2016年6月21日 更新

「ふるさとテレワーク」15地域の取り組みに見る地方の仕事のこれから

総務省で行われた「ふるさとテレワーク推進会議」を傍聴してきました。15の地域での取り組みから、ユニークなアイデアや今後広がっていきそうなワークスタイルをご紹介します。

1,247 view

ふるさとテレワークとは?

thinkstock (2046)

安倍内閣の掲げる政策のひとつに「地方創生」がありますが、それを実現するためには地方からの人の流出を減らし、また移住などによって人口を増やさなければいけません。そのための方法として総務省が提言したのが、テレワークにより都会と同じように働ける場と機会を作る「ふるさとテレワーク」です。これを普及展開するため、総務省は地域での実証事業の提案を公募し、15の地域で半年間に渡る様々な取り組みが行われました。

2016年4月22日に開催された第5回目の「ふるさとテレワーク推進会議」では、各地域で行われた取り組みの成果が報告されました。

「ふるさとテレワーク」で生まれたユニークな取り組み

各報告を聞いて、特に面白いと感じた取り組みをいくつかご紹介します。

ママテレワーカーのためのコミュニティ、場の提供

gettyimages (2053)

15の地域のほとんどで、現在仕事をしていない女性向けに、クラウドソーシングなどを使った仕事の仕方をレクチャーし、復職の支援をする、ということが行われていました。その中でも一歩進んだ取り組みだな、と感じたのは、テレワーカーとなった女性たちのためのコワーキングスペースを作った福岡県糸島市の事例です。

糸島市の、子育てスペースと仕事スペースを併設した「前原テレワークセンター(愛称:ママトコ)」という場所は、元々の計画にはなかったそう。というのも、クラウドソーシングの仕事自体は在宅でできるからです。でも、子育て中の女性たちから「仕事をしながらママたちが集まる場所がほしい」という声が上がったことから、子育てスペースとワークスペースを併設した「ママトコ」ができました。利用者からは「気兼ねなく仕事に集中できる」と好評だそうです。

企業の在宅勤務制度を利用したり、あるいは個人で仕事を受けたりといった形で、自宅で仕事をする人はこれからどんどん増えていくでしょう。「在宅でできる」というのは大きなメリットではありますが、ずっとひとりで仕事をしているのも寂しく、スキルアップやモチベーションアップのためにも同じような境遇の人たちと交流したいというニーズは確実に出てくると思われます。「ママトコ」のような場所が各地にできるといいですよね。

短期滞在者向けテレワーク施設

thinkstock (2057)

今回の取り組みに当たり、各地にWi-Fiやテレビ会議システムなどを備えたテレワークのための施設が作られました。この3月で実証事業自体は終了しましたが、それらの施設の多くはこれからも継続運営されていく見込みです。いくつかの地域では、そういった施設を短期滞在者がテレワークできる場所として運営していくという構想を明らかにしました。

最近では「ワーケーション」(ワーク+バケーション)と言って、リゾート地などでリフレッシュしながら仕事もする、というスタイルが注目されつつあります。“ふるさと“テレワークというくらいですから、今回実証事業が行われた地域は都会を離れてリフレッシュするのにも魅力的な場所が多くあります。会社の合宿先として使ったり、あるいはフリーランサーが家族旅行と仕事を兼ねて訪れたり、そんな使い方ができる場が増えると、楽しいだけでなく、クリエイティブな発想も生まれそうです。

また、群馬県高崎市では「滞在型テレワークツーリズム」を検討中だそうです。例えば都心では診察のたびに長い待ち時間が発生する不妊治療を高崎で受ければ、テレワーク環境を利用して治療を受けながら従来の仕事も続けられるという案が出ていました。「田舎だったらこんなに混んでいないのに!」と感じることの代表に通勤電車がありますが、それ以外にも、地方なら空いているという場所はまだまだありそう。どこでもテレワークが可能になれば、無駄な時間やストレスをかなり減らして快適な生活が送れそうです。

若者のUターンや定着を目指した取り組み

gettyimages (2059)

多くの地域で、地元の若者がその地にとどまってくれるように、または一度都会に出て行ったとしても、将来はUターンして地域の発展を担ってくれるように、地方でも仕事ができるというイメージを持ってもらうための取り組みがなされていました。

北海道北見市や佐賀県鳥栖市では、地元の大学と連携し、学生たちが地元にいながら東京の会社のインターンシップをできる機会を提供していました。他の地域でも、都会からやってきたIT系技術者がテレワークをするケースが多かったことから、地元の中高生や大学生向けにプログラミング教室を開くといった取り組みも多く、場所にとらわれずに働きやすい仕事のイメージを持てた若者も多かったのではないでしょうか。

 

28 件

この記事を読んだ人におすすめ

島で育む家族の暮らしとやりがいを大切にした新しい仕事のカタチ

島で育む家族の暮らしとやりがいを大切にした新しい仕事のカタチ

家族で奄美大島に移住後、3人の子どもを育てながらバーチャルアシスタントサービス「Help You!」のワーカーとして活躍している宮崎さんにインタビューしました。
鈴木 せいら | 3,031 view
奈良のカリスマバーチャルアシスタントは、努力の人?! 目指すは、士業とリモートワークの地位向上

奈良のカリスマバーチャルアシスタントは、努力の人?! 目指すは、士業とリモートワークの地位向上

バーチャルアシスタントサービスの「Help You!」でチームリーダーとして働く奈良在住の平島奈美さんに、現在の仕事をするようになった経緯や、将来的な目標や展望についてお聞きしました。
鈴木 せいら | 2,694 view
私と子どもの場合の“隣でお仕事”

私と子どもの場合の“隣でお仕事”

バーチャルアシスタントの鴇田真由子の日記。前回は、私のお仕事スケジュールについてお話させていただきました。 今回は、子どもの横で仕事してみて、特徴的だった頃を振り返ります。
鴇田 真由子 | 173 view
「Help You!」をはじめてからのお仕事スケジュール

「Help You!」をはじめてからのお仕事スケジュール

バーチャルアシスタントの鴇田真由子の日記。「Help You!」をはじめてから、どのような感じで仕事をしているか、私のお仕事スケジュールについてご紹介します。
鴇田 真由子 | 312 view
自分の生活を変えてみたい時期 「Help You!」に出会う

自分の生活を変えてみたい時期 「Help You!」に出会う

バーチャルアシスタントの鴇田真由子の日記。 在宅ワークを続けて仕事も少しずつ増えて順調ではありましたが。子どもが2歳の頃、手のかかり方や過ごし方も変わってきたのか、生活・時間の使い方?で変えたいところもでてきて。。。そんな時に「Help You!」に出会います。
鴇田 真由子 | 433 view

この記事のキーワード

この記事のライター

やつづか えり やつづか えり