2017年2月22日 更新

出産・子育ての始まりを、自分のくらしと働き方を考えるチャンスに〜イベント「MadreBonitaDAY2016」より

「MadreBonitaDAY2016 -子育てのスタートをみんなで支え合おう-テクノロジーとコミュニティで私たちの子育てを変えていく みんなではじめる新しい「家族」のかたち」に参加しました。

586 view

「産後ケアの普及と研究を通じて家族の笑顔をふやしたい」を活動目的とするNPO法人マドレボニータのチャリティイベント。大変な産後をみんなで支え合うことが社会復帰の意欲へもつながるのではーー、そんなヒントをたくさんいただけたイベントの内容をご紹介します。

 (6044)

産後ケアの大切さとは?

 (6103)

イベントの第1部では、「マドレボニータが目指す未来」として、NPO法人マドレボニータのプレゼンテーションをお聞きしました。

誰も教えてくれない産後のトラブル

子育てのスタートという大事な時期に様々なトラブルを抱えている実態について紹介がありました。

特に産後の3大危機として「産後うつ(11人に1人)」「夫婦の不和(産後2年以内が最多)」「乳児虐待死(0才児が43.1%)」があり、厚生労働省のデータにも高い数値が示されています。

産後ケアって知ってますか?

産後には3つの時期「産褥期(産後4~8週間)」「リハビリ期(産後2ヶ月~6ヶ月)」「社会復帰期(産後7ヶ月以降)」があり、それぞれ適切なケアが必要。

 (6046)

マドレボニータでは産後ケア文化を知ってもらい、体のケア、心のケアをしてリハビリできる場を教室として提供しています。

マドレボニータ代表の吉岡マコさんは「産後ケアの活動は産後女性だけでなく、社会全体で考えていきたい。他人事ではなく自分のこととして考えていってほしい」と言います。

問題解決を阻む4つの壁

「今まで産後ケア文化の普及を進めてきた中で壁が4つある」と吉岡さん。

それは、産後ケアについて、「知らない」「(価値観が)受け入れられない」「実践できない」「発揮できない」ということです。

 (6045)

この4つの問題の壁を超えるにはどうしたら良いのか、それを解決する方法の1つとして、マドレボニータが開発したアプリが紹介されました。

35 件

この記事を読んだ人におすすめ

無事退院しました!

無事退院しました!

切迫早産での入院→退院→出産のための入院→退院までのダイジェストです
伊藤 尚 | 112 view
育休復帰ママに贈る、モヤモヤを解消する両立のヒント(イベントレポート)

育休復帰ママに贈る、モヤモヤを解消する両立のヒント(イベントレポート)

育休後の職場復帰を控えているママたちのモヤモヤとは
LAXIC | 166 view
企業が変わり始めた! 短時間しか働けない人でも求められる時代に

企業が変わり始めた! 短時間しか働けない人でも求められる時代に

自宅近くや短時間という条件でスキルを活かせる場が増えている
やつづか えり | 1,111 view
復帰前の両親学級! 『脱・ワンオペ育児』の経験をシェア

復帰前の両親学級! 『脱・ワンオペ育児』の経験をシェア

4組の夫婦の家事分担や子育ての方針が語られました
鈴木 せいら | 395 view

この記事のキーワード

この記事のライター

宇野まきこ 宇野まきこ