出会いがないと悩むアラサー女子にコーチングの基本プロセス「GROWモデル」でアプローチ!

高橋サチが送る「わたし」らしい働きかた講座。「仕事」で磨かれたスキルを「くらし」にも活かす。ライフワークシナジーを体現するためのヒントをご紹介いたします。

ライター

高橋サチ
東京都在住。『わたし』らしい働き方カウンセラー。コーチングで誰もが持っている得意を発揮できる社会に貢献したい!に挑戦中。プライベートでは育ち盛り2男1女の母。

「GROWモデル」から考える あなたの本当の悩みとは?

N.Dさん(女性/30代前半/会社員)

仕事は楽しくやりがいも感じていますが、プライベートでは「お付き合いしたい!」と思える男性と出会うチャンスがありません。友人の結婚式に招待される回数も増えてきて、私もそろそろ結婚したいと思っています。どうしたら素敵な人と出会えてお付き合いできるでしょうか?

 

仕事で忙しくしているアラサー女性のなかには「彼氏はほしいけど出会いがない!」という悩みを抱えている人は意外と多いはず……。今回は、読者の方からいただいたそんなお悩みに、コーチングの「GROWモデル」における、4つのステップでアドバイスを送りたいと思います!

 

Goal:理想の未来を明確にしよう!

最初に、あなたの「出会いたい理由」についてもう一度考えてみましょう。「出会い」というのはあくまでスタート。あなたにとって「出会い」の最終ゴールは何でしょう?お付き合いすること?それとも結婚すること?または家庭を築いて子どもが欲しい?ストレスフルな毎日から解放されて癒されたい?あなたにとっての「出会い」のゴールを改めて考えてみましょう

 

Reality:現状を把握しよう!

ゴールが明確になったら、次は現状の把握です。「出会うこと」に対して何か行動していることはありますか?もしあるなら、その行動の結果はどんなものでしたか?

 

例えば、「婚活パーティーに参加したが、自分の求めている条件に合うひとがいなかった」「合コンに参加したが、素敵だなと思うひとは他の参加者に気がありそうなので諦めた」など、できるだけ具体的に行動と結果を振り返ってみましょう。

 

ここで、理想と現実のギャップを明確にします

 

Options:行動の選択肢を考えよう!

では次にそのギャップをどう埋めていったらよいかを考えます。目指すゴールに対して、あなたのアプローチ方法は適切でしたか?参加すべき出会いの場は適当でしたか?ゴール達成のために必要な行動とはいったいどんなことでしょう?行動と結果を分析して取るべき手段を検討してみましょう。

 

「なかなか手段が思い浮かばない」という方は、マーケティングの視点で考えるとよいかもしれません。

 

マーケティングの必須項目といえば、市場の分析です。市場とは、モノやサービスの売り手と買い手が集まって形づくられている場所、まさに「出会いの場」です。自分のゴールにあった市場(出会いの場)を見つけて、そこの傾向や現状を分析してみましょう。その際、参考になるのがマーケティングの3C分析。3Cというのは、顧客(Customer)、競争相手(Competitor)、自社(Company)の頭文字

 

顧客とは、例えるなら相手のこと。年齢や職業、趣味、特技、どのような人たちが集まる市場なのかを調査します。その市場はあなたのターゲットとする顧客の集まりといえるのか、検討してみましょう。次に、競争相手。これは周りにいる恋のライバルたちです。市場の参加者にも興味をもって観察し、動きにも目を配ります。どんな強みをもっているのか、どんな方法でアピールしているのか、戦略についても観察します。そして、自社は自分です。競争相手に負けない自分の強みは何か、反対に弱みは何か、自己分析して自分自身を理解します。

 

これら3Cの現状を分析すると、その市場でどのようなものが求められているのか理解することができます。すると、その市場において自分の価値をどのようにアピールしていくべきなのか、自分の取るべき手段が見えてきます。

 

Will:実行への意志を固めよう!

最後に、目標に向かって行動を実行に移す決意を固めます。行動の選択肢のなかから「すぐにできる」「これならやれそう」と思うものはどれですか?「いつ」「どこで」「どんなふうに」と具体的な行動に落とし込めたら、あとは実行するのみ!

 

もちろん、「GROWモデル」は日常生活やビジネスの世界でも大いに活用できます。成果を生み出すための戦略的なフレームワークで、自分自身の思考を着実に自分のゴールへと導いていきましょう