2017年3月10日 更新

移住成功の秘訣は人との出会いと行動力!地方へ移住して仕事を作る方法~全国移住女子サミット2017レポート1

移住女子に地方での仕事の作り方や移住成功の秘訣を聞いてきました!

600 view

全国移住女子サミット2017が開催されました。「移住女子」とは、好きな地域で自分らしく生きるために都会から地方に移住してライフスタイルを変えた女性たちのこと。住む場所を変えただけでなく、人生や価値観も変化しイキイキと暮らす移住女子。会場には、地方移住やそんな移住女子の生き方に憧れる多くの女性が参加していました。

今回のイベントでは、オープニングトークの後に先輩移住女子のゲストと参加者が交流できる計8つの分科会が開催されました。その中から2つの分科会の様子をお伝えします。

 

 (8506)

分科会では、ゲストスピーカーとして参加した移住女子が暮らす地域の食材を使用した彩り豊かなケータリングも用意されていました。

 

どうやって移住する?その具体的なステップとは

 (8505)

左:水沼 真由美さん、右:伊佐 知美さん

まずは、第2セッションの分科会から「私が地方を選んだ理由、移住するまでのステップ-移住女子の生き方-」というテーマで伊佐知美さん(灯台もと暮らし編集長。新潟県出身)と水沼真由美さん(学生。にいがたイナカレッジ長期インターン生として新潟県十日町市に移住)のお話を紹介します。

多くの移住したい女性から相談を受けてきた伊佐さんによると、お金のこと、そして「どこに移住したら良いですか」という質問が圧倒的に多いそうです。

 

移住先の選び方

 

まずは理想の暮らしを探すところから

「移住先はどこの地域でも良いと思います。移住先を探す取りかかりとしては、例えば海が近いところが良い、お米が美味しいところが良い、人との出会いがあるなど、何か1つでも自分の希望を挙げて、どんな暮らしをしたいか理想を考えて、それに近いところを探していくのが良いと思う」と伊佐さん。

水沼さんが十日町市を選んだのは「移住の候補地として新潟県内の3ヵ所の地域を挙げていたが、その中から自分のやりたいことと住んでいる方たちとの相性で決めた。候補地の内2地域は農業にしっかりと腰を据えて取り組むという感じだったので、自分のやりたいこととかけ離れるということもあり、外した」そうです。

人との出会いが移住の決め手

さらに伊佐さんは、「移住に成功した人は、その地域に知り合いを一人でも探してその人の人柄に惚れて移住したという人が多い」と教えてくれました。

水沼さんも「周りにも『最初はその地域に軽い気持ちでとりあえず行ってみたけどそこで出会った人がきっかけで移住した』という移住女子が多い」と同意します。水沼さん自身も、先輩移住女子とのつながりが移住の決め手になったというエピソードを語りました。

「移住のきっかけとなった3名の移住女子をフリーペーパーで知り、生き方に惚れて猛アプローチをかけ、直接お会いできた際に『ファンなんです!』と一緒に写真まで撮ってもらいました。『これから移住するのでよろしくお願いします』と挨拶をしたらたくさんの方とつなげてくださって、その方がいるところに移住しました」

2段階移住のすすめ!

「自然に囲まれた山奥で生活したいなと憧れていきなりそういう集落のような田舎レベルの高いところに移住するのではなく、2段階移住がお勧めです」と伊佐さん。

具体的には「まずは東京から移住先の県内もしくは市内で一番栄えている都市部に移住して、そこを拠点に週末や休暇を利用して気になるエリアに遊びに行き、最終的な移住先として良さそうなところを見極めてから田舎レベルの高いところに移住すると、既に友人や人間関係もできている状態なので、地域に溶け込むための心理的なハードルも下がります」

実際に水沼さんは2段階移住を考えているそうで「今住んでいるところは新潟県十日町市内の中でもスーパーやコンビニもあり県道沿いで平地なので暮らしやすい地域。お年寄りだけというより三世代で住んでいるファミリー世帯が多い。最初はそこで自分の暮らしを作って、今後もっと山の奥の方で暮らしたい」と将来を見据えた計画を語ってくれました。

2段階移住という、ひとまず地方都市に移住してワンクッション置く方法は、都会の利便性の高い生活から少しずつ田舎暮らしへと移行できるので心理的にも物理的にも新しい生活へ慣れるための準備ができてとても良いなと思いました。

さらに伊佐さんは、「田舎レベルだけでなく、移住者を受け入れる環境が整っているか移住の成熟度を見るのも良い」といいます。

「その見分け方として、総務省が実施している『地域おこし協力隊』を受け入れ始めた地域なのかが移住者を受け入れる態勢が整っているのかを測る一つの目安になります。またその町の移住の歴史がどうなっているのか見てみるのも良い」と教えてくれました。

 (8508)

 

移住にかかるお金のこと

生活にかかるお金のことについては「『とりあえず100万円貯金してから移住しました』という移住女子が多い」そうですが、生活にかかる固定費の中で重要な位置を占める家賃に関しては、地域によって事情が異なるので「空き家バンク」などでだいたいの相場を調べるのも大事だそうです。

それから「意外に出費がかさむのがガソリン代!どこに行くにも車移動になるので」とお二人が声を揃えて言います。

 

知り合いゼロから人との繋がりを増やす方法

「移住成功のコツは人との繋がりを作ること!」という伊佐さんと水沼さんの主張に心配そうな顔をする参加者たち。知人がいない状態から人間関係を作るきっかけの作り方を伝授してくれました。

伊佐さんの場合「もし私がこれから移住を考えるとしたら、お試し移住に行って、まず行政の町役場の移住担当者を探す。できれば女性の担当者を探して『美味しいごはん屋さんどこですか?』と尋ねる。美味しい飲み屋とか若者がいそうな場所、流行っているお店など町の情報をその担当者から聞いて行ってみます。または『地域名、イベント』などでネット検索して、その地域で若い人が主催しているイベントやフリーマーケットなどに参加し、主催者に話しかけるなどし、顔と名前が一致する人を作るとそれまでと世界が違って見えるようになるので勇気を出して外に出る努力をする」そうです。

水沼さんは「地域のイベントや掃除に毎回出席するようにしていた。地域のお祭りの際も地元の方たちに交じって1か月前からお囃子の練習をするなど、地域に溶け込む努力を意識的にしていた」と経験を話します。

最後にゲストお2人から参加者へのメッセージとして「人との繋がりを作るには、今回の全国移住女子サミットのようなイベントに来るのが一番近道。実際に移住を体験している人を知り、隣に座った参加者同士で仲良くなって友達になり、気になる土地に一緒に行ってみるという人も多い。興味の方向性が同じ人と繋がることができるのは大きい」と語りかけていました。

 

(次ページ:移住後の仕事を自分で作る方法

37 件

この記事を読んだ人におすすめ

自分の時間と環境にこだわって暮らすなら、イナカフリーランスはどうだろう?

自分の時間と環境にこだわって暮らすなら、イナカフリーランスはどうだろう?

実はたくさんある地方の仕事、見つけるカギは人間関係にあり
やつづか えり | 352 view
築100年の古民家で暮らすヒビノケイコさん流「くらしと仕事」のつくり方

築100年の古民家で暮らすヒビノケイコさん流「くらしと仕事」のつくり方

高知県の山奥に移住して9年、子育てをしながらお菓子のネットショップやカフェを開業したり、田舎暮らしの様子をブログや本で発信されているヒビノケイコさんのお話を紹介します。
やつづか えり | 2,571 view
3人の副業・複業実践者に学ぶ“人生100年時代”の働き方

3人の副業・複業実践者に学ぶ“人生100年時代”の働き方

会社員をしながら副業を始めた3人が語りました
テレワークで自分らしい働きかたと暮らしを自由に創るーイベント「たんばローカリスト列伝」より

テレワークで自分らしい働きかたと暮らしを自由に創るーイベント「たんばローカリスト列伝」より

若手移住者の先進地丹波市。丹波県民局主催のイベント「たんば・ローカリスト列伝〜テレワークならプラグイン!〜」に参加しました。最近話題の地方移住やテレワークって実際のところどうなんだろう? と気になっている人におすすめの内容をご紹介します。
宇野まきこ | 417 view

この記事のキーワード

この記事のライター

宇野まきこ 宇野まきこ