「夫婦で過ごす時間」がポイント? 夫婦の意識調査結果から見えてきた仲が良い夫婦の秘密とは?

「あなたの夫婦は仲がいいと思いますか?それとも良くないと思いますか?」こう聞かれると思わず考え込んでしまう人も多いかと思います。11月22日は「いい夫婦の日」。これを機に、株式会社 キッズラインでは「夫婦の意識調査」を実施。ある企業で子育て中の仲の良い夫婦とそうでない夫婦にどんな差があるのかを調査しました。この調査結果を元に、両者の違いから、仲の良い夫婦の秘密を探りました。

仲が良い夫婦はコミュニケーションを大切にしている

 

【調査概要】

  • ・調査機関:キッズライン
  • ・調査期間:2018年10月26日~10月29日
  • ・調査対象:子育て中の女性150名、男性4名
  • ・就労状況 共働き世帯:75.3%、片親のみ就労世帯:16.9%
  • ・調査方法:インターネット調査

この調査では、「ご自身の夫婦は仲が良いと思いますか?」という質問に「仲が良い」「まあまあ仲が良い」と回答した夫婦と、「あまり仲が良くない」「良くない」と回答した夫婦に、それぞれ同じ質問をし、その結果を比較してみました。

参考:夫婦の意識調査

 

まずは、普段の夫婦関係に関する調査です。

 

「仲が良い」と回答した夫婦の場合は、「ベッドが同じ」が37.0%、「スキンシップを大切にしている」が48.8%、「定期的に出かける」が32.3%となっており、仲が良い夫婦ほど普段から二人で過ごす時間を大切にしていることがわかります。

 

逆に「仲が良くない」と回答した夫婦に限って見ると、「ベッドが同じ」(2.0%)、「スキンシップを大切にしている」(1.0%)、「定期的に出かける」(1.0%)と回答した人が圧倒的に少なく、夫婦で過ごす時間が極端に少なくなっているのがわかります。仲のいい夫婦は、普段から夫婦の時間を持ったり、スキンシップを図ったりしているのです。

 

また、「ありがとう、ごめんをきちんと伝える」という項目に関しても、仲が良いと回答した夫婦は75.6%、仲が良くないと回答した夫婦は37.0%にとどまり、普段から会話やコミュニケーションが十分にとれているかにより、夫婦仲に差が出ているようです。

 

仲が良い夫婦は夫婦喧嘩の頻度が少ない

次に夫婦の喧嘩の頻度を見てみましょう。

 


仲が良くないと回答した夫婦は、喧嘩を「週に数回」・「月に数回」と回答した人がそれぞれ33.3%となっています。これは両者を合わせると、仲が良くないと回答した夫婦の6割以上が、数日に一度のペースで夫婦喧嘩をしている計算になります。

 

それに比べ、仲が良い夫婦の喧嘩の頻度は「月に数回」という回答が26.0%で一番多くなっていますが、「今まで数えられる程度しかしたことない」という回答も22.0%で、喧嘩の頻度も大きく異なることがわかりました。

 

喧嘩の原因については、どちらも1位が「お互いの価値観の違い」、2位が「家事の役割分担」となっています。裏を返せば、「お互いの価値観が合っている」「家事の役割分担ができている」といった夫婦は、喧嘩の頻度が少ないといえそうです。

 

仲の良い夫婦は喧嘩をしてもしっかり謝って仲直り

それでは、夫婦喧嘩をしてしまったあとはどのように対処しているのでしょうか。

 


仲が良い夫婦では「どちらかが口頭で謝る」という回答が多くなっています。前述の調査の回答でも、仲が良い夫婦では、「ありがとう、ごめんをきちんと伝える」が75.6%となっており、普段からコミュニケーションをとれているために、喧嘩をしてもお互い謝ったり話し合いをしたりしやすい環境にあるようです。

 

一方、仲が良くない夫婦では、「しばらく経った後何事もなかったように話す」が1位で、「どちらかが口頭で謝る」14.8%にとどまります。問題を解決せずあやふやなままにしてしまい、お互いに不満が溜まってしまうことが夫婦の不仲の原因とも言えそうです。

 

仲の良い夫婦はお互いの「一人時間」も大切にしている


仲が良い夫婦は「自分だけの時間を持てている」と感じる人が73.2%。一方で、仲が良くない夫婦では「自分だけの時間を持てている」と感じる人は48.1%と、大きな開きがあることがわかりました。

 

夫婦二人の時間だけでなく、自分一人で使える自由な時間があり、趣味やリフレッシュの時間が持てることが、夫婦関係の満足度に影響を及ぼしているといえそうです。

 

夫婦仲が良い夫婦は、二人だけの時間を十分持てている

仲が良い夫婦は良くない夫婦に比べて、夫婦だけで過ごす時間を大切にしていることも明らかになりました。

 

「夫婦だけの時間を持てていますか?」という質問に対して、仲が良い夫婦は「はい」と回答した人が44.1%。一方、仲が良くない夫婦は「夫婦だけの時間を持てていない」がなんと100%という驚くべき回答でした。

 

前述の調査でも、仲が良い夫婦では、定期的に夫婦で出かける」は32.3%となっていますが、仲が良くない夫婦ではわずか3.7%にとどまっているなど、仲が良い夫婦ほど普段から二人で過ごす時間を大切にしていることがわかります。

 

夫婦生活を円満に過ごすためには、ときには子どもを介さずに夫婦二人だけの時間を持てているかも重要なポイントとなりそうです。

 

今回の調査結果では、夫婦仲の善し悪しで普段の過ごし方や喧嘩の対処法などが大きく異なることがわかりました。しかし、仕事に子育てにと日々に追われていると、なかなかお互いのことを考える時間が無くなってしまうのも事実です。

 

いい夫婦の日は、日にちのゴロ合わせだけではなく、コミュニケーションが苦手だといわれる日本人の夫婦が、お互いに感謝の気持ちをかたちにするきっかけを作ることを目指して作られた日です。これを機に夫婦の生活やパートナーとの関係について、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。