2017年4月5日 更新

忙しい朝、「早く早く!」と言わないためのアイディア5つ

親子で朝やることを見直してみましょう!

553 view

(この記事は「LAXIC」より転載、編集しています。)

ワーママの朝は忙しい。つい「早く早く!」を連発してしまいがちになりますが、急かしたからところで思い通りに急いでくれないのが子ども。さて、ではどうしたらいいのでしょう? 体験談を交えながら、対策を5つご紹介します。

1.「早いね~」と予言をする

 (9500)

まずは言葉を変えてみましょう。うちの子どもが小さい頃、一番不思議だったのが「子どもは予言を叶える存在だ」ということ。早くして欲しいときは「早いね」「猛スピードだね」と声を掛けると…… あら不思議、本当にスピードアップするのです。言葉をちょっと変えるだけなら、時間もお金もかかりません。ぜひ一度試してみてください。

2.競技にする

 (9503)

子供は競争やゲームが好き。さらに、やるからには必ず勝ちたい生き物です。その本能とでもいうべき習性を利用しましょう。「ママの方が早く着替えちゃうモンね~」などと声を掛けて、競争に持ち込む(でも子供が気分よく勝てるように調整しつつ)。

また、タイムトライアルにするのもおすすめです。「10秒で着替えられるかな? ママはできるけどね。い~ち、に~い……」と挑発してみましょう。

3.やることリストを作って子どもにチェックさせる

 (9506)

顔を洗ってご飯を食べて歯磨きをして着替えて…… 朝は子どももやらなければならないことがたくさんあります。次々に指令を与えてクリアさせるのはなかなかの難事業ですし、ストレスも溜まります。子どもの自己肯定感も育ちませんよね。「やることリスト」を作って自分でチェックさせるといいですよ。単純な表でもいいですし、「はみがき」「あさごはん」「きがえ」などイラストを添えるのもいいでしょう。

言葉で言われると入ってこないタイプでも、目で見るとわかる、ということもあります。自己管理しなければ、と自覚を呼び起こすことにもつながります(やることリストは「お支度表」で画像検索するとたくさんのママの工夫が見られます)。

4.スケジュールを見直す

 (9509)

毎朝忙しすぎるなら、朝に「やらなきゃいけないこと」が多すぎるのかも知れません。「これは朝でなくちゃ」と思い込んでいる行動を見直してみませんか。洗濯機を回すのは夜のうちでいいかもしれないし、朝食の準備も前の夜にスープや味噌汁を仕込んでおいた方が効率的なのかも。そんな風に工夫できることがありそうです。

朝のスケジュールだけでなく、夜の行動も考えてみましょう。子供の着替えや、明日持って行くハンカチなど、夜のうちに翌日の準備をしておけば、朝のバタバタが減らせるかも知れませんよ。

 

20 件

この記事を読んだ人におすすめ

夕飯作りが原因で“寝不足親子”増加中! 調理時短のコツあれこれ

夕飯作りが原因で“寝不足親子”増加中! 調理時短のコツあれこれ

夕飯作りの時短に、思い切ってこんな方法を試してみませんか
西谷 じゅり | 299 view
4倍速仕事術のきっかけは「小1の壁」〜清水久三子さんに聞くワーママが幸せになる方法〜

4倍速仕事術のきっかけは「小1の壁」〜清水久三子さんに聞くワーママが幸せになる方法〜

倒れている場合じゃないワーキングマザーだからこそ、自分をケアする時間を!
やつづか えり | 1,353 view
子どもが自発的に歯磨きしてくれる方法で、バタバタの朝も怒らずに!

子どもが自発的に歯磨きしてくれる方法で、バタバタの朝も怒らずに!

嫌がる子どもに歯磨きをさせるの、大変ですよね?
あん☆な | 208 view
職場復帰してワーキングマザーになるあなたに、おすすめの本5選

職場復帰してワーキングマザーになるあなたに、おすすめの本5選

スムーズな職場復帰に向けて、職場・家庭で参考になる本のご紹介です! 
西谷 じゅり | 1,786 view
グズグズの子ども着替えをスムーズにする方法で、朝を楽しく!

グズグズの子ども着替えをスムーズにする方法で、朝を楽しく!

忙しい朝に限って言うことを聞いてくれないって、ありますよね?
あん☆な | 298 view

この記事のキーワード

この記事のライター

LAXIC LAXIC