お子さんも一緒に参加!|HELP YOU 第2回 お茶会レポート

なかなか普段は会えないオンラインアシスタントたち。何故なら、皆さん普段は子育てしながら短時間勤務していたり、リモートワークで完全在宅勤務していたりするからです。今回は、そんな在宅ワーカーが実際に顔を合わせる機会となっているお茶会のレポートをします。

はじめまして、HELP YOUでオンラインアシスタントをしているSです。第1回のお茶会から2週間後の2月4日。東京で第2回目のお茶会を開催しました。当初、お茶会参加メンバーは開催人数ギリギリの3名…「まあ、少人数でまったりとお話するのもいいよね!」と思っていましたが、念のために再度募集してみたところ、あれよあれよという間に参加希望者が増加!最終的にオンラインアシスタント7名+お子さん1名になりました。半分ワクワク、半分ドキドキで当日の会場に向かいました。

ライター

くらしと仕事 編集部
こちらの記事は「くらしと仕事 編集部」によって執筆・編集を行っております。記事の内容について修正・加筆を希望されるかたはお問い合わせよりご連絡ください。

挨拶時に受け取ったものは…

集合時間の14時半ぴったりに会場に行くと、すでに全員集合。ほぼ全員が初顔合わせというメンバーだったけど、名前を聞くだけで「ああ、〇〇さん!お名前はよくチャットワークで拝見してます!」「お仕事でいつもお世話になっています」という会話になり、少しずつ緊張もとけていきました。挨拶しながら受け取った名刺に目をやると、昨年リアルオフ会の参加賞「HELP YOU名刺」ではありませんか!前回ゲットし損ねた私。今年のリアルオフ会で手に入れることを密かに誓いました。

 

オンラインアシスタント、あるある話で盛り上がる!

やはり、一番盛り上がるのは、仕事の話。「仕事に波があるんだけど…」「どんな風に仕事時間を作ってる?」といった普段気になっている質問をしては、「そんな感じで対応しているんだー」「それは考えたことがなかった!」とリアクション。「こう思っているの、私だけじゃなかったんだ!」と分かるだけでも、心が軽くなります。今回はデザインチームの方が3名いらっしゃったので、普段まったく接点のないお仕事内容や、デザインチームならではのお悩みに興味津々。

 

中でも男性オンラインアシスタントのKさん。参加時は「女子会のような中に、私が参加してもいいのでしょうか?」と少々遠慮がちでしたが、お茶会当日「在宅ワークの募集は、女性向け媒体に多いんですよね」のひとことに参加者一同はっとさせられました。確かに現在は女性オンラインアシスタントが多いですが、将来的に男性オンラインアシスタントを募集する際は色々と工夫すべきところがありそうですね。

 

あっという間のお茶会時間終了!

今回参加した参加メンバーは、それぞれ帰宅すれば、またいつものようにオンラインアシスタントとしてお仕事をこなす日々。ですが、チャットワークでお茶会参加メンバーの名前を拝見するたびに「〇〇さん、がんばっているなー」「△△さんのお仕事、こんな風に完成したんだ!すごいな」と励まされています。

 

お店の方に「すみません、そろそろ…」と促され、時計をみたらすでに2時間半が経過!時間ギリギリまで会話が途切れることはありませんでした。リアルでお会いすることで親近感が増し、よい刺激をいただける時間だったと思います。

 

最後に記念撮影をして解散。本当に楽しい、充実した時間でした。

 

次回は、キッズスペース付きお茶会で、子どもたちが自由に遊べる中でのお茶会も開催してみたいです。