ」や母子手帳アプリ「母子モ」を提供する株式会社エムティーアイでは、すでに複数の男性社員が育休を取得した実績があります。育休取得を経験した社員のひとり、潮見渚さんにお話を伺いました。

第2子誕生と長女の入園に合わせて3カ月にわたる育休を取得!

潮見さんはアプリの開発業務に携わっているそうですね。 どういうきっかけで育児休業を取得されたのですか?

普通は、子どもが生まれるタイミングで夫婦どちらかの祖父母からサポートを受ける家庭も多いのではないかと思います。今回、うちではそれが難しかったというのが理由のひとつにありました。

それから、長女がものすごく人見知りをする子なのですけど、ちょうど長女が幼稚園に入園するタイミングと出産時期が重なってしまったんです。出産後の妻ひとりでは、次女の世話で忙しく、長女のケアまで手が回らない可能性があったので、長女が新生活に慣れるまで育休を取得しようと思いました。

パートナーもお仕事をされているのですか??

妻は、第1子の時は働いていて育休を取りました。しかし、私たち夫婦は長女を保育園ではなく幼稚園に行かせてあげたいと思っていたこともあり、第2子を妊娠したタイミングで退職しました。

取得を決断されたのは、出産予定時期のどれぐらい前でした?

夫婦で「育休を取りたいね」と話していたのは出産の半年ぐらい前でしたね。正式に上司へ伝えたのは、結局予定日まで2カ月を切るぐらいの時期になってしまいました。ですが、上司やチームのメンバーの協力を得られ、 スムーズに取得することができました

ヘルスケアなどのサービスを提供されている御社であれば、育休取得は歓迎されているムードなのでしょうか?

そうですね。育休などに否定的な環境ではまったくないです。

私が取得する以前は、社内で育休を取っている男性社員の人数は少なかったようですが、「いいね!」 「がんばってきて」と温かい雰囲気でした

潮見さんが社内で取得第一号ではなかったのですね。男性社員の取得実績としては、初期段階ですか?

制度としては男女関係なく取得が可能になっています。ただ、社内の男性が育休として取得した実績というと、私でまだ3~4人目とそれほど多くはなかったようです。育休という形ではなく、パートナーの出産に合わせて1週間程度の有給を取って休むというケースがほとんどだったみたいです。

潮見さんは育休期間をどのぐらい取得されましたか?

当初は出産予定の2月から1カ月程度の休みを考えていました。ですが、実際のところ手が足りなくなるのは長女が幼稚園に入園してからだろう、そうすると大変になるのは3~4月だと思い、3カ月間取りました

3カ月間しっかりと育休を取られたなら、パートナーも心強かったでしょうね。育休中にはご夫婦でどんな風に役割分担されていましたか?

私は長女の世話をメインで行っていました。よく下の子が生まれると、上の子が寂しさを感じて赤ちゃんがえりしてしまうという話を聞きますよね。極力そうならないように、私が上の子に気を配っていました。食事のケアや遊び相手、お風呂に入れたり……。次女のケアはおむつ替えと、寝かしつけを、妻と半々ぐらいでしょうか。寝かしつけは半々とまではいかなかったかな。

お子さんたちのお世話に戸惑うことはありませんでしたか?育休以前も育児には参加されていたのですか?

そうですね、長女が生まれた時から育児には参加していたので、おむつ替えなども「やったことがなくて困る」ということはありませんでした

唯一苦労したところは、妻が入院している間、長女のために食事作りをしたこと。それまであまり料理はしていなかったので、手間取ってしまいました。それ以外は困ることも、妻から苦情が出ることもなかったです。

では、潮見さんも育児の即戦力になられて。ご夫婦で「育休を取って良かった」というご感想でしょうか?

私としては、よく話に聞くような「夫は育児で全然役に立たなかった」ということはなかったと思っています。実際どうだったのか、分からないですけど(笑)

取得後に家庭内で変化したことはありましたか?

これはちょっと妻にも聞いてみたんですけど、「1人目のときから大体育児に参加していたから、第2子出産で特に変わったことはないかな」って言われました(笑)

育休を自然体でサポートできる職場 チームの流れを止めないよう社内で調整

先ほど上司の方に育休の意思を伝えたのは2カ月前だったというお話でしたが、取得に備えて業務引継ぎはどのように準備されましたか?

最低限の引き継ぎはしましたが、特に「育休のために準備を」という大がかりな感じではなかったです

エンジニアとしての普段の業務は単独で、それともチームで進めていたのですか?

チーム体制で開発をしていましたが、私はウェブ側、別のメンバーはアプリ側というようにそれぞれの役割がはっきり分かれていたんです。そのため、育休中に誰か一人が私に代わって私の担当業務を行うというものではなく、チーム内のメンバーそれぞれが自分のできるところを作業してくれていました。

私が抜けた分の開発は進められないという形ではなく、抜けた分をチーム全体でカバーしながら進められる状態だったので、私が不在でも全体的な開発の流れにそれほど大きな影響はなかったようです

もちろんそれは、流れを止めないよう上の立場の人たちが調整してくれ、部署全体で自分が抜けた分をカバーしてもらった結果でもあると思うので、とても感謝しています

育休中は完全に業務から離れていたのでしょうか?ご自宅から何かリモートワークをされたこともありましたか?

もしも何かあれば連絡できるようにはしていました。期間中に「リモートワークで業務を」というほどのことは、した覚えがないですね。

育休に限らず、例えば社員の誰かが病気などで急に休むことになったとしても、普段の連携ができていると慌てずに済みますよね。引き継ぎにも、育休中の対応にも困らなかったというのは、御社で普段からコミュニケーションが取れているからでしょうか?

私が育休の時に所属していた部署は、そのような体制が構築できていたと思います。少人数のチームで、上司も同じチームにいる状態でしたから。

今回は潮見さんでしたが、誰か他の社員の方でも育休を取るとなった時に、部署全体で応援、リカバリする体制ができているということでしょうか?

本当にそうだと思います。私の後にも、もうすでに社内で取得した男性社員が2人います。2人ともたまたま知り合いで、「取るよ」という話を聞きました。

彼らの部署でもスムーズに育休取得できたとのことです。

男性社員の育休取得を左右するのは、制度ではなく「風土」だった

女性でも育休に際して、周囲に気を遣って言い出しにくいとか引き継ぎが難しいというような話も聞きます。御社の場合は取得がいたってスムーズだというのは、制度がカギになっているのでしょうか、それとも社内の雰囲気なのでしょうか?

制度自体は他社とあまり変わらないはずなので、会社の雰囲気とそれに加えて普段の体制じゃないかと思います。当社もIT企業なのでスピード感は早く、ひとりの人間がずっと同じプロジェクト、同じ業務をしているとは限りません。私が育休を取るにあたって特に引き継ぎに苦労がなかった様に、担当業務が可視化されていたり、お互いの仕事に垣根がなかったりという体制ができているのだと思います

不安に思うことはありませんでしたか?

育休を取れない可能性は考えていなかったので、大丈夫だろうとは思っていました。強いて言えば、「戻って来た時にちゃんと仕事があるかな」と復帰後について多少の不安はあったかもしれません。

実際に職場に復帰されて、育休の前後で変化はありましたか?

いえ、それが本当になかったんですよね。取る前から、出産直前の妻のサポートのために 定時より少し早く帰らせてもらったりしていたのですが、育休後もそういう対応をしてもらっていました。育休に限らず、 お互いに事情を配慮し合えるのが当社 の風土なんだと思います。

社外のご友人から育休取得について何か反応は?

育休を取ることをそこまで大ごとに捉えていなかったこともあり、そんなに自分から「取ったよ」と言ってはいないのですが、話した友達からは「すごいね!」と言われました。

取れるのであれば取りたいと思う方が多いのでしょうか?

取ればよかった、という気持ちがある人もいるのではないでしょうか。恐らく自分の家庭で子どもが誕生するとなった時に、「育休を取ろう」という発想が浮かばなかったのではないかと思います。

最近「男性の育休」が社会的なテーマのひとつになっている中で、実際に育休を経験された立場からどのように思われますか?

著名な男性が育休を取るというので話題になっていますけど、トータルで2週間程度とされており、期間としては短いと思うんです。例えば新生児は最初の2週間だと夜泣きなんかもまだ全然ない状態で、本当に辛い時期はまだ始まっていないことが多いんですよね。個人的な意見として、大変になってきたタイミングに夫がフォローできるよう、数カ月単位のまとまった休みを取ることが当たり前にできるような雰囲気になったらいいなと思います。

もしも今、育休を取りたいけれど迷っているような男性がいたとしたら、どのようなアドバイスをしますか?

近年は出生率も低下傾向にあり、必ずしも子どもを授かれるとも限りませんし、多くの人にとって 子どもが生まれるというのは人生で一度か二度しか経験できない大きな出来事なので、「取った方がいいですよ」と勧めたいです。会社によっては難しいのかもしれないですけど、絶対に取れないということはないと思いたいので。もし少しでも取ってみたいという気持ちがあるのであれば、男性も積極的に動いてみたら?と背中を押してあげたいです。

インタビュー対象者の潮見渚さん(中央)と株式会社エムティーアイ広報室の宮川莉理さん(左)嘉山智子さん(右)

まとめ

日々ニュースなどでは男性の育休取得に関して賛否両論が巻き起こっている中で、エムティーアイの潮見さんはいたって自然に「育休が当たり前に取れる会社だと思い、心配していなかった」と語ってくださいました。そして、要となるのは制度ではなく、普段の会社や職場のあり方「風土」だということ。業務がブラックボックス化していない、コミュニケーションが円滑にできている会社であれば、男性の育休普及も難なくクリアしていけそうに思いました。