2017年7月19日 更新

「個」を大切に、日常を楽しく。2社を経営する代表取締役が全員在宅・月10万円の経費制度を作ったワケ

「個」を中心とした会社経営の考え方とは

67 view

(この記事は「LAXIC」より転載、編集しています。)

ラシク・インタビューvol.81

onakasuita(おなかすいた)株式会社・株式会社mannaka (まんなか)代表取締役 柴田 雄平さん

2つの飲食店の運営と食にまつわる企画・マーケティングを行うonakasuita株式会社と、「日常と食のコト」でくらしを楽しくするライフスタイルマガジン「ケノコト」を運営し、マーケティング・ケータリング事業を行う株式会社mannaka。この2つの会社の代表取締役を務めるのが柴田雄平さん。

「個」を中心に据える会社運営をする理由には、妹と二人暮らしをした中学時代からの経験や、海外で見てきた「家族を大切にするライフスタイル」がありました。

全員在宅勤務、月10万の経費枠 家族との時間を大切にする会社の理由

 (11900)

柴田さん(以下、敬称略。柴田): こんな声ですみません。最近講演が続いてまして・・・・声の調子が・・・・。

編集部: どんな講演が多いのですか?

柴田: うちの会社ってね、20人ほどスタッフがいるのですが、全員在宅なんですよ。月給の他に経費枠が10万ほどあって、カフェでの打ち合わせはもちろん、仕事をする際もその経費を使えるんです。まあ、通常の会社っぽくないということで、働き方のジャンルでの講演が最近は多いですね。

編集部: 10万の経費枠はなかなかすごいですね!柴田さんは飲食店を経営しながら、ライフスタイルマガジン「ケノコト」を運営するなど、仕事がかなり多岐にわたっていますよね。そして会社としては、onakasuita(おなかすいた)株式会社株式会社mannaka(まんなか)という2社の代表でいらっしゃるんですよね。

柴田: まず作ったのがonakasuita株式会社という会社で、ここで飲食店2店舗を運営し、食にまつわる企画・開発・マーケティングを始めたんです。次第に、ウェブやソーシャル系の業務が多くなってきたんですよね。それなら、外注でなく中で全てを作ろうと、マーケティング専門会社として株式会社mannnakaを作ったんです。

編集部: どちらも特徴的な会社名ですよね。

柴田: 一日一回は言う言葉を社名にしようと思ったんです。また「おなかすいた」というのは、現状に満足していなくて、現状を良くしたいというハングリー精神がある言葉ですよね。

編集部: そして社名だけではなく、全員が在宅と働き方もとても特徴的なようですね。結婚されている方が多いとの事ですが、社員さんはどのくらいいらっしゃるのですか?

柴田: 現在は社員が8人で、業務委託が12名ほどですね。普通の会社は組織のビジョンがあって、個人が会社に勤めるという形だと思うのですが、うちはまず個人のビジョンが先にあるのです。 個人としてやりたいことがあって、うちの会社でできることを個人のビジョンやスキルに合わせていく形なんですね。

新しいことも新規事業として会社でやれるので、お金の面でも時間的なリスクもだいぶ減ると思うのです。実はこれから子どもを産むスタッフで、「保育園をやりたい」というスタッフもいるんですよ。

編集部: やりたいことはどんな業種でもいいんでしょうか?

柴田: はい、なんでもいいです。アロマキャンドル教室をやりたい人もいるし、経営だけやりたいという人もいる。 選択肢の幅を個人に渡してあげて、必要なスキルをうちで磨いて欲しいんです。一人一人がお金を作れる力をつけてあげたいんですよね。

編集部: 経費枠が10万円あるというのは、柴田さんのそんな想いからきているのでしょうね。

柴田: だいたい働く日にちが20日だとして、一日5000円までと考えると一ヶ月10万なんですよね。 オフィスがないということはどこに行っても働ける環境があるということで、通勤時間やオフィスの賃料をみんなの給料に還元したいんですよ。給料の他に経費枠があると、給料を使わなくてもいい日があるわけですよね。そういう働き方をしたい人たちがうちに来てくれていますね。出せるギリギリの範囲まで出していますね。

編集部: ライフワークバランスは皆さんかなり整っている感じですね。ママだけではなくパパも自由な働き方ができると、かなりフレキシビリティは高まると思います。

柴田: そうですね、 家族との時間をすごく大事にして欲しいと思っているんです。子どもの成長ってあっという間じゃないですか。今、うちにも2歳の子がいるんですけど、小学校までの間だけでも近くで見てあげたいと思うんですよ。保育園に入れなかったスタッフもいますしね。

実は、 取引がある会社さんのほとんどが子連れでの打ち合わせOKなんですよ。僕自身も子連れでよく打ち合わせに行っていますね。

「家族一緒にご飯を食べ、家族のために仕事をする会社を作る」という決意

 (11903)

取材にお子さまが同行することも

編集部: もともと料理人をされていらっしゃったと思うのですが、経営者になろうと思ったのはいつ頃なんでしょうか?

柴田: 経営者には19歳くらいの頃からなろうと思っていました。バックパックで海外に行っていた時に、フリーランスの人にすごく会ったんですよ。「どうやって生きているの?」という話をした時に 「家族のために、仕事をしている」「遊ぶため」という人が多かったんですね。

僕、親父が自営業で経営者だったんですけど、家にほとんどいなくて・・・・。両親が離婚したこともあり、親とメシを食うということがほとんどなかったんですよ。一方で、 海外で出会った人たちは、ほぼ家族一緒にご飯を食べているんです。子どもが小学校に行くまで家にいて、お昼に自分のご飯を食べに戻って来て、また子どもが帰ってくる頃に家にいるということが不思議で仕方なかったんです。すごい世の中があるんだなあと。日本ってこういうことあまりないんじゃないかと思ったんです。だからこそ、 こういうことがやれる会社を作ろうと思ったのが最初なんです。

実は、調理師の専門学校を出た後に、日本でフレンチの高級レストランに勤めたんですけど、半年くらいで辞めたんですね。高級レストランすぎて、友達が呼べないんですよ。当時ビストロとかもなくて、ワインと言えば高いイメージだった。でも、海外では日常的にワインを飲んでいるわけですよね。だから、普通の家をひたすら周りたいと思って、海外に行ったんです。

編集部: 日常を知りたくて、「家をひたすら周りたかった」というのも「日常」を大切にする今の仕事にすごく通じているなあと思うのですが、「食」に興味を持ったのはそのそもなぜなのでしょうか?

柴田: 中学校の時に両親が離婚したんですね。その頃、父親がすごく忙しくって、僕と妹でほぼ二人暮らしだったんです。お金は振り込まれるので、最初はデリバリーで乗り切ったのですが、当時、そばかピザくらいしかなかったので、一ヶ月経つと飽きてくるんです。妹と相談してカレーを作ったのですが、それがまずかったんですよ・・・。鍋の底を回すということも知らなかったんです。これは料理をきちんとやらないと!と思いました。そこから、5年ほど、自分と妹のお弁当と朝・夜ご飯を作って来ました。やらざるを得なかったんですよね。

大変なことも多かったですけどね。今でも妹とはすごく仲がいいです。

編集部: 当時から両立生活をされていたわけですね。

「個人が楽しめること」を大切にしたい だからこそ「子どもを仕事に連れてこられる環境」を作る

 (11906)

セミナーもお子さんと一緒に

編集部: 中学の頃からママだったりパパだったり、いろんな役目をされてきたと思うのですが、ご自身のお子さんが生まれてどうですか?

柴田: 自分の境遇とは全く逆をいくようにしていますね。海外で見てきた人たちをモデルにして、早く帰るようにしています。今日も朝、保育園に行く前に公園で一時間遊んできたんですよ。普段から、仕事行く前に遊ぶ時間を作ったり、週2回ほどは仕事に連れて行くようにしていますね。

仕事に連れて行くことで、いろんな人にも会えるし、社会勉強をしてもらいたいと思っていて。セミナーなども一緒に連れて行っていますね。

編集部: 奥さまも働かれていらっしゃるんですね。

柴田: そうなんです。週2で仕事に一緒に連れて行っているときは、妻も夜飲みに行くこともできますしね。

会社全体がこういうルールなので、スタッフの子もお店に一緒に来たり、ご飯を食べたりしていますね。

編集部: 経営者としても「みんながあたたかな家庭を持てる」ということを目指されているわけですね。

柴田: 「子どもを仕事に連れてこれる環境」は作りたいと思っています。そして 「子どもがいる中でできる仕事」でいいと思っているんです。

例えば、子どもが小さいうちなんて、あまり寝てくれなくて、自分の自由時間は2時間ほどしかないわけですよ。 その2時間を効率的に働ける環境を作りたいと思うんです。

最近入ってくれた子は、前社では子どもを作りたいと思えなかったそうなんです。でもうちの会社に入って、周りに子どもが当たり前にいる環境を見て、「子どもっていいな」と思ったようで。仕事のせいで「子どもが作れない」というのは意味がわからないなあと思っているんですよ。

編集部: 社員の人たちへの想いとしても「生活」を楽しんで欲しいと思っているわけですね。

柴田: 「生活」というのも、結婚していると奥さんのこと旦那さんのこと、子供のこと・・・考えなければいけないことは多いのですが、一番大切にしなければいけないのは「個人を楽しむ」ということだと思っています。個人を楽しみながら、結果として「家族」という枠組みになっていく。だからこそ、まずは会社としても「個人」を大切にしていきたいと思っています。

「個」を大切に、日常を楽しくする。柴田さんの人生から導かれた使命のようなものが、二つの会社の組織づくりからも、ケノコトというメディアからも伝わってきました。「家族で一緒にご飯を食べる」。そんな当たり前のことができる社会を作っていきたいですね。

柴田 雄平さんプロフィール

onakasuita 株式会社 、株式会社mannaka  代表取締役社長

1986年2月21日産まれ。埼玉県川口市出身。埼玉県の高校卒業後、調理師専門学校に通い調理師免許取得後に海外へ家庭料理を学ぶ旅に出る。ヨーロッパ6カ国を一般家庭を中心に交流。

2013年onakasuita株式会社を立ち上げ、マーケティングテレビや雑誌などの撮影の他に、大手外食、食品企業でのプロモーション・マーケティング、ブランディング戦略、セミナーを開催。外食事業部では門前仲町【おはしkitcen】、日本橋【煮炊きや おわん】を出店。

2015年1月『みんなのまんなかに・インターフェイスの役割を』。をテーマに株式会社 mannakaを立ち上げ、企業と消費者の共創マーケティングに特化したプロモーション・経営・ブランド戦略を行う。社員が基本的に在宅ワークとし出社の義務がないとう新しい働き方・労働環境なども注目されている。

2015年5月、日常と食のライフスタイルをテーマにしたオウンドメディア『ケノコト』を立ち上げる。2017年2月3つの新たな収益構造のオウンドメディアを立ち上げている。

HP:【onakasuita 株式会社】【おはしkitchen】おばんざい居酒屋・門前仲町【煮炊きや おわん】おでん・旬菜・酒 ・茅場町【株式会社 mannaka】【ケノコト】

この記事を読んだ人におすすめ

ライフもキャリアも「二兎を追って、二兎を得る」西村創一朗さんインタビュー

ライフもキャリアも「二兎を追って、二兎を得る」西村創一朗さんインタビュー

互いに応援し合える夫婦関係を築くためのアドバイスも
吉岡 名保恵 | 1,073 view
ひとりの女性へ戻れる「第3の場所」を。保育園併設の「シェアオフィスMANA」

ひとりの女性へ戻れる「第3の場所」を。保育園併設の「シェアオフィスMANA」

様々な働き方をする女性のために作られたシェアオフィスがオープン
ヤマウチカズヨ | 1,093 view
家事代行の株式会社タスカジに学ぶ、ママが活躍できる組織の条件

家事代行の株式会社タスカジに学ぶ、ママが活躍できる組織の条件

家事代行サービス「タスカジ」を運営する株式会社タスカジ(旧ブランニュウスタイル)社長の和田幸子さんとPRマネージャーの平田麻莉さんに、ママになっても活躍できる組織の条件や、同社が目指すこれからの家族のあり方、働き方についてお伺いしました。
宮本ナガタ | 1,262 view
会社員ママが子どものそばで〜 新しい働き方を可能にするサテライトママスクエア by HOLLYWOOD がオープン

会社員ママが子どものそばで〜 新しい働き方を可能にするサテライトママスクエア by HOLLYWOOD がオープン

2016年6月、六本木ヒルズにワーキングマザーのための新しい施設「サテライトママスクエア by HOLLYWOOD」が誕生しました。子育てと仕事の新しいスタイルが生まれそうです。
宮本ナガタ | 879 view
保育付きシェアオフィス「マフィス」高田麻衣子さんが目指すママが働きやすい社会

保育付きシェアオフィス「マフィス」高田麻衣子さんが目指すママが働きやすい社会

東京・世田谷で保育サービス付きのシェアオフィス「マフィス馬事公苑」を運営するオクシイ株式会社代表取締役の高田麻衣子さんに、「くらしと仕事」編集長がインタビューしました。ご自身の体験からマフィスを立ち上げた経緯や、今後の展開について語っていただきました。
鈴木 せいら | 6,433 view

この記事のキーワード

この記事のライター

LAXIC LAXIC