【魅惑のジェシーROOM #16】結婚に迷うあなたに必要なのは『今』と『未来』の明確な判断基準!?

先週から引き続き、今回もジェシーの恋愛術!恋に迷える子羊をお助けする、今日のテーマは【結婚観】ちまたで噂の(?)恋愛マスタージェシーが独断と偏見でばっさり悩みを解決します♪

ライター

JUICY
ディープなアングラカルチャーをこよなく愛する奈良県在住のシングルマザー。自分らしく働くをモットーに、現在は株式会社ニットの派手髪社員として活躍中。プライベート・家事・仕事の三方向に全力投球!1日48時間欲しいが口癖。

好きな人と一緒にいる方法=結婚が全てではない

冒頭から結婚という概念大否定ですね(笑)ここで言いたいのは『結婚』って何なんだろうという話。結婚制度だけでも、宗教や国・文化・法律の違いの数だけ種類があります。

このコラムを読んでいる殆どの方は日本人かもしれませんが、趣味・嗜好・宗教やパートナーの文化・国籍でみなさんが思い描く『結婚』って人それぞれ全く違うものだと思います。

婚姻制度の他にも、好きな人と一緒にいる方法は沢山ありますよね。

事実婚(内縁関係・パートナー制度)や養子縁組、結婚しない、という選択肢も勿論あります。なので、ジェシーにとっては『結婚』はあくまで好きな人と一緒にいる一つの選択肢程度なんですよね。

 

判断基準は『未来』から『今』

 

じゃあ、何を基準に結婚をするの?選ぶの?という話。これは完全にジェシーの独断と偏見による基準ですが、”自分が死ぬとき、又は相手が死ぬときに、最後までずっとそばにいたいかどうか”かなと。天涯孤独の身の上でなければ、日本のお葬式や病院関連って『家族』が取り仕切るんですよね。すごく大切な人を自分の手で送り出せない、すごく大切な人に送り出してもらえない。なんなら死に目に会えないかもしれない。それが嫌だと思うなら法的に家族と認められる婚姻制度に準じるしかないのかなと。

これが『未来』の判断基準。

で、『今』の判断基準はもっと簡単で、相手の好きなところと嫌いなところを箇条書きして、好き>嫌いであれば結婚を選んでいいと思います。

かっこいいとかスタイルがいいとか年月とともに変わっていく好きの項目もあるので、定期的に見直して、嫌い>好きになったら離婚する。

単純明快でぶれない基準です(笑)

 

結局のところは法律で自分の存在を家族として保障されたいかどうかが判断基準になっちゃいます。

また、よく『愛』と『情』の違いってなんだ!という相談もよく聞くんだけど、好き>嫌いで一緒にいたい、会いたいと思えるなら『愛』。嫌い>好きで会いたいと思えず、惰性であっているなら『情』とこちらも割り切ってます。

 

最後は『タイミング』が物を言う

 

なんだかんだと語ったけれど、一番大事なのはタイミングかなと思ってます。これはジェシーの持論だけれど、上手くいくときや追い風が吹いているときって、ミラクルなタイミングの良さを発揮するんですよね。

逆に何かしらうまくいかない時は、ことごとくタイミングを外す。

基準が明確になってたら、あとはタイミングに身を任せればいいんじゃないでしょうか!

まとめ

今の時代、パートナーとの関係性は結婚が全てではないと思います。結婚にとらわれるのではなく、そのパートナーとどんな人生を一緒に歩みたいか。
そこを基準に一つの関係性の選択肢として、結婚を選べるといいですね!
ダメなら次にいけばいいし(笑)結婚する・しない。子供を作る・作らない。色んな人生があるし、それを選ぶのは自分自身です。
一度きりの人生、悔いのないように生きたいですね!
次回も引き続きジェシー流恋愛術!それではお楽しみに♪