2017年9月8日 更新

身近にある働きやすい会社の見つけ方(東京都ワークライフバランス認定企業編)

ニュースに取り上げられる大企業以外にも働きやすい会社はあるはずです

23,376 view
gettyimages (7278)

国が「働き方改革」の旗を振る中、誰もが知る、いわゆる大企業と言われている会社において、社員がより働きやすい制度を考案しワークライフバランスの改善に取り組むケースが増えています。例えば、トヨタやリクルートホールディングスが全社員を対象とした在宅勤務制度を導入しました。

これら大企業の動きはニュースに取り上げられることも多いですよね。しかし、就職や転職を考えた時に、身近にある企業の中で働きやすい企業を見つけるにはどうすれば良いのでしょうか?

実際にその会社に勤めている方に話を聞き、信頼できる情報を得ることができれば話は早いのですが、それが難しいことも。そういった時には、公的機関の認定を受けている企業を見てみるのも参考になります。

東京都を例に挙げると、ワークライフバランスのために優れた取組を行っている中小企業などを「東京ライフ・ワーク・バランス認定企業」(平成27年度までは「ワークライフバランス認定企業」)として選定しています。

東京ワークライフバランス認定企業選出のしくみとは

gettyimages (7235)

実際にどのようにして企業が認定されているのでしょうか?

応募対象となる企業は都内に本社又は主たる事業所が置かれていること、常時雇用する従業員の数が300人以下の企業、社団法人、財団法人、NPO法人等が対象とされています。

企業がそれぞれ6つの部門について認定を希望する部門に応募することとなっていますが、部門については下記で具体的な企業を挙げてご説明いたしますね。

応募が完了すると、学識経験者及び有識者で構成される「東京都いきいき職場推進事業認定企業審査会」において認定企業にふさわしいかが審議されるようです。

認定企業は部門ごとに合計13社程度選出されるという仕組みになっています。このようにして毎年審査を通過した企業が東京ライフ・ワーク・バランス認定企業となるわけです。

 

平成27年度の認定12社はどんな会社?

gettyimages (7238)

では、平成27年度に認定された企業はどのような会社なのでしょう。認定された部門と合わせて見ていきたいと思います。

 

住友重機械エンバイロメント株式会社

<受賞部門> 長時間労働削減取組部門

<事業内容> プラントエンジニアリング事業、水処理等の環境設備製造事業

<所在地>  東京都品川区

<従業員数> 232名

<認定のポイント>
週2回定時退社日の実施、勤怠管理システムによる労働時間管理、会議の効率化による時間短縮(テレビ会議システムの導入など)

こちらの会社では、WEBシステムを利用し、労働時間がきっちりと管理されています。労働時間に関する問題も多く取り上げられる昨今、このような取り組みは重要であると考えます。

日毎に残業時間の集計が出来ることで、本人はもちろん、上司や人事担当も労働時間を日々把握し、過度な労働体制になっていないか確認できる仕組みとなっており、安心して働けますね。

 

株式会社プレスク

<受賞部門> 休暇取得促進部門

<事業内容> 情報システム分野におけるITコンサルテーション、業務コンサルテーション、ソフトウェア、制御系などシステム開発、保守、及びアウトソーシング事業全般

<所在地>  東京都千代田区

<従業員数> 29名

<認定のポイント>
E-Vacation制度(良い休暇を過ごした社員の表彰)、プレシャスホリデー制度(記念日にお食事券プレゼント)、ワークライフバランスに関する社内制度説明会や講習会等の実施、時間単位の有給休暇制度

E-Vacation制度とはとても斬新な制度だと思いました。なかなか休暇が取りにくいと言った声もまだまだ多い中、休暇の内容によって表彰される制度がある会社って素晴らしいと思いませんか?

有給も取りやすい工夫で、従業員の仕事に対するモチベーションの向上にもつながる施策に感動です。

 

株式会社グリフィン

<受賞部門> 仕事と育児の両立推進部門

<事業内容> システムコンサルティング、ソフトウェアの受託開発、システムエンジニアリングサービス、ニアショア事業、展示会出展コンサルティング

<所在地>  東京都千代田区

<従業員数> 140名

<認定のポイント>
環境改善委員会によるヒアリング・座談会の実施、短時間勤務を小学校卒業まで延長、育児時間確保のための時間単位年休制度、男性の育児休暇制度(最大5日)

ママにも優しい企業は本当にありがたいですよね。こちらでは時短勤務が小学校卒業まで可能なのだとか。

保育園や幼稚園ももちろんですが、小学校へ入学してからが大変という社員の意見を取り入れた制度なのです。しっかりと社員の声を反映し働きやすい会社を作っていく姿勢がとても素敵です。

 

東神開発株式会社

<受賞部門> 仕事と育児の両立推進部門

<事業内容> ショッピングセンターの開発、管理運営

<所在地>  東京都世田谷区

<従業員数> 228名

<認定のポイント>
就労管理セミナーの実施、短時間勤務を小学校4学年就学前まで延長、リザーブ休暇(年次有給休暇を無制限に積み立て育児、介護、不妊治療等の理由で利用可能)

リザーブ休暇の取得推進を行っているこちらの企業。有給を無制限に積立が可能で、さまざまな理由に応じて使用できるそうです。育児や介護、不妊治療等、まとまった休みが必要になったときにも安心です。

 

特定非営利活動法人ワーク・ライフ・バランス ラボ

<受賞部門> 仕事と育児の両立推進部門

<事業内容> 保育事業

<所在地>  東京都足立区

<従業員数> 18名

<認定のポイント>
短時間正社員制度、業務のマニュアル化と記録整備で「保育の見える化」推進、自主的勤務時間変更制度による柔軟な勤務体制

運営する保育園での小中学生保育ボランティア制度が導入されているこちらの企業。小学生以上の子どもが、職員の勤務地の保育園とは別の職場で、放課後にボランティアをしてもらうことができるというもの。

子どもの成長に応じた柔軟な制度や仕組みに従業員満足度が高い企業です。

 

株式会社アソシエ・インターナショナル

<受賞部門> 仕事と介護の両立推進部門

<事業内容> 保育所、学童保育クラブ、病後児保育室等、児童福祉施設の事業、子育てひろば、親子カウンセリング等、子育て支援事業、保育関連事業、公共施設の運営管理等

<所在地>  東京都目黒区

<従業員数> 241名

<認定のポイント>
勤務時間や勤務地限定の準社員制度、ワークライフバランス推進のためのセミナーや勉強会を実施、再雇用登録制度により復帰を支援

ワークライフバランス推進のセミナーや勉強会など定期的に開催されているそうです。こちらの取り組みに対して家庭とのバランスが取りやすく、職員の定着につながるとの声もあり、いきいきと働いている方が多い企業です。

 

クディラアンド・アソシエイト株式会社

<受賞部門> 多様な勤務形態導入部門

<事業内容> 企業内英語研修、プレゼンテーション指導、教材、教育プログラムの開発、翻訳、通訳、英語添削、講演、セミナー、eラーニング

<所在地>  東京都中央区

<従業員数> 35名

<認定のポイント>
短時間勤務、フレックスタイム、在宅勤務等個人の状況にあわせた多様な働き方を実現、日本人以外の社員にも働きやすい環境づくりのための相談体制の整備、コミュニケーション促進のためのランチ代補助

コミュニケーションを大切にする企業として、こちらではランチ代金の補助制度が導入されています。社員同士の交流を大事にすることで、働きやすい環境を整え、働く意欲の向上にもつながりますね。

 

株式会社シュフリー

<受賞部門> 多様な勤務形態導入部門

<事業内容> 顧客、会員向け特典代行サービスの企画、開発、販売並びに運営、インターネット、携帯情報端末を利用した広告、ギフト販売及び各種情報提供サービス

<所在地>  東京都千代田区

<従業員数> 7名

<認定のポイント>
ライフスタイルに応じたテレワークの実施、カフェタイム(1日15分)によるコミュニケーションの円滑化、親世代を招いた夏休み子連れ出勤プログラム

夏休み期間内合計10日間、スタッフが子連れで出勤可能な仕組みを整えたのがこちらの企業。子育て中でも働ける環境、ライフスタイルの違いの尊重により、社内のチームワークがさらに強くなったのだとか。

ママにも働きやすい環境があるのは大変嬉しいですね。

 

株式会社日建設計総合研究所

<受賞部門> 多様な勤務形態導入部門

<事業内容> 都市計画及び建築、環境に関する調査、研究、コンサルティング

<所在地>  東京都千代田区

<従業員数> 69名

<認定のポイント>
プロジェクトチームによる在宅勤務やテレワークの推進、ノンテリトリー・フリーアドレス席の導入、子育てランチミーティングや「大人の社会見学」等によるコミュニケーションの円滑化

残業時間を減らす施策として、在宅勤務を推奨しているのだそう。在宅勤務を利用することで、プライベートの充実や心身のリフレッシュができ、生活の質も向上、働く意欲にもつながっています。

自分に合った働き方が選択できるのはいいことですよね。

 

有功社シトー貿易株式会社

<受賞部門> 多様な勤務形態導入部門

<事業内容> 印刷紙器、段ボール、商業印刷における品質及び生産性向上に供する機器、副資材の企画、開発、輸出入、販売、各種技術、製品の取り次ぎ及び輸出入

<所在地>  東京都北区

<従業員数> 21名

<認定のポイント>
在宅勤務や時間給型正社員による柔軟な働き方の実現、営業職の働き方を見直し残業が発生しにくい組織風土づくり、外部機関やプロジェクトチームによるアンケートの実施

営業職の働き方を見直し、残業が発生しにくい組織風土づくりが行われているこちらの企業。

私も営業職で働いた経験があるので、こちらの施策にはとても共感できます。なかなか定時に帰宅ができない悩みが多い営業職ですが、こちらの企業では定時終了ができる工夫がなされています。

 

株式会社浅野製版所

<受賞部門> 職場における女性の活躍促進部門

<事業内容> 画像処理技術、カラープロセスを応用したデザイン、プランニング、DPT、フォトレタッチ、製版、印刷関連事業

<所在地>  東京都中央区

<従業員数> 44名

<認定のポイント>
ライフプランセミナー等女性のキャリア形成支援、新入社員の研修・教育担当者制、サンクスカードや朝礼カフェによるコミュニケーションの活性化、360度評価の実施

サンクスカード、朝礼カフェなど、社員のコミュニケーションを大切にしているのがよくわかります。感謝の気持ちが見える化されることで、より社員同士の結びつきが強くなり、仕事に取り組む姿勢も活性化しますね。

モチベーションが上がるこちらの取り組み、とても素敵です。

 

港シビル株式会社

<受賞部門> 職場における女性の活躍促進部門

<事業内容> 公共土木工事業

<所在地>  東京都港区

<従業員数> 16名

<認定のポイント>
未経験者でもチャレンジできる職域「施工管理事務」を確立し女性を積極的に採用、現場経験を持つ女性役員がメンター役となり身近なサポートを実施、ワークライフバランス推進委員会の設置

育児中や介護中でも辞めさせないライフイベントに合わせた働き方が出きる仕組みを取り入れている企業がこちら。休暇や時短勤務、在宅勤務など柔軟な対応が行われており、女性にとって働きやすい環境が整っています。

自分の将来のライフイベントを見据えて、長く働けるのはとてもいいですね。

 

企業の取り組みを知り、働きやすい会社を見つける

社員の働きやすい環境を整えようと企業も多くの取り組みや仕組みを導入しています。

今回は東京都の認定制度と、認定を受けている企業を紹介しましたが他の自治体でも同様の取り組みを行っているところはありますので、ぜひ、いろいろな情報を元に、身近な良い企業を探してみてください。

会社探しの参考に、こちらもどうぞ!

「くるみん」マークは信用できない? 働きやすい企業を見分けるヒント - くらしと仕事

「くるみん」マークは信用できない? 働きやすい企業を見分けるヒント - くらしと仕事

チャットワーク社も! 28年度東京都ライフ・ワーク・バランス認定企業13社

チャットワーク社も! 28年度東京都ライフ・ワーク・バランス認定企業13社

この記事を読んだ人におすすめ

キングソフト社で女性が自然体で活躍できる理由 ~後編~

キングソフト社で女性が自然体で活躍できる理由 ~後編~

前編に引き続き、キングソフト社で性別に関わらず社員が活躍できる理由について、4名の女性社員にお話を伺います。
鈴木 せいら | 415 view
キングソフト社で女性が自然体で活躍できる理由 ~前編~

キングソフト社で女性が自然体で活躍できる理由 ~前編~

『くらしと仕事』では、ママになっても活躍できる会社を積極的に紹介していきます! 今回インタビューした外資系ソフトウェア会社のキングソフトも、多くの女性社員が結婚・出産を経ても、いきいきと活躍し続けることができる職場だと聞きます。その理由を、女性社員4名の方にお話しいただきました。
鈴木 せいら | 673 view
夫が海外転勤!駐在員の妻が働く方法は?

夫が海外転勤!駐在員の妻が働く方法は?

駐妻(夫の海外赴任に帯同する妻)が働くための壁と、それを乗り越える働き方とは
Click&Clack | 775 view

この記事のキーワード

この記事のライター

あん☆な あん☆な