2016年9月1日 更新

家族みんなが嬉しいあそび場「PAPAMO」体験レポ&主催者 橋本咲子さんインタビュー

先日、子どもを連れて「親戚のおうちのようなあそび場」をコンセプトに開催されている「PAPAMO」に参加してきました。3時間のプログラムの中で子どもたちがどんな風に遊んでいたかをレポートし、後半では「PAPAMO」を運営している橋本咲子さんのお話も紹介します。

1,685 view

「PAPAMO」は、スタッフの自宅などの「家」を会場に、「親戚のおうち」のような雰囲気の中で、小さな子ども達(対象は未就学児)には楽しい遊びの時間を、その保護者には休憩したりお出かけしたりという自由時間を提供してくれるサービスです。2016年6月から東京や川崎などで開催されています。
7月の土曜日、この「PAPAMO」に子どもと一緒に参加してきました。会場は、東京 千駄ヶ谷にある素敵な一軒家です。

 (5144)

こちらが、その日のプログラム。
「キッズスタッフ」の方が毎回テーマを決め、楽しい遊びの準備をして出迎えてくれます。私たちが参加した日のテーマは「ファッションショー」。大人でも、なんだかワクワクしてしまいます! 1回3時間のプログラムの中でひとつの活動が長くて40分程度と、子どもが飽きないように工夫されているんだな、なんてことも感じられました。

パパやママがゆっくりできる空間も

「PAPAMO」では、始まりと終わりの時間は親子が一緒にいることになっていますが、その間の時間は、子どもが大丈夫であれば別の場所にいてもOKとなっています。千駄ヶ谷の会場では、子どもたちが遊んでいる隣の部屋に、保護者用のスペースが設けられていました。

 (5142)

 (5143)

うちは子どもが人見知りなこともあって、ずっと離れているということはできなかったのですが、それでも遊びに集中しているときを見計らってちょっと隣の部屋でお茶を飲んだりし、リフレッシュできました。
他の親御さんたちも、ママ友同士おしゃべりしたり、仕事をしたり、どこかに出かけたり、思い思いに過ごしていたようです。

子どもたちが夢中で過ごした3時間

ここからは、子どもたちの遊びの様子をレポートします。

みんなで自己紹介

 (5149)

開始時間になると、「PAPAMO」の説明があり、まずはスタッフの皆さんから自己紹介がありました。この日のキッズスタッフは、平日は保育園で働いている保育士の渡邉真悠子さんと、大学で保育と教育について学んでいる横井杏香さんのお二人。このように、保育のプロと学生さんの2名体制での運営が基本だそうです。さらにこの日は、子どもとふれあう経験がしたいという学生さん2名も、ボランティアで参加していました。
その後、参加した子どもたち一人ひとりにお名前を聞いてくれ、みんな上手に自己紹介ができました。

ドレスとポシェットづくり

いよいよ遊びの時間がスタート。
キッズスタッフの方が、頭や腕を通す穴を開けたビニール袋を用意してくれていて、それを土台に、好きな飾りをペタペタ……、思い思いにかわいいドレス、カッコいい洋服を作っていきます。

45 件

この記事を読んだ人におすすめ

ライフもキャリアも「二兎を追って、二兎を得る」西村創一朗さんインタビュー

ライフもキャリアも「二兎を追って、二兎を得る」西村創一朗さんインタビュー

互いに応援し合える夫婦関係を築くためのアドバイスも
吉岡 名保恵 | 907 view
「周りから見たらただの変人」。 中原美智子さんがふたごじてんしゃを通して、伝えたい世界観

「周りから見たらただの変人」。 中原美智子さんがふたごじてんしゃを通して、伝えたい世界観

株式会社「ふたごじてんしゃ」代表の中原美智子さんの想いとは
LAXIC | 98 view
社長の妻を夫がバックアップ! 公私ともにタッグを組んだ夫婦の「働き方」「くらし方」

社長の妻を夫がバックアップ! 公私ともにタッグを組んだ夫婦の「働き方」「くらし方」

“妻が前に出て夫が守る”、そんなライフスタイルはどうやって確立されたのでしょう
宮本さおり | 1,484 view
3児のママのアイデアが形に!起業塾を経て経営者になった鈴木未夏子さんの今

3児のママのアイデアが形に!起業塾を経て経営者になった鈴木未夏子さんの今

発明家から起業家へ、ユニークな経歴は「自分は何をしたいのか」をとことんつきつめて考えたゆえでした。
森田有希子 | 709 view

この記事のキーワード

この記事のライター

やつづか えり やつづか えり