2017年2月2日 更新

家事代行の株式会社タスカジに学ぶ、ママが活躍できる組織の条件

家事代行サービス「タスカジ」を運営する株式会社タスカジ(旧ブランニュウスタイル)社長の和田幸子さんとPRマネージャーの平田麻莉さんに、ママになっても活躍できる組織の条件や、同社が目指すこれからの家族のあり方、働き方についてお伺いしました。

1,158 view

株式会社タスカジ(旧ブランニュウスタイル株式会社)は、家事代行サービス「タスカジ」を運営する、設立4年目を迎える会社です。広報担当平田さんは、今年生まれた下の子どもを抱っこしながら仕事をしていらっしゃいます。創業期の会社はとにかく忙しいというイメージがありますが、ひとりを除いてみんなワーキングマザーという同社では、いったいどのように仕事が行われているのでしょうか? 後半では、「タスカジ」というサービスを立ち上げた経緯や、同社が目指す新しい家族のあり方についても伺います。

株式会社タスカジ 代表取締役 和田幸子さん(右)、PR...

株式会社タスカジ 代表取締役 和田幸子さん(右)、PRマネージャー 平田麻莉さん(左)

とにかく忙しいスタートアップ。子連れでも来てくれるなら大歓迎

- 平田さんは、いつもお子さんを抱っこして働いていらっしゃるんですよね。

平田: はい、そうです。「カンガルーワーク」と勝手に名付けまして、いつもこのスタイルで働いています。

- いつ、「カンガルーワーク」で働こうと決めたのですか。

平田: 自分で決めたというよりは、成り行きで……と言うのでしょうか。2016年1月に生まれたのですが、早生まれの宿命なのか保育園に入れられなかったんです。和田に相談しましたら、「連れて来たらいいよ!」と。すごく嬉しかったですね。でも実は上の子(3歳)も、今年の4月にやっと保育園に入れるまでの間、週3で無認可の保育園に預けて、それ以外の出勤日は連れて来ていました。元からそういう理解のある会社なんです。

 (7478)

- 和田さんは、平田さんの「カンガルーワーク」は問題はないと思われたんですね。

うちはスタートアップ(創業期の会社)なので、やってもらいたい仕事がたくさんあって、戻ってきてくれるだけで「本当にありがとう!」っていう気持ちでいっぱいでした。平田だけでなく、私も他の社員も子どもを連れてくることがあります。子どもを連れてくることに"問題がある・ない"ではないと思うんです。子どもを育てるというのは普通のことで、それ以外の時間を仕事にあてているという感覚です。その仕事の時間に子どもがどこにいるかは、その時々によって違うわけです。会社で一緒の時もあるし、保育園に行っている時もある。そんな風に考えています。

ワーキングマザーには過剰な配慮より柔軟な選択肢を

- 子育てしている女性も活躍できる組織とは、どのようなものだと思いますか。

和田: 仕組みを作って配慮をするというよりは、働く人がいろいろな選択肢を持てるような組織がいいと思っています。全員が全員時短にするとか、そういったことではなく、ひとりひとり生活が違うのですから、それぞれが自分に合った働き方を選べるような会社にしたいです。

平田: 人生のタイミングによっても、やりたい働き方は変わってくると思うんです。今は子どもが小さいからリモートがいい、でも手が離れたら仕事に専念したいとか、受験になったから減らしたいとか。その時その時で建設的に相談して、フレキシブルにみんなでサポートし合えるといいと思います。

 (7479)

平田: ここで働きやすいなと思うところは、カンガルーワークをしていても、必要以上に気をつかわれないことなんです。基本的にはこのスタイルのまま、どこへでも仕事に行くのですが、出先では「あ、子ども連れだから何か話題にしなきゃいけないな」などと気を使わせてしまっているのを感じたりしますし、「大丈夫ですか、何か用意しますか?」って何度も聞いてくださったり。もちろんこの会社でもみんな様々なサポートをしてくれていますが、もはや娘の存在を当たり前として適度に放置してくれるので、"気をつかわれてる感"を感じずに働けるのがとても良いです。

和田: 慣れもありますよね。子どもがいる環境で働くことに、慣れているんです。慣れてしまえば何でもないことだったりします。私は、ワーキングマザーにとって、過剰な配慮はあまり必要ないと思っています。その人が置かれている状況はさておき、チャレンジしたり成長したりできる仕事があって、柔軟に働ける環境があるということ。その中で本人が自分にとってベストなやり方で働けることがいいと思うんです。

- 選択肢の多い働き方ができることって、あまりないですよね。

和田: そうですね。"家庭も子どもも諦めてメッチャクチャ働く"か"キャリアもやりがいも諦めて時短勤務で働く"か。この二択しかない状況って多いと思います。勝手に配慮というか排除というか、カテゴライズされてしまって。私はチャレンジしたいと思っていてどんどん仕事を回して欲しいし、(時間などの)配分だけ自分の自由にできる権限さえあれば、と前職ではよく思っていました。チャレンジしたいと思っていても、会社側が制度とかに囚われてしまっている感じがします。

平田: 和田は選択させてくれるので、本当にありがたいです。産後も「どうするか自分で決めていいよ」と言ってくれて、「じゃあ3月まで休みます」「わかった、それまで頑張ってしのぐね!」なんて会話があったり。自分で決められることって、とても大切ですね。

- お話を伺っていて思ったのですが、みなさん自分で選択して自由に働くのは素晴らしいですけど、全体の仕事量とか不足になって困ったりしないんでしょうか。

和田: おっしゃる通りです。でも、スタートアップですから、常にリソースは足りないですし、状況によってスケジュールも変わっていきます。ですから、優先順位を決めてフォローしあいますし、あえて「やらない」と決めるとこもあります。全体の方針は私が決めていますが、スケジュールなどはそれぞれの裁量に任せています。

平田: たとえ全員が正社員でフルタイムで働いていたとしても、同じだと思います。やりたいことは常にごまんとあって。だから逆に、スタートアップというのはフレキシブルに働きやすい環境なのかもしれませんね。

仕事と家事・育児の両立に「タスカジ」は欠かせない

- 家事育児と仕事の両立のために、どんな工夫をしていますか。

和田: 「タスカジ」はみんなお願いしていますよ。

- どのくらいの頻度で、何をお願いしているんですか。

和田: 私は週1回3時間のお掃除と、隔週で1回、別の方にお料理の作り置きをお願いしています。

平田: 私は隔週1回で、お料理の作り置きです。他のスタッフも毎週1回で、やっぱり作り置きをお願いしています。お掃除は、各家が新人のタスカジさんのテストセンターになっているので、適度に汚しておかないといけないんです。

 (7480)

34 件

この記事を読んだ人におすすめ

多様な人材を引きつけ、活かす〜全員リモートワークのタクセルの働き方〜

多様な人材を引きつけ、活かす〜全員リモートワークのタクセルの働き方〜

働き方の自由度を高めたら、多様性のある組織になった
やつづか えり | 1,787 view
夫の赴任先マレーシアで在宅ワーク中。「夫をリタイアさせるのが私の夢」

夫の赴任先マレーシアで在宅ワーク中。「夫をリタイアさせるのが私の夢」

元々保育士として働いていた甲斐田さんは、現在、ご主人の海外赴任でマレーシアに暮らしています。英語の言葉の壁や子育ての忙しさをバネに、バーチャルアシスタントの仕事にチャレンジしました。そんな甲斐田さんの描く将来の夢とは、どんなものなのでしょう。
鈴木 せいら | 2,394 view
自分のスキルを伸ばしながら、働くママの子育て環境をより良いものに

自分のスキルを伸ばしながら、働くママの子育て環境をより良いものに

バーチャルアシスタントサービス「Help You!」のワーカーとして、自宅で子どもを見ながら仕事をする生田目さんにインタビューしました。
鈴木 せいら | 1,448 view
島で育む家族の暮らしとやりがいを大切にした新しい仕事のカタチ

島で育む家族の暮らしとやりがいを大切にした新しい仕事のカタチ

家族で奄美大島に移住後、3人の子どもを育てながらバーチャルアシスタントサービス「Help You!」のワーカーとして活躍している宮崎さんにインタビューしました。
鈴木 せいら | 3,035 view

この記事のキーワード

この記事のライター

宮本ナガタ 宮本ナガタ