2017年6月16日 更新

副業OKになったクラウドワークス。広報・稲増さんが週末カフェ営業で得られたものは?

会社公認で副業をするメリットとは?

464 view

2016年7月、クラウドワークスは社員が多様な働き方を実現するための人事制度「ハタカク!」を発表しました。「ハタカク!」とは、すべての正社員を対象に(1)副業の自由化、 (2)リモートワーク 、(3)フレックスタイムを認めるというもの。その流れを受けて、会社公認のオープンな状態で副業をスタートさせた方たちがいます。以前飲食店で働いていた経験もあり、「いつかはカフェをやりたい」という夢を抱いていた広報担当の稲増祐希さんも、その中のひとりでした。カフェ開店実現への第一歩を踏み出した結果、どういった手ごたえを感じているのでしょうか。

稲増 祐希(株式会社クラウドワークス 広報担当)

稲増 祐希(株式会社クラウドワークス 広報担当)

大学時代からカフェでアルバイトを経験、その後もフリーターとして長期で、3店舗のカフェを掛け持ちで勤務。ラテアートを学ぶほか、様々なことに興味を持ち、コミュニティラジオの手伝い、フリーペーパーの編集なども。クラウドワークスの前職のLEDの植物工場の会社では、農学部卒業のスキルを活かして野菜栽培をする傍ら、野菜の販売やネットショップ運営、植物工場への取材対応など経験。その後、まったく別の世界に飛び込もうと、クラウドワークスに入社し、広報担当として日々勉強中。2016年より副業として毎週日曜日にカフェを営業。

 

人がつながる場としてのカフェをライフワークに

- 稲増さんの現在の働き方は、会社では広報担当、フルタイム勤務で変わりないのですか?

そうですね、クラウドワークスの広報担当として、平日5日間フルタイムで働いています。最近はフレックスタイム制度も導入されて、働く時間帯は柔軟になってきています。


- カフェの方は、月に何回営業しているのですか?

毎週日曜日、月4回ということになっていますが、本業との兼ね合いで休むこともあります。プライベートの用事があったり、会社の出張などで、どうしても都合がつかず、月2回のオープンになってしまうというときもありますけど。


- こういう素敵な場所が、よく見つかりましたね。

本当に偶然だったんです。クラウドワークスを通じて働いているユーザーさんが、今お借りしているカフェの空間づくりやディレクションをされていて、私がカフェをやりたがっているというのを知って、オーナーさんを紹介してくださいました。そのときは、まだカフェもオープンしたてで、日曜日を休業にされていました。そこから、私が休業日である日曜日に営業することが決まりました。


- カフェの業務は、完全にひとりで回しているんですか?

今は、そうなんですよ。西荻窪はファミリー層が多く、日曜日はみなさん街の外へ出かけてしまう方も多くて、それほどは混雑しないのです。ただ、場合によっては、ひとりで回しきれないんじゃないか……というようなときもありますね。


- カフェをやる日のスケジュールは?

朝は7時過ぎぐらいに自宅を出て、お店に着くのがだいたい8時半。前日や朝イチで買い出しをしたり、仕込みをしています。今は、10時に開店し、16時に閉店、その後1時間から1時間半ほどで片付ける感じです。


- カフェのスタッフ経験があったんですか?

大学時代と卒業後の2年ほど、カフェで掛け持ちで働いていました。自分がコーヒー好きという理由もあるんですけど、人と人がつながる場所づくりが好きなんです。飲食店に行くときは、「食事をする」というのが当たり前の目的なんですけど、カフェは「仕事をしたい」「話したい」「休憩したい」とか別の目的が多いような気がします。今は毎週日曜日と決めて、営業をしていますが、以前は年に一度場所を借りてイベント的にカフェをやっていたんです。その時も、私がコネクタのような役割になって人がつながっている気がしました。


- それはカフェをやるためのイベントだったんですか?

いつかカフェをやりたいけど、お金もないし、どうしたらいいかわからない、お店を回せるかもわからない。だから1日だけ店長として場所を借りたんです。「1日だけカフェを営業しますから」とお知らせして。来てくれるのは知り合いが多くなっちゃうんですけど、お借りしたお店の常連さんが面白がって来てくれたりもしましたね。ただ、単発のイベントでは、せっかくの機会がその一回で終わってしまうんですよね。ある程度継続しないと関係づくりが難しい。それに、1日に集中して混み合ってしまうので、お店をうまく回すことができなかったんです。
そういった経験もあって「継続してやってみないとわからないことがありそうだな」と感じました。今の目標はとりあえず「拠点を決めて、毎週1回カフェを長めにやってみる」ということ。経営というよりは、カフェを営業することの「経験」を得ることが目的です。

 

お客さんの気持ちを知るために、色々な仕事を経験したかった

 (9884)

- そもそも、本業として広報のお仕事を選んだのはなぜですか?

カフェでのアルバイトをしながら、半年ほどフリーペーパーの編集の仕事をしていたことがきっかけかもしれません。フリーターから転職を考えていたときに、大学時代の先輩に相談したところ「広報的な仕事もできるんじゃないの?」と言われて。そもそもフリーターから転職って結構ハードルが高くてどうしようか悩んでいたんですよね。そして、先輩に紹介してもらった会社で初めて正社員になり、広報的な仕事にも少しずつ携わるようになりました。


- 将来カフェを経営するにしても、違うキャリアを見ておいた方がいいという考えだったんですか?

はい。そもそも会話や人のつながりをカフェに求めていたので「カフェに来る人の職業や立場はさまざまなのに、自分の仕事の経験が少ないと相手のことが全然理解できないのでは?」と思っていました。いわゆるデスクワークをする会社員としての経験がまったくなかったので、まずは経験した上でお店に来る人たちの気持ちをわかるようになりたいなと。
それから、いろんなことに興味がある性格なので、何かの仕事を一本でやっていくのは、向いていないかもしれないとも思っていました。まずはできるときに、とりあえずいろいろやってみると決めました。その中でも広報という仕事は、社内の様々な部署の仕事を広く見ることができるので興味がありました。


- それでも、心にはいつもカフェへの思いがある感じですか。

今すぐお店を経営したいというわけではないですけど、心のどこかで「やりたい」という思いがあって、でももしかしたら一本じゃなく、常にふたつやっている状態でもいいのかもしれないなとも思っています。


- 同時にふたつのことをやるのは、体力的に疲れませんか?

最初はすごく疲れましたけど、生活サイクルが決まってくると同時に、慣れてきました。それに、普段はずっとデスクワークなので、カフェの仕事では身体を動かせるし、リフレッシュになるという面もありますね。

 

継続することで、カフェが好きという気持ちを再確認できた

 (9887)

毎週異なるメニューを考えているそう。ケーキも手作りです。

毎週異なるメニューを考えているそう。ケーキも手作りです。

- お店を始めてどのくらい経ちますか?

クラウドワークスの人事制度「ハタカク!」が開始した昨年の7月ごろからなので、9か月程になります。最初の頃は知り合いばかりで、一般のお客さんは全然来ませんでした(苦笑)


- 今までを振り返っていかがですか?

最近になってようやく、リピートで来てくださるお客さんができました。少しずつ関係を築けている感じがして、すごく嬉しいです。
でも一方で、やりたいことはいろいろあるのに、時間を作るのが難しくて進んでいません。メニューを充実させたり、料理やお菓子を作る技術にしても、もっと勉強したい。 カフェを運営しながらつらいことももちろんあるのですが、ひとまず「続けられている」ということは、「やっぱりカフェの仕事が好きなんだな」とあらためてよくわかりました。ふつう、つらくなったらやめるじゃないですか(笑)

 

23 件

この記事を読んだ人におすすめ

3人の副業・複業実践者に学ぶ“人生100年時代”の働き方

3人の副業・複業実践者に学ぶ“人生100年時代”の働き方

会社員をしながら副業を始めた3人が語りました
複業推進の2社が考える「人生100年時代」に必要な働き方とは?

複業推進の2社が考える「人生100年時代」に必要な働き方とは?

エンファクトリーとサイボウズが考える複業のメリットとは
夫婦のどちらも主役 協力し、尊重し合えるフリーランス起業家夫妻のくらしと仕事 ~後編~

夫婦のどちらも主役 協力し、尊重し合えるフリーランス起業家夫妻のくらしと仕事 ~後編~

夫がデザイナー、妻がWebディレクターとしてそれぞれ会社を経営する中村克己さん(株式会社フェスタ― 代表取締役/国酒支援NPOサケネス 代表)と小沼光代さん(株式会社フラップ 代表取締役)夫妻。後編では、家事や育児の分担、ライフワークや今後の展望について聞きました。
鈴木 せいら | 626 view
ソーシャル・デザイン代表 長沼博之さんに聞いた21世紀の女性の「くらしと仕事」

ソーシャル・デザイン代表 長沼博之さんに聞いた21世紀の女性の「くらしと仕事」

オンラインメディア「Social Design News」や著書、講演活動を通じ、ITの発展や社会の変化によって起こるビジネスモデルや働き方の進化について情報発信されている長沼博之さんに、これからの女性の働き方についてインタビューしました。
鈴木 せいら | 896 view

この記事のキーワード

この記事のライター

鈴木 せいら 鈴木 せいら