私たちは戦力外ですか!?

ライター

藤本 つばさ
日々成長していく怪獣君と仕事を頑張る旦那様、そして先輩ポメラニアンとのんびり楽しい日々を過ごしております。諸々資格取得を目指して奮闘中です。

企業でのお勤めと在宅ワークの2つの仕事をしている新米ママ 藤本です。産休に入る間際、休みがちだったときの思い出です。

 

復職の報告のため職場を訪れた3月某日。人事の季節ということで、部署で移動になる方がいないか、上司に尋ねたところ、Aさんが2月末で退職していたことを知らされました。

Aさんは20代後半の男性で、月に2日くらい出社し、1日当たり4時間ほど勤務して退社する方でした。知的障害・精神障害を抱える方でした。

 

出社したときは人一倍働く方で、重いものも率先して持ってくれたし、先読みして気遣いができる、優しいところもありました。お天気が不安定な時や季節の変わり目は体調を崩しやすいようで、なかなか定期的に出社することが難しかったようです。私より先に職場にいた、年下の先輩でした。

 

50人以上従業員を抱える民間企業では、2%以上、障害者を雇用することが義務付けられています。あなたの会社にも、1人、2人、障害者の方が雇用されているかもしれません。一見、ハンデがあるように見えない方もいるので、改めて言われないと気付かないかもしれませんね。裏を返せば、気付かないくらい、社会に溶け込んで働いているということです。

必要以上に丁寧に扱われれば悲しくなります。仕事ができなくて当然という反応をされれば傷つきます。センシティブすぎてちょっと面倒、と思われるかもしれませんが、つわりがひどく休みがちだった時期の私も、こんな気持ちだったことを思い出します。思うように体が動かせない。妊娠・出産を経験した女性なら、一度は感じたことがある辛さですね。知っていれば、その状況にある人にどう接したらいいか、何となくわかります。

 

そんな優しい人が、職場に会社にたくさんいたらいいな。と、障害者手帳を持つ私は、思うのです。

WWorkママ藤本のあるある日記 一覧