• このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの身支度で時間がかかるワースト3に必ず入るであろう歯磨き。
歯磨きを嫌がる子は多いと思いますが、特に朝のバタバタな時間、子どもの歯磨きにずっと付き合ってる余裕などないのが正直なところ。
できればイヤイヤせずに、歯磨きしてくれたら嬉しいですよね。

子どもの気分を上げながら楽しく歯磨きを乗り切るコツをお教えしたいと思います。

「歯磨きしなさい!」だけでは、嫌になるばかり

iStock.com/TAGSTOCK1

イヤイヤ歯磨き、さらに子どもが嫌になる声かけをしていませんか?
その声かけを変えてみるだけで、歯磨きを始めるまでの時間が短くなるかもしれません。

嫌なことは大人も一緒に取り組んでみることが大事。
しっかり一人で磨けるまでは根気よく付き合ってあげたいですね。
ただ、慌ただしい朝は、なかなかゆっくり付き添うのは難しい。怒鳴る前にぜひ試して欲しい方法をご紹介します。

 

大人も一緒に歯磨き! 交代でお互いの歯磨きを手伝おう

歯磨きに苦戦されている方は、「歯磨きしなさい!」となんども言うだけになっていませんか?

歯磨きが好きな子はあまりいないもの。嫌なことを命令口調で言ったところで素直に聞いてくれるでしょうか?
難しいですよね。

そこで、ぜひ子どもと一緒に大人も歯磨きしてみてください。

そして「上手く磨けないから磨いて欲しいな!」と子どもに手伝ってサインを出します。すると子どもは喜んで磨いてくれますよ。

次は交代して、「磨けてないところ手伝おうか?」と声かけをしてみてください。開けなかった口を大きく開けてくれるようになります。

朝に余裕がないかもしれませんが、一度試してみるとこちらのほうが案外時間がかからず、スムーズに磨けるかもしれませんよ。

 

歯磨きは楽しいことを伝える

iStock.com/weareadventurers

子どもは、はっきりしています。楽しいことは好き、楽しくないことは嫌いです。
では、歯磨きは楽しくない、嫌だと感じている子に、歯磨きは楽しいと思わせるにはどうしたらよいでしょう?

歯磨きを楽しくするために我が家で実践していることを、ご紹介します。どれも簡単ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

歯磨きの歌や動画は大いに活用

YouTubeなどで多く出ている歯磨きソングや動画はぜひ活用してみてください。

とても分かりやすく、楽しく歯磨きできるような内容のものが多いです。
特に、「歯磨きしないと虫歯になるよ!」というのは、言葉で言っても子どもにはイメージしづらいこと。動画の方が伝わりやすいのです。歯磨きをすることの意味がわかれば、やる気もアップします。

東京ハイジの「はみがきのうた」、アンパンマンの歯磨き動画、しまじろうの「はみがき戦隊みがくんジャー」などが人気のようですよ。

子どもが動画に見入っているその隙に磨いてしまうのもいいですね。

日本で一番(世界で三番?)再生されている歯磨きソングです。4500万再生突破! 2016/9/2 NHK「ひるまえほっと」で紹介されました! この歌が流れると、はみがきタイムの始まりです。最後のシーンの「いいこいいこしてちょうだい」が楽しみで、子どもたちは頑張ります。各地の小学校や保育園のはみがき週間でも流れてい...

歯みがきアニメ。しまじろうと一緒にミュータンスをやっつけよう。 歯みがき情報 118kids(いいは キッズ)_ベネッセ子育てインフォ http://www.shimajiro.co.jp/kosodate/118kids/

 

好きなキャラクターのぬいぐるみを用意

アンパンマンやしまじろう、ワンワン、ウーたんなど、小さなお子様が好きなキャラクターのぬいぐるみと一緒に歯磨きをしてみるのも効果的です。

磨き合いをしたり、ぬいぐるみを使って歯磨きを促してみると素直に聞いてくれたりします。

ぬいぐるみに歯ブラシを持たせておいて、ぬいぐるみから子どもへ歯ブラシを渡してあげると子どもは喜びますよ。

 

歯磨きグッズは興味を惹くものを複数用意

thinkstock (8049)

iStock.com/travnikovstudio

最近では子ども用の可愛い歯ブラシがたくさん出ていますね。また歯磨き粉なんかも数種類出ています。

親が選んで買っているかもしれませんが、これを子どもと一緒に買いに行って選ばせてあげるといいです。

歯ブラシは、少なくとも二本ぐらい子どもの好みのものを用意しておいてください。歯磨き粉も二種類ぐらい用意して、「今日はどの歯ブラシで磨こうか?」「歯磨き粉はどっちがいいかな?」と、子どもが自分で選択できるようにすると、子どもも自分で磨こうという気持ちになるようです。

歯ブラシに好きなシールを貼ってみたり、オリジナルの歯ブラシを子どもと作成するのも楽しいですね。

 

上手に出来たらご褒美作戦

歯磨きが上手くできたら、ご褒美シールを用意しておいて子どもが貼るようにしておいたり、表なんかを簡単に作っておいて、色を塗ったりと、ちょっとしたご褒美があるとより楽しくなります。

シールがたまったら、メダルにしてみる、など工夫次第で子どもも大喜び間違いなし!

 

歯磨きが楽しくなったら朝の支度もバッチリ

iStock.com/PRImageFactory

ワーキングマザーの朝は大忙しです。歯磨きにグズグズされてしまった時にはイライラ爆発、「早くしないと遅れるよ!」と怒ってしまいがちです。

その気持ちよくわかります。それが毎日のことなら疲れてしまいますね。きっと子どもも、毎日の朝の歯磨きにうんざりと同じ気持ちかもしれません。

少しでも朝が快適に、スムーズに支度ができるようにできることから実践してみてください。

手がかかるのも今だけ!いつの間にか子どもが成長し楽になる日が来ますよ。

朝のバタバタを解消するコツは、こちらもどうぞ!