2017年7月24日 更新

日本でテレワークが広まらないのはなぜ?上手な導入・活用のヒント

7月24日はテレワーク・デイ! テレワーク普及に必要なことをまとめました

129 view

テレワークによる働き方改革の目的は、生産性やワーク・ライフ・バランスを向上させることにあります。しかし一方で、なかなかテレワークが普及しないという実情もあります。テレワークが抱える課題は何か、今後テレワークがさらに普及するためにはどうしたらよいのかを考えます。

 

 

「テレワーク=育児中の女性社員のため」というイメージを払しょくする

gettyimages (11843)

テレワークの推進に向けた課題の1つとして挙げられるのが「テレワーク利用者の拡大」です。テレワークを導入している企業は少しずつ増えてきていますが、実際にテレワークをしているのは育児中の女性社員がほとんどです。テレワークを利用し働いていたとしても「自分だけ特別扱いをされている」と肩身が狭く感じたり、前例がなかったり、利用者が少なく利用しづらいといった意見もあります。

せっかくテレワークを導入しても、形だけの制度になっている場合、ワークスタイルを変革することはできません。テレワーク導入のきっかけとして、育児や介護中の社員に限定してはじめることは悪いことではありませんが、対象者が限定され利用者が少ないままでは、テレワークが普及することが難しくなります。

 

仲間で働くことに対する考え方を変える

thinkstock (11844)

日本は、1つの仕事を多くの人で共有しながらすすめていくことがほとんどです。時間や空間を共有し仲間意識を持ちながら働くスタイルは、確かに仕事を進める上では有効ですが「仕事に携わるメンバー全員がその場にいないとできない」と考えられがちです。 しかし、テレワークでもコミュニケーションの仕方を工夫すれば、十分にチームワークをとりながら働くことができます。マネジメント次第で、メンバーがお互いをカバーしあいながら働くことも十分可能です。

この「くらしと仕事」というサイトも多くのテレワーカーによってつくられています。スタッフのほか、リモートで働くバーチャルアシスタントやライターがそれぞれの場所で仕事をこなしています。実際、子どもの急病時や、手が回らない時には他の人にお願いするなど、メンバーが協力しあいながら1つのメディアを作り上げています。

 

テレワークができない社員にも配慮を

thinkstock (11845)

テレワークを幅広い社員が利用できるように範囲を拡大しても、どうしても利用できない社員がいます。そうした場合、社員全員が恩恵を受けられない制度は不公平にあたるとして、経営陣が導入を見送るケースがあります。

しかし、多様な働き方や多様な人材の確保は、今後の企業の成長には欠かせません。個人の環境は、長い人生で働く中においていつどうなるかわかりません。テレワークができない社員のために、テレワークの導入を見送っていては、他の社員もいつまでも働き方を変えられないままです。テレワークができない社員については、柔軟な働き方や特別な休暇を与えるなど、別の方法で働き方を変えていくとよいでしょう。

 

管理職による評価制度

thinkstock (11846)

テレワークという働き方を希望したいと思っても、評価で不利益になるのではないかと二の足を踏んでいる人も多くいます。また、管理職が、遠方にいる社員をマネジメントできないと、テレワークの導入に頓挫してしまうこともあります。

以前も書きましたが、管理職は直接目の前で部下を監視していなくても、判断や評価は可能です。

テレワークを利用して働く人の不安を解消するためには、しっかりと評価方法を公開し、テレワークを利用しない社員も納得できる評価制度を作らなくてはなりません。また、社員を評価するときのポイントは、目標を設定し、管理者と社員がしっかりと共有することです。これは通常の勤務でも在宅勤務でも変わりはありません。

このように、テレワークの普及にはまだまだ課題があります。しかし、課題が浮き彫りになるということは、それだけテレワークが注目を集めているということです。

今年から毎年7月24日に開催されるテレワーク・デイ。7月23日現在の参加団体数は合計927件となっています。テレワーク・デイをきっかけにして、さらにテレワークという働き方が広く世に知られ、普及していくことを望みます。

14 件

この記事を読んだ人におすすめ

テレワーク・デイ目前!実施企業6社が語る、テレワークのリアル

テレワーク・デイ目前!実施企業6社が語る、テレワークのリアル

テレワーク導入のきっかけやリアルな実践の様子が語られました
篠原 舞 | 532 view
テレワークだからこそ円滑にコミュニケーションを!役立つツールの紹介

テレワークだからこそ円滑にコミュニケーションを!役立つツールの紹介

チャットやファイル共有などITツールの活用が欠かせません
Click&Clack | 142 view
テレワークにかかる経費をどうするか?

テレワークにかかる経費をどうするか?

テレワークのために様々な補助をしている企業の事例です
Click&Clack | 240 view

この記事のキーワード

この記事のライター

Click&Clack Click&Clack