2017年6月14日 更新

ちょっとドキドキ!小学1年生の放課後の遊び方

バーチャルアシスタントをしながらの息子との放課後の過ごし方をお話します。

226 view

こんにちは!「Help You!」でバーチャルアシスタントをしているmikoです。4月に入学した次男も小学校での生活に慣れてきて、たくさんの友達ができたようです。

今回は、小学1年生の放課後の過ごし方についてお話したいと思います。

放課後の遊びについて

次男の通う小学1年生の時間割は、5月のGW明けから月曜が4時間、火曜~金曜が5時間となっており、5時間の日でも14時半過ぎには帰宅しています。

5月の中旬くらいまでは、帰宅後は習い事に行くか、家で過ごすことが多かったのですが、運動会が終わったあたりから、友達と遊ぶ約束をしてくるようになり、放課後の過ごし方も活発になってきました。

1年生が放課後に遊び始めると、何時にどこで誰と待ち合わせして、どこで遊ぶのかなど確認から始まり、友達と仲良く遊べているかや、ちゃんと伝えた時間に帰ってくるかなど、いろいろと心配な点が満載です。次男が初めて約束をしてきたときも、あまりにも心配で、待ち合わせ場所まで付いていき、その後も遊んでいる公園へ何度か見に行ってしまいました。

遊びに行く次男

遊びに行く次男

近頃は、遊ぶ公園や友達などが決まってきた様子で、私が待ち合わせまで付いていこうとすると、次男に「ママ来なくて大丈夫だから。」と断られてしまうようになりました。

でも、このように待ち合わせ場所について行くことができたり、遊んでいる様子を見に行けるのも、家で仕事をすることができるバーチャルアシスタントならではだと思います。一歩引いたところで、子ども同士のコミュニケーションを見守りながら働くことができて本当にありがたいです。

わくわくプラザ

川崎市のすべての公立小学校には、放課後・土曜・長期休業日などに小学1年生から6年生までが利用できる、わくわくプラザという放課後クラブが設置されています。

わくわくプラザは、親の就労関係なしに利用することができ、定員人数の上限もないので、用事があるときや懇談会の時などにも、子どもだけで留守番をさせることなく預けることができます。

自治体によっては、規定時間の就労をしていないと利用できない学童もあるようなので、私のような在宅ワークの人でも自由に利用することができる放課後クラブがあり、とても助かっています。

わくわくプラザ

わくわくプラザ

わくわくプラザでは、毎月ドッジボール大会やオリジナルおやつの日、誕生日会などイベントも満載で、毎日利用していない子どもでも楽しめるようになっています。長男はすっかり利用しなくなってしまったのですが、次男はたまに行くわくわくプラザがとても楽しいみたいで、利用する度にまた行きたいと言って帰ってきます。

正直、子どもだけで公園で遊ぶより、わくわくプラザの大人の目がある環境で過ごしていてくれていたほうが安心な面もあるので、夏休みなども子どもと相談しながら利用していければと思っています。

mikoのバーチャルアシスタント日記 一覧

この記事を読んだ人におすすめ

在宅ワークと小学校のPTA活動

在宅ワークと小学校のPTA活動

バーチャルアシスタントをしながらの小学校のPTA活動の様子をお話します。
miko | 191 view
小学1年生とバーチャルアシスタント

小学1年生とバーチャルアシスタント

「小1の壁」にも柔軟に対応しながら仕事ができるのも在宅ワークという働き方ならではです。
miko | 187 view
バーチャルアシスタントの仕事スペース

バーチャルアシスタントの仕事スペース

自宅で仕事をするには、家族の理解も大切です。
miko | 148 view
ミルク拒否の娘とお仕事

ミルク拒否の娘とお仕事

どうやら哺乳瓶拒否?
伊藤 尚 | 77 view
バーチャルアシスタントの防災対策

バーチャルアシスタントの防災対策

自分自身で地震などに備える必要がある在宅ワーク。その防災対策とは。
miko | 58 view

この記事のキーワード

この記事のライター

miko miko