• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!「HELP YOU」でオンラインアシスタントをしているmikoです。早いもので、子どもたちの夏休みも半分ちかくが過ぎました。ここ数日は、暑さが和らいだ日が続き、エアコンをつけずに過ごすことができましたが、まだまだ暑い日が予想される夏休み。

今回は、自宅で仕事をしているオンラインアシスタントの経費としても気になる、夏のエアコンについてお話したいと思います。

夏休み中のエアコン

在宅ワークは自宅で仕事ができるので、暑い夏でも通勤することなく仕事ができる一方で、自宅のエアコン代が掛かってきます。子どもたちが夏休みに入る前までは、風が通るようにリビングの窓を2方向開け、扇風機をつけるだけで、意外と快適に仕事をすることができていました。

しかし、子どもが夏休みに入り、同じリビングに2人が一緒にいるようになっただけで、室内の温度がグッとあがり、窓と扇風機だけでは暑さに対応できなくなってしまい、午前中からエアコンをつけている状態です。

最初は、エアコンを1日中つけっぱなしにしていると電気代のことが心配になり、部屋が涼しくなってきた時に消したりしていたのですが、ネットなどを見ていたら、エアコンはつけたり消したりせずに、1日中つけっぱなしにしていることが、一番節電になることを知りました。

フル稼働のエアコン

まだ、この夏にエアコンを本格的に使い始めてからの電気代の請求がきていないので、どの程度の節約につながっているのか分からないのですが、冬にもエアコンを使用することになるので、今後も節電対策について情報収集をしておきたいと思います。

炎天下の中でも子どもたちは元気です。

夏休み中は、どうしても室内で過ごす時間が長くなりがちですが、炎天下の中、子どもたちそれぞれテニスとサッカーを頑張っています。

長男は7月に2泊3日のテニス合宿へ参加してきました。今回の日程は曇りの日が多かったものの、それでも屋外にあるテニスコートはとても暑かったそうです。帰宅時は、一段と黒くなって帰ってきました。

次男は、夏休み中も週3回のサッカーの練習があり、30℃を超える日が多い中、2時間以上の練習に励んでいます。7月末には神奈川近郊の20チームが集まる試合にも参加してきました。

試合の日はあいにくの雨で、土のコートには試合前から水たまりができている状態。そんな中でも試合は行われ、案の定、選手たちは全身泥だらけでサッカーをしていました。

雨の中のサッカーの試合

暑い夏の日でも外で適度な水分補給しながら体を動かして、汗をかきやすい体質にしていくと熱中症になりにくくなるとのことなので、子どもたちも熱中症に負けない体つくりをしていってくれるといいなと思います。

mikoのオンラインアシスタント日記 一覧