• このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/liza5450

洗濯物は洗濯機にかけて干してたたんで、アイロンを掛けて収納するというたくさんのステップがあるから大変ですよね。

日中留守にしがちな共働きのご家庭だと余計に悩みは多いもの。「晴れた日はお外に干したいけど、急な雨や防犯面で心配、日が沈んでから洗濯物を取り込むと湿っている…」。これらの理由で、外に干すのは休日のみという方も多いですよね。

私もそのひとり。夜に洗濯する・部屋干しする・洗濯機にかける…等色々試してきましたが、8年程共働き生活をしてきて辿り着いた方法をお伝えします。ご家庭によって生活時間や住宅事情など様々だと思いますが参考して頂けることがあればお試し下さい!

部屋干しを効率よくする方法

iStock.com/maroke

我が家では夫婦とも仕事の日は部屋干しすることが多いです。

部屋干しというと、嫌な匂いがするというのが最大の難点。生乾きのあの匂い…。どうにかならないものかと今までに色々調べました。

嫌な匂いは洗濯物に含まれる雑菌が増殖することで発生するそうです。それを防ぐために、部屋干し用の洗剤を使うことはもちろんですが、乾くまでの時間を短くすることが大切だそう。ポイントはできるだけ狭い空間で、除湿機やエアコンの除湿機能を使い、風を当ててあげること。除湿機+サーキュレーターのダブル使いがお勧めです!  サーキュレーターがなければ扇風機でも大丈夫ですよ。

我が家では夜入浴した後に洗濯機をかけ、除湿機+扇風機を併用して部屋干ししています。タイマーをかけて放置しますが、朝には嫌な匂いもせずカラッと乾いています。最近はナノイオンやプラズマクラスター等細菌の増殖を抑える機能つきの除湿機や扇風機もついているものも多く出回っているので、そういったものを使うとより効果的ですね。

乾燥機を賢く使う方法

iStock.com/TAGSTOCK1

仕事や家事育児に追われていると、疲れきって夜に洗濯物を干すのが億劫…という日もありますよね。そんな日は私は割りきって乾燥機を活用しています。毎日除湿機等を使って部屋干ししていると、どうしても洗濯物がゴワゴワになりがちなので、タオルなどのふっくら感を復活させるためにもたまには乾燥機を使うのがお勧めです! 

乾燥機というと、どうしても気になるのが電気代…。我が家はオール電化住宅で23時~7時は深夜電力で昼間の1/3程のお得な電気料金が使えています。電気料金がお得な時間帯に洗濯乾燥が完了できるようにタイマーをセットしておけば、電気代もそれほど気にはなりません。

ちなみに我が家では食洗機も夜間に動くようにセット。家族が寝ている間に、便利な家電製品が私の代わりに家事してくれています!この4月からスタートした電力自由化で、オール電化世帯以外のお宅でも深夜電力が安くなるプランもあるようですので一度調べてみてもいいかもしれませんね。

洗濯物の動線を考える!

iStock.com/kazoka30
以前住んでいた家は洗濯物の動線がすごく悪く、重い洗濯物カゴを持って移動するなど無駄な動きが多くて困っていました。数年前に家を新築し、家事をしやすく工夫したところ、今まで嫌いだった洗濯が好きな家事に変わりました。その秘訣は以下の通り。

・洗濯する場所と干す場所、そして衣類を収納する場所をなるべくコンパクトにまとめる!

・ハンガーや洗剤、アイロン台やアイロン等、洗濯物に関わるグッズをまとめて収納できる場所を作る!

・Yシャツ等アイロンがけした物はハンガーにかけたまま収納。たたむステップを省略して時間と労力をカット!

我が家では脱衣場の横にランドリースペースを作りました。洗濯も部屋干しもアイロンがけも、この部屋で完結できるのでとっても便利。工夫次第で家事ってこんなにも楽になるんだなと実感しています。レイアウトを見直すだけで使い勝手が変わる場合も多いと思います。色々な部屋干し便利グッズも出ていますのでそういったものを使いながらなるべく楽に楽しく家事をこなしたいですね。

最後に…

いかがでしたか?仕事や家事育児で忙しい毎日の中で、私は「仕事の日は家事は5~6割できたらOK」と割りきっています。何事も完璧にしようとすれば長続きはしないもの。臨機応変に機械に頼ったり、ご主人やお子さんに手伝ってもらったり、手抜きをしてもバチは当たりません!心に余裕を持って毎日を送りたいものですね。
キャリアもライフもあきらめない働き方
経験やスキルを活かして
キャリアアップしていきたいけれど、
今の働き方をずっと続けられる?
そんな不安があるなら、
フリーランスとしてキャリアを活かす、
新しい働き方にチャレンジしてみませんか?
ワーカー募集中。詳しくはこちら

この記事のライター

この記事のタグ