2017年9月1日 更新

夏休みの自由研究どうする!?忙しいお母さんのベビーシッターサービス活用術

自由研究の工作を手伝ってくれるベビーシッターサービス利用体験レポート

154 view

仕事と育児の両立やリフレッシュのために、ベビーシッターを上手に活用する人が徐々に増えています。最近では、子どもを見てくれるだけでなく、家事やおけいこなどプラスアルファのお願いもすることができるサービスも。

ベビーシッターと利用者をインターネットで繋ぐ、ベビーシッターサービスのキッズラインでは、1時間1,000円から利用することが可能で、ピアノや英会話など様々な習い事を教えてくれるシッターさんが多数活動中です。また、夏休み中は自由研究の工作を一緒にやってくれるシッターさんも。

今回、小学1年生と3年生のお子さんを育てながらバーチャルアシスタントとして在宅で仕事をしている本間さんに、夏休み中のお子さんに工作を教えてくれるシッターさんのサポートを体験していただきました。

 

 

シッターサービスとは、子どもだけでなく母親のケアもする仕事

 (12404)

右がシッターの井上さん、左が利用体験する本間さん

今回夏休みの工作を手伝ってくれるシッターさんは、井上さん。井上さんは幼稚園や保育園に約7年間勤務した後、ベビーシッターに。キッズラインでは、シッターさん自身のスケジュールに合わせて空いた時間で働くことができ、さらに時給も自由に決めることができます。そのため、副業として活動している方も多くいるそうですが、井上さんはベビーシッター1本で本業として活動されているそうです。「幼稚園や保育園にたくさんの子ども達に囲まれて勤務していた時と比べ、ベビーシッターはよりお子さまと密に関われるのが嬉しいですね。また、サポートを通してお母さまのケアができるのもやりがいのひとつです」と話します。

本間さんのご自宅に到着すると、本間さんと小1のお子さんがお出迎え(小3のお子さんは、塾の夏期講習に参加中でした)。身分証を提示し、荷物を置く場所やサポート場所等を確認。そして、手を洗った後に、今回のサポート内容などを確認し、サポート開始となります。

 

保育士さんならではのアイデアで、たった2時間で廃材が○○○に!

 (12407)

夏休みの工作のテーマを話し合って決めています

「お子さんがどのようなものを作りたいのか事前に聞いたところ、動物や魚が好き、とのことだったので動物園や水族館が作れるように準備してきました」と言う井上さんのバッグの中には、段ボールや肉や魚が入っていたプラスチックトレー、卵のパック、トイレットペーパーの芯などの廃材が。そして「魚が好きだから、水族館にする!」というお子さんの言葉で、夏休みの工作は水族館に決定しました。身近にある材料で、どんなものが完成するのでしょうか?

まずは段ボールを組み立てて、水族館の箱作り。最初は少し恥ずかしそうにしていたお子さんも、セロテープをぺたぺた貼ったり切ったりするうちに「青が好きだから、青か水色で塗りたい!」とだんだん積極的に。

絵具で段ボールの底を塗り、乾かしている間に、魚・サメ・タコ・イカ・クラゲといった海の生き物を作ります。魚とサメはプラスチックトレーを、タコ・イカはトイレットペーパーの芯を、クラゲは卵のパックと毛糸を使って作りました。

作業する中で、お子さん自ら「イカの頭は卵のパックを使って作ろうよ」「海の底は砂だから茶色で塗ろうかな。白も混ぜた方がいいかも!」「ヒトデやお宝もクレヨンで描こう!」とアイデアを出していきます。それをカタチにしながらオリジナルの水族館を完成させました。

 (12409)

プラスチックトレーに絵本「スイミー」をモチーフにした魚を描いています
 (12410)

完成したオリジナル水族館。糸で吊るしてあるのは左上から小魚の大群、サメ、クラゲ。ゆらゆらとして涼し気です。海底にいるのはタコとイカ。イカの頭に卵パックを使ったのはお子さんのアイデア!

工作の間、本間さんはお仕事や家事などを着々とこなし、お子さんのことはシッターさんに安心して任せている様子が伺えます。時折、お子さんの姿を写真で撮ったり、井上さんとも言葉を交わしたりするなど、シッターさんがいるのは特別なことではなく、日常生活に自然とシッターさんが溶け込んでいる、という雰囲気でした。

 (12412)

普段、自宅でバーチャルアシスタントして仕事をしている本間さん。サポート中は集中して作業に取り組むことができます

 

不安が安心・満足、そして期待に。ベビーシッターサービスで弾む、親子の会話

初めてのシッターさんの利用経験を終え、本間さんに感想を伺いました。

「最初はどんな方が来てくださるのか、実際に会うまでは不安でしたが、井上さんは初めからたくさん会話をして歩み寄ってくださったので、子どもと仲良くなるペースがはやくてびっくりしました。もうすっかりなついていましたね」と振り返ります。

今回は体験ということで、顔合わせが当日となりましたが、実際はサポート前に面談というかたちでシッターさんと話し合いの時間を設け、お子さんとの相性を見てから正式に依頼することも可能です。いきなり頼むのは不安……という方は面談からスタートするのも選択肢のひとつなのではないでしょうか。

「工作も、たった2時間でこんなに素敵な水族館ができるなんて驚きました」と本間さん。工作をするとなると、コンセプトを決め、材料を用意し、作業を手伝い、後片付けをするといった工程が必要ですが、仕事や家事の傍らそれを行うのはなかなか大変ですよね。シッターさんは経験がある分、それらをスムーズに進めてくれ、かつ完成度の高いものができ上がります。お子さんも「すごく楽しかった!水族館、カッコイイでしょ」とで大満足の様子でした。

最後に、在宅で仕事をしながら子育てをしている本間さんが感じた一番のメリットについて語っていただきました。

「送迎なしで習い事ができることがとてもありがたいですね。今、いくつか習い事をしているのですが、曜日もバラバラなので送り迎えが大変なんです。他にも英会話とピアノなどセットで教えてくれるシッターさんがいると、同じ曜日・同じ時間に頼めてかつ送迎も不要なので助かりますね。習い事の月謝を考えると、シッターさんにお願いした方が習い事に保育もついていてリーズナブルだと思いました。これからもっと習い事をカバーしてくれるシッターさんが近所に増えると嬉しいです」とサービスがより便利になっていくことに期待を寄せられました。

楽しかったね、宿題が早く終わってよかったね、と会話が弾む本間さん親子の姿に、井上さんがおっしゃっていた「サポートを通してお母さまのケアができるのもやりがいのひとつ」という言葉の意味が腑に落ちました。ベビーシッターサービスを通して、多くの女性がよりのびのびと、軽やかな気持ちで仕事や育児に取り組める世の中は、もうすぐそこまで来ているのかもしれません。

夏休み習い事サポーター特集!- キッズライン

夏休み習い事サポーター特集!- キッズライン
キッズラインではシッティングだけでなく、「自由研究」「英語」「スポーツ」「音楽」「ダンス」など習い事も可能! - キッズラインではシッティングだけでなく、「自由研究」「英語」「スポーツ」「音楽」「ダンス」など習い事も可能!

この記事を読んだ人におすすめ

ちょっとドキドキ!小学1年生の放課後の遊び方

ちょっとドキドキ!小学1年生の放課後の遊び方

バーチャルアシスタントをしながらの息子との放課後の過ごし方をお話します。
miko | 200 view
在宅ワークと小学校のPTA活動

在宅ワークと小学校のPTA活動

バーチャルアシスタントをしながらの小学校のPTA活動の様子をお話します。
miko | 173 view
小学1年生とバーチャルアシスタント

小学1年生とバーチャルアシスタント

「小1の壁」にも柔軟に対応しながら仕事ができるのも在宅ワークという働き方ならではです。
miko | 184 view
バーチャルアシスタントの防災対策

バーチャルアシスタントの防災対策

自分自身で地震などに備える必要がある在宅ワーク。その防災対策とは。
miko | 38 view
在宅ワークの気になる夏のエアコン節電対策!

在宅ワークの気になる夏のエアコン節電対策!

在宅ワークのエアコンの節電対策とは
miko | 89 view

この記事のキーワード

この記事のライター

篠原 舞 篠原 舞