• このエントリーをはてなブックマークに追加

シチズンのアンケート調査によると、子どもを持つ働く女性が「子育てと仕事を両立させるために『削らざるをえない時間』のトップ3は、「睡眠時間」「子どもとのふれあい時間」「身じたくの時間」でした。
働くママなら痛いほどよくわかるのではないでしょうか。

今回はこれら3つの「時間」を、短時間でも効率的に行ったり、充実させるための方法をご紹介します。

様々な生活時間において、子育てと仕事を両立するために、「削らざるをえない時間」は

出典 『ワーキングマザーの生活時間』 - シチズン意識調査

睡眠時間

香りで質の良い睡眠を確保しよう

iStock.com/PetarPaunchev

短時間でも質の良い眠りを確保するには、香りがおすすめです。
ラベンダーやシダーウッドの香りは、科学的にも睡眠の質を高める効果が認められています。

アロマディフューザーなど専用の道具がなくても、アロマオイルをひとつ用意すれば大丈夫。
枕元にオイルを含ませたティッシュをおいたり、入浴時に浴槽に数滴たらすだけでも効果があります。

オイル1本でぐっすり眠れるのなら、試さない手はないですよね。

ブルーライトと上手に付き合おう

スマートフォンなどの画面が発生させるブルーライトが睡眠の妨げになると聞いたことがある方も多いでしょう。厚生労働省も、青白い光や白っぽい光は覚醒作用が強く、寝床に入ってから携帯電話、メールやゲームなどに熱中することには注意が必要だと呼びかけています(「健康づくりのための睡眠指針2014」)。

睡眠の2時間前からはそういった電子機器を見ない方がよいとされていますが、ママに限らず現代社会を生きる私たちには、なかなか難しいことではないでしょうか。

「寝る前10分間だけスマホタイム」「寝床にはスマホを持ち込まない」などのルールを決めたり、ブルーライトをカットするメガネを活用するなど、ブルーライトの影響を最小限にとどめる工夫をしましょう。

子どもとのふれあい時間

日常生活に遊びを取り入れよう

iStock.com/DragonImages

子どもとのふれあいは、実は忙しい日常の中でも増やすチャンスがたくさんあるんですよ。

例えば、帰宅後の手洗いうがい。
単純に、「手洗いするから洗面所に行くよ」だけでは味気なく、子どももなかなか動いてくれませんよね。
でも、「電車で洗面所に行くよ、乗せてくださーい」と、遊びを取り入れて提案するだけで、一緒に楽しみながらスムーズに済ませることができます。

日常のなにげないシーンにも遊びを取り入れ、ふれあいの時間を増やしてみましょう。

家事を一緒にやってみよう

「家事は子どもと一緒だと邪魔されて進まない!」と思うかもしれませんが、工夫すれば意外とできるものです。

洗濯物をたたむ時はたたみやすいタオル類などを子どもに与えたり、料理中は玉ねぎの皮むき、できあがったらカトラリーのセッティングをお願いするなど、小さいお子さんでもできる家事は案外存在します。

この方法は、子どもが夢中になっている間に自分も家事に集中できるうえ、子どものお手伝いする習慣も身につけられるのが嬉しいところ。

時間は多少かかりますが、こうして積み重ねられるささやかな日常が、なによりの大切な思い出になるのではないでしょうか。

 

身じたくの時間

コーディネートをパターン化してみよう

iStock.com/KhongkitWiriyachan

着る服を選ぶのに時間をかけないためには、コーディネートをパターン化するのがおすすめです。

トップスはお気に入りのデザインのシャツを複数枚用意しておき、あとはベーシックな色のカーディガンやボトムスを2~3着用意しておけば、どの組み合わせでもたいていきれいにまとまり、服を選ぶのに悩みません。
きちんとしたい日用にジャケットも一枚あれば完璧です!
ボトムスを流行のデザインのものにしておけば、パターン化されていても野暮ったくみえる心配もありません。

「ながら美容」を取り入れよう

入浴後は子どもにパジャマを着せながらパック、料理はつま先立ち運動をしながら行うなど、「ながら美容」を上手に取り入れてお肌や身体のメンテナンスをしてみましょう。

たとえ何かをし「ながら」でも、自分に手をかけ、変化が得られることは自信にもつながります。

時短コスメを活用しよう

オールインワンジェルやBBクリーム、クッションファンデなど、最近ではメイクを時短できるさまざまなコスメが売られています。

そのようなコスメを上手に活用すれば、忙しくてもサッと身じたくができて安心です。

あなたのお肌に合う時短コスメを、ぜひ探してみてくださいね。

iStock.com/miyapon

働くママは常に時間に追われていて、ひとつのことに十分な時間をかけることがなかなかできません。

けれど、それを短時間でも効果的にできるよう工夫することで、時間の余裕もでき、気持ちも明るく前向きになっていきますよ!