• このエントリーをはてなブックマークに追加

(この記事は「LAXIC」より転載、編集しています。)

第6回 「冬の復職は心も凍る」ワーママ子育て狂想曲~ドタバタ振り返りDiary~

復職してから、いつ子どもが熱出して会社を休むことになってもいいように、パソコンは常に持ち帰っていました。できるだけ一度家に帰って荷物を置いてからお迎えに行っていましたが、仕事が終わらないときは直接お迎え。金曜日はお昼寝のバスタオルやら上履きやらの大量の荷物が重なり大変です。雨が降った日にはさらに悲惨で、両肩に会社の荷物と保育園の荷物、お腹に抱っこ紐で10キロの子ども…… パイ星人だった長男は園から家まで「パイが欲しい」と泣き喚き、激しくイナバウアー。片手は傘で埋まっているから、もう片方の手で一生懸命子どもを抑えているうちに、肩からバッグはズリ落ち、マフラーは雨ザーザーの地を這い、涙か雨だかわからない水滴が顔を流れていく…… もはやドラマのワンシーンじゃないかと、自分の悲劇に酔いしれるしかない冬の帰り日なのでした。

冬の復職って、真っ暗だし寒いしでドンヨリ指数が倍増! これが夏だったら、明るさで気分も変わったのかしら?

REMIQUESTの振り返りコメント

2度目の復職も冬だった私は、夏の復職の気持ちは分からずじまい。8月に復職した友人に聞けば、どんどん日が短くなるし夏は夏で気分が暗くなったとのこと。やはり復職はどんな季節でもドンヨリするものなのですね(笑) その中でもベストな復職は4月? 世の中の「始まりモード」に乗って、エイヤとスタートできますし、そして…… すぐに休みが待っている! あぁ、ゴールデンウィークが待ち遠しい!

ライター REMIQUEST

幼い頃から好奇心旺盛で、独身時代は海外留学やセミナーなどにお金をつぎ込み、興味があることにはすぐに飛びつく傾向あり。出産後も、常に週末は予定でいっぱい。親子で参加できるワークショップを主催するなど、色々なことに挑戦中。

この記事のライター

この記事のタグ