2017年9月4日 更新

『くらしと仕事』2017年8月の人気記事ランキング

多種多様な働き方を実現している企業実例にアクセスが集まりました

46 view
 (12934)

iStock.com/xmee

先月アクセス数の多かった10の記事を、ランキング形式でご紹介します。

8月は多種多様な働き方を実現する制度を導入した企業の実例や、海外に学ぶ仕事と子育ての両立に関する記事に注目が集まりました。

6位には多様な人材を引きつけ、活かす〜全員リモートワークのタクセルの働き方〜が新たにランクイン。全員がリモートワークという、働く人の多様性を受容する取り組みに注目が集まりました。

また、7位の制度は会社からのメッセージ!さくらインターネットが働き方改革で目指すものも、働きやすさを実現する制度として関心を集めています。

10位にランクインしたデンマークの日本人母に聞く、仕事と子育ての両立がしやすい理由では、自立と助け合いを大切にする日本人お母さん3人ユニットから、日本でがんばっているワーキングマザー・ファザーたちへの力強いメッセージも紹介されています。

【1位】育休期間が最大2年に。働く女性たちの意見は? - くらしと仕事

【1位】育休期間が最大2年に。働く女性たちの意見は? - くらしと仕事
いよいよ2017年10月から延長できる期間が1年になり、最長2年まで育休がとれるようになります。制度面だけでなく、周りの人達の理解や復帰後に気持ちよく働ける職場づくりも必要です。
10月を目前に、先月の2位からランクアップ。子育てと仕事のバランスについて、具体的な方策を考えるタイミングに差し掛かったのではないでしょうか。

【2位】これから女性が活躍しやすい11の職種とは? - くらしと仕事

【2位】これから女性が活躍しやすい11の職種とは? - くらしと仕事
今後女性が活躍しやすいと見込まれる11種類の職業を年収順に紹介。人事やマーケティングに関する部門、職種が注目を集めているようです。
上位にランクインし続ける人気記事です。女性の能力をちゃんと認めてくれて、活躍のチャンスや収入を得やすい仕事に就きたい方は、転職や復職の際に参考にしてみてはいかがでしょうか?

【3位】【女性活躍推進法の概要】企業がやるべきこと、女性にとってのメリットは? - くらしと仕事

【3位】【女性活躍推進法の概要】企業がやるべきこと、女性にとってのメリットは? - くらしと仕事
2015年8月の国会で成立した「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(通称:女性活躍推進法)。この概要を分かりやすく解説します。
先月に引き続き、3位にランクインした「女性活躍推進法」に関する記事です。ワークライフバランスの見直しや、女性本人の意思に基づいた働き方ができるような幅広い取り組みについて参考となる内容です。

【4位】保育園ではなく幼稚園という選択肢 前編~幼稚園に預けて働くための基礎知識 - くらしと仕事

【4位】保育園ではなく幼稚園という選択肢 前編~幼稚園に預けて働くための基礎知識 - くらしと仕事
幼稚園に預けながらフルタイムで働く筆者が、実体験に基づいた保育園との違いや幼稚園に預けるにあたって身につけておきたい基礎知識をご紹介します。
先月より1つ順位を上げたこちらの記事。保育園にしようか、幼稚園に預けようか悩んでいる方はメリット・デメリットをきちんと整理し把握しておくことをおすすめします。

【5位】事前連絡なしで働きたい日に働く。フリースケジュール制のパプアニューギニア海産工場長インタビュー - くらしと仕事

【5位】事前連絡なしで働きたい日に働く。フリースケジュール制のパプアニューギニア海産工場長インタビュー - くらしと仕事
「パプアニューギニア海産」では「フリースケジュール」という制度があります。その内容はなんと、事前連絡なしに、出勤日・欠勤日を自分で決められるというもの。なぜそのような制度を導入したのでしょうか?
工場長の武藤北斗さんへのインタビュー記事ですが、その言葉には「働きやすい組織づくり」のヒントが盛りだくさん!武藤さんは7月に関西テレビ『よーいドン!』の『となりの人間国宝さん』というコーナーでも紹介されました。

【6位】多様な人材を引きつけ、活かす〜全員リモートワークのタクセルの働き方〜 - くらしと仕事

【6位】多様な人材を引きつけ、活かす〜全員リモートワークのタクセルの働き方〜 - くらしと仕事
「全員がリモートワーク」という働き方を採用するタクセルの社長 田中亮大さんへのインタビュー記事。働き方の自由度を高めたら、多様性のある組織になった、と語ります。
タクセルでは、週40時間のフルタイム勤務以外に、30時間、15時間という短時間勤務も選択できるそう。働き方の多様性が求められている今、まさに理想的な会社と言えるのではないでしょうか。

【7位】制度は会社からのメッセージ!さくらインターネットが働き方改革で目指すもの - くらしと仕事

【7位】制度は会社からのメッセージ!さくらインターネットが働き方改革で目指すもの - くらしと仕事
「さぶりこ」(Sakura Business and Life Co-Creation)と名付けられた、より働きやすい環境づくりのために7つの制度をパッケージ化した施策について人事部マネージャーの清水能子さんが語ります。
働きやすい環境で、働きがいを追求しながら仕事に取組むことを叶える「さぶりこ」。制度が社員の働き方の変化に寄与した例を見てみましょう。

【8位】子どもと一緒に仕事ができる!全国の子連れOKなコワーキングスペース・シェアオフィス - くらしと仕事

【8位】子どもと一緒に仕事ができる!全国の子連れOKなコワーキングスペース・シェアオフィス - くらしと仕事
託児や見守りサービスのある場所、授乳室やキッズスペースなどの設備がある場所、託児や親子向け施設はないけれど、子ども連れ可の場所をご紹介します。
「子どもがいるけど仕事がしたい」「育児休暇中の今、資格取得やスキルアップのために勉強したい」という方は、子連れOKのコワーキングスペースを活用してみてはいかがでしょうか?

【9位】立ち寄ってみたい!横浜エリアの電源カフェ・コワーキングスペース - くらしと仕事

【9位】立ち寄ってみたい!横浜エリアの電源カフェ・コワーキングスペース - くらしと仕事
女性が仕事するのにおすすめな電源カフェやコワーキングスペースを横浜のエリア別にご紹介します。
ノマドワーカーやリモートワークで仕事をしている方は、電源やWi-Fiが自由に使えるワークスペースを知っていると便利ですよ!

【10位】デンマークの日本人母に聞く、仕事と子育ての両立がしやすい理由 - くらしと仕事

【10位】デンマークの日本人母に聞く、仕事と子育ての両立がしやすい理由 - くらしと仕事
国連による「幸福度調査」の国別ランキングで、2016年に1位、2017年は2位を獲得している幸せな国・デンマークに暮らし、子育てしながら学校や保育園で働くmormormor(モアモアモア)の皆さんへのインタビュー記事です。
しあわせな国デンマークの教育現場で働く 日本人お母さん3人のユニットの皆さんのメッセージには、より働きやすく・より暮らしやすくするためのヒントが詰まっています。

この記事を読んだ人におすすめ

『くらしと仕事』2017年7月の人気記事ランキング

『くらしと仕事』2017年7月の人気記事ランキング

テレワークなど、「働き方改革」に関する記事にアクセスが集まりました
篠原 舞 | 55 view
『くらしと仕事』2017年6月の人気記事ランキング

『くらしと仕事』2017年6月の人気記事ランキング

子どもと一緒に働くワークスタイルなど、新たな働き方に関する記事にアクセスが集まりました
篠原 舞 | 70 view
『くらしと仕事』2017年5月の人気記事ランキング

『くらしと仕事』2017年5月の人気記事ランキング

生産性や労働時間の短縮に関する記事にアクセスが集まりました
篠原 舞 | 78 view
『くらしと仕事』2017年4月の人気記事ランキング

『くらしと仕事』2017年4月の人気記事ランキング

女性活躍、配偶者控除、育休後の職場復帰、保育園や幼稚園に関する記事にアクセスが集まりました
やつづか えり | 177 view

この記事のキーワード

この記事のライター

篠原 舞 篠原 舞