2017年6月22日 更新

3人の副業・複業実践者に学ぶ“人生100年時代”の働き方

会社員をしながら副業を始めた3人が語りました

1,185 view

世間に先駆けて複業の推進を打ち出すサイボウズとエンファクトリーの2社のディスカッションを紹介した前編「複業推進の2社が考える人生100年時代に必要な働き方とは?」に続き、本編では、同イベント「これからの複業・複業を考える“人生100年時代”に必要な働き方とは」より、実際に副業・複業をしている人たちのお話を紹介します。


 

 

会社員だった3人が副業・複業を始めた理由は?

 (11221)

第2部では、本業をこなしつつ、さまざまな形で副業・複業をしているゲストが登場。

第1部の司会を努めた西村創一朗さん(複業研究家/働き方改革コンサルタント、株式会社HARES 代表取締役)、ヤフー株式会社で企業ブランドのディレクション業を務めながら、副業でWebデザイナーをしている岡直哉さん、エッセンス株式会社で人材コンサルタントの営業を務めるかたわら複数の団体の代表を勤め、このほどスキルシェアリングサービス「pook」での副業デビューをした島崎由真さんの3人を迎えて、専業と副業のバランスや実践者としての本音などが語られました。司会は、ランサーズ株式会社で広報を担当する潮田沙弥さん。彼女自身も、パラレルワークとして一般社団法人プロフェショナル&パラレルキャリアフリーランス協会の理事を務めており、副業への理解を促進するための啓蒙活動も行っています。


それぞれ異なる副業をされている3人ですが、副業を始めたきっかけは何だったのでしょうか。


HR企業や企業人事を束ねる有志団体「One HR」を設立し、共同代表を任されている他にも、子育て支援団体の共同代表も務めており、「副業かつ複業」をこなしている島崎さんは、 「副業を始めたきっかけは、フリーランスの人たちとの出会い」だと言います。

 (11223)

「フリーランサーの一カ所にとどまらない働き方や、実績を出しながら転職を重ねていく姿を見て、『自分はずっとこのまま同じところで働いていていいのか』と不安を覚えたんです。そこで、自分ができることを探した時に、個人の持ついろいろなスキルでビジネスを始められる『pook』と出会い、副業を始めました」


共働きの家庭で、家事も育児も奥様と分担している島崎さんは、子育てをしていくうちに、「家事が苦にならない」ことに気付いたのだとか。そこで、自分と同じように子育てをしながら家事をする家庭向けに、家事代行サービスを始めることにしたそうです。


一方、Webデザイナーとして副業をする岡さんのきっかけは、「スキルアップ」。ちなみに彼は、ランサーズ株式会社が主催する「Lancer of the Year 2017」 でパラレルワーク賞を受賞した経歴の持ち主でもあります。(参考:クラウドソーシングで「自分らしい働き方」ができているのはどんな人たち? Lancer of the Year 2017レポート

 (11225)

「専業であるインハウスデザイナーの仕事は、社外と接する機会がほとんどありません。すると、仕事をこなしていくうちに、『自分のデザインは果たして社外で通用するものなのか』と疑問を覚えるようになりました。そこで、自分のスキルを試したくなり、ランサーズへ登録して副業を始めたんです」


「社外の世界を見てみたい」と思ったのがきっかけという2人に対して、西村さんは、「自分がやりたいことをやるために副業を始めた」そうです。

 (11227)

「本業では、ゼロからものを作ってみたいという思いから、新規事業部への配属を希望していました。しかし、実際に配属されたのは営業部。営業で良い成績を上げ続けていましたが、だからといって希望の部署へ配属されるという保証はありません。そのうち『自分の希望するキャリアは実現できないのでは』と不安になりました」


一度は転職を考えるも、すでに家庭を持っていた西村さんは、「リスクが大きすぎる」と断念。そこで思いついたのが、「本業でできないことを副業でやってみる」ということ。


「副業として個人メディアを立ち上げました。これが好評になり、結果、新規事業部へ異動する足がかりになったんです。本業と副業は切り離して考えられがちですが、相互関係があるもの、それぞれに良い影響を与えるものではないでしょうか」

 

副業・複業の課題は「時間の使い方」、メリットは様々

それぞれの副業・複業で満足する結果を出している3人ですが、今後の課題として皆さんがあげたのは「時間の使い方」でした。

「通勤の時間すら惜しい」と話す西村さんをはじめ、3人とも共通していたのは、「スキマ時間をいかに工夫するかが問題」だということ。岡さんは、「平日は時間に余裕がない限り、専業のみ。副業は主に土日」と決めているそう。そのため、時間が読めないデザイン依頼などは断ることも。「副業をしているからといって本業がおろそかになるのは絶対NG」と、あくまで本業がメインであり、優先するスタンスは徹底して守っているそうです。


こうしたスケジュール管理に苦労が見られる複業ですが、一方では、3人にどんなメリットをもたらしたのでしょうか。

 (11231)

まずは、「思わぬ副産物がたくさんありました」と言う西村さん。一番大きかったのは、人と人とのつながりだそうです。


本業では出会えない人たちとの出会いがありました。これが結果的に、本業へ跳ね返ってきたんです。先ほども述べましたが、本業と副業の良い循環で得られたものが大きかったですね」


スキルアップを目的にしていた岡さんは、「デザイナーとしての経験値」だと言います。


「本業ではやらないジャンルのデザイン、会うことのないクライアントと出会えたことで、社内では得られない部分のスキルが飛躍的に上がりました。副業は個人でやっているので、特にディレクション能力の向上が大きかったです。社内では『お前、そのスキルはどこで身につけたんだ!』と驚かれたこともありました(笑)」


また、副業を始めたばかりの島崎さんは、自分を客観的に見つめ直すことが増えたそうです。


「副業をすることでどんなメリットがあるか、経験が得られるかを考えるようになりました。すると、自分のキャリアや価値観などを分析するようになったんです

19 件

この記事を読んだ人におすすめ

ライフもキャリアも「二兎を追って、二兎を得る」西村創一朗さんインタビュー

ライフもキャリアも「二兎を追って、二兎を得る」西村創一朗さんインタビュー

互いに応援し合える夫婦関係を築くためのアドバイスも
吉岡 名保恵 | 723 view
4人のフリーランスITエンジニアたちが見つけた、それぞれの新しい働き方

4人のフリーランスITエンジニアたちが見つけた、それぞれの新しい働き方

複業、移住した田舎での活動など、仕事の可能性を広げるエンジニアたちがいます
複業推進の2社が考える「人生100年時代」に必要な働き方とは?

複業推進の2社が考える「人生100年時代」に必要な働き方とは?

エンファクトリーとサイボウズが考える複業のメリットとは
夫婦のどちらも主役 協力し、尊重し合えるフリーランス起業家夫妻のくらしと仕事 ~後編~

夫婦のどちらも主役 協力し、尊重し合えるフリーランス起業家夫妻のくらしと仕事 ~後編~

夫がデザイナー、妻がWebディレクターとしてそれぞれ会社を経営する中村克己さん(株式会社フェスタ― 代表取締役/国酒支援NPOサケネス 代表)と小沼光代さん(株式会社フラップ 代表取締役)夫妻。後編では、家事や育児の分担、ライフワークや今後の展望について聞きました。
鈴木 せいら | 668 view

この記事のキーワード

この記事のライター

ヤマウチカズヨ ヤマウチカズヨ