2017年1月20日 更新

これから女性が活躍しやすい11の職種とは?

今後女性が活躍しやすいと見込まれる11種類の職業を年収順に紹介します。1位は広告および販売促進マネージャー、2位以下は?

14,757 view

これからますます女性が活躍する時代といわれていますが、企業の中ではどうしても男性に有利な状況が多くて「このまま働き続けていくのは難しいかも…」なんてモヤモヤしている人も多いのでは?

総務省統計局の調査によると、15~64歳の女性の就業率は2013年に平均62.4%となりました。2010年に60%を超えて以来、過去最高を更新し続けています。特に30~34歳は10年前と比べ、10.9ポイントともっとも上昇。これは、結婚や出産というライフイベントがあっても仕事を続ける女性が増えていることが影響しているのです。

女性の就業率上昇 -M字カーブの変化-(総務省統計局 労働力調査ミニトピックス No.11)

女性の就業率上昇 -M字カーブの変化-(総務省統計局 労働力調査ミニトピックス No.11)

せっかく働き続けるなら、女性の能力をちゃんと認めてくれて、活躍のチャンスや収入を得やすい仕事をしたいですよね。

そこで、アメリカの人材サービス企業Career Castが発表した、今後女性が活躍しやすいと見込まれる11種類の職業The 11 Best Jobs for Women in 2015」を年収順にご紹介します。(年収と成長率は、アメリカの労働統計局の発表によるもので、年収は各職業に就く労働者の年間賃金の中央値です。1ドル=112円で換算しています)

1位:広告および販売促進マネージャー

thinkstock (1106)

年収:11万5750ドル(1296万円)
女性の割合:66%

主な仕事は、マーケティングプランの企画・立案から管理、実行までを担当、統括すること。女性向けブランドなど、女性ならではの感性を活かせる仕事も多く、66%という高い割合を女性が占めています。2022年までに12%の成長率が見込まれています。

2位:人事部マネージャー

gettyimages (1107)

年収:9万9720ドル(1117万円)
女性の割合:72%

人事・採用業務のマネジメントを担当、統括する仕事。女性の割合も72%と高く、ネットワーク作りが得意、きめ細かい対応など女性が向いている仕事といえます。

3位:広報のマネージャー

gettyimages (1108)

年収:9万5450ドル(1069万円)
女性の割合:57%

メディア対応を中心に企業イメージや知名度を高めることで、マーケティングの一部をになう広報。総合職の中でも女性の感性やコミュニケーション能力が生かしやすいともいわれています。高賃金で現在女性が6割。

4位:年金・保険数理士

gettyimages (1110)

年収:9万3680ドル(1049万円)
女性の割合:36%

現在成長している分野で、保険や年金の料率設定、決算などに関わる業務をはじめ、コンサルティングをおこなう人や中立的な立場から外部監査に携わる人も増加しています。

45 件

この記事を読んだ人におすすめ

「くるみん」マークは信用できない? 働きやすい企業を見分けるヒント

「くるみん」マークは信用できない? 働きやすい企業を見分けるヒント

国から「子育てをサポートする働きやすい企業」と認定された証である「くるみん」マーク。長時間労働による過労自殺が起きた電通が過去3回に渡って認定を受けていたことが問題視され、同社はこれを辞退しました。「結婚や出産などで環境が大きく変わっても長く勤めたい!」そんな女性にとって働きやすい企業はどうやって見分ければよいのでしょうか?
西谷 じゅり | 521 view
日本の順位はどうしたら上がる?働く女性にとってベストな国ランキング2017

日本の順位はどうしたら上がる?働く女性にとってベストな国ランキング2017

各国それぞれ違う環境の中で、ガラスの天井突破に向けた取組みが進んでいます
西谷 じゅり | 104 view
将来就きたい職業は? 時代を反映する子どもの夢と親の希望

将来就きたい職業は? 時代を反映する子どもの夢と親の希望

アンケート結果から、子どもと親それぞれの思いを探ります
西谷 じゅり | 188 view
クラウド・ワーカー意識調査に見る仕事や収入の実態、満足度は? 

クラウド・ワーカー意識調査に見る仕事や収入の実態、満足度は? 

クラウド・ワーカー1000人のアンケート結果に見る傾向
あん☆な | 110 view

この記事のキーワード

この記事のライター

emi emi