「バーチャル」でお仕事??ってどういうこと?

オンラインアシスタントの生田目史子の日記です。育児しながら仕事、仕事しながら育児を身をもって実験する日々を綴ります。

こんにちは。「HELP YOU」のオンラインアシスタントの生田目 史子です。

毎週木曜日はリフレッシュタイム♪子連れ参加OKのフラスクールに、息子が1歳の頃から通っています。週に1度でも体を動かすとすっきりしますね!レッスン中は、子供たちは思い思いに遊んでいます。時には16キロ超えの息子を抱っこしながらというハードな時も…。

ライター

生田目 史子
東京在住。30代の主婦です。2歳の男の子を育てながら在宅でオンラインアシスタントのお仕事に励む日々です。

「バーチャル」でお仕事??

クラウドワーキングで継続的なお仕事を探している中で出会った「バーチャル秘書業務」という案件。デザインやサイト構築など専門性の高い案件が並ぶなか、「バーチャル」という怪しげな(笑)キーワードはひときわ異彩を放っており、おもしろ半分で詳細を見てみることに。

「企業担当者の方が本業に集中出来るように、バーチャル(ウェブ)上でサポートをするお仕事」だそう。業務内容は、会食手配、出張手配、アポ調整、メール返信代行などのいわゆる秘書業務や、競合調査などのリサーチ業務など…ふむふむ。どうやら、ウェブを使ってやるからバーチャルということがわかります。

求める人物は…

  • 秘書業務や営業アシスタント業務を経験した方
  • カスタマーサポート業務を経験した方
  • 電話やメールによる問い合わせ等、正確で丁寧なコミュニケーションが得意な方
  • インターネットによるリサーチが得意な方
  • 一次レスポンスを早くできる方

などなど。

約3年という短い社会人生活ながら、カスタマーサポートや営業アシスタントを経験していたわたしは、瞬時に「これは…!私にも何かできるかも」と思い、応募してみることにしました。

実はイチバンの決め手は、「完全にバーチャルにてお仕事をして頂くため、ご自宅やカフェ、旅行先でもお仕事が可能です。」という言葉だったりしたのですが(笑)