2016年5月17日 更新

ライフイベントに備えて、自分を知り、選択肢をもち、自分で決める働き方

これからますます多様化する働き方に柔軟に対応できるよう、私たちはもっと自分と向き合い、さまざまな選択肢をもつことが必要になりそうです。

561 view

4月24日に開催されたセミナー『ライフプランの中で「はたらく」を考えよう』(「Women’s Intelligence~女性がもっと経済に興味を持つためのきっかけづくりプロジェクト」主催)に参加しました。結婚や妊娠、出産、育児以外にも夫の転勤や介護など、女性にはさまざまなライフイベントがおこりますよね。そのためにキャリアをあきらめていたとしても、これからは自分らしく働けるかも! と期待できるセミナーの内容をご紹介します。

セミナー会場の様子

あきらめず、自分で働き方を決めるためにできること

2部構成の第1部、前半は「あきらめないで!はたらき方は自分で決める」。講師は、選択肢の増える社会を目指して事業展開を続けている、NPO法人Arrow Arrowの代表理事・堀江由香里さんです。働きやすい環境をつくるためのヒントをたくさんいただきました。

NPO法人Arrow Arrowの代表理事・堀江由香里さん

これからは女性がキャリアの主導権を握る

「“ワーク・ライフ・バランス”という言葉そのものは浸透しているものの、十分に理解している人や企業はまだまだ少ないです」という堀江さん。

今回、堀江さんが提案するのは「権利主張型でもなく、迎合するでもない新しいはたらき方でキャリアの主導権を握る」というもの。今までは“この仕事がやりたい!”と権利を主張したり、やめさせられるならと会社の言いなりになってしまい、思うような働き方ができなかった人もいるかもしれません。

そうではなく、出産後は自分が変わるという前提をまずは受け入れたうえで、会社にもそれをどう受け入れてもらうか、Win-Winになる方法や交渉のしかたを考えることが大切とだとおっしゃいます。

そのために必要なことは2つ。

(1)会社側がどういう考えなのかを客観的に把握すること
(2)育児にどんなリスクがあるのか会社側に知ってもらい、回避する方法をこちらから提案すること

たとえば、

『自分が対応できないときに備えて後輩を育成します』
『仕事はひとりで抱え込まず、チームで成果を上げる方法を考えていきます』

など、組織の考え方も踏まえたうえでお互いが歩み寄るような提案をしていくことがポイントです。

ワーキングマザーと企業の本音とギャップ

女性がキャリアの主導権を握るために重要なのは「ミスコミュニケーションをなくす」こと。堀江さんは興味深いアンケートを紹介してくれました。

株式会社エン・ジャパンがおこなった「ワーママ意識調査2015」というアンケートによると、ワーキングマザーに意識してほしいこと(ワーキングマザー自身は意識したいこと)として、企業側は<業務を抱え込まない>が上位であるのに対し、ワーキングマザーは<自分に求められる任務を完遂すること>が上位を占めていました。

「ワーキングマザーは周囲に迷惑をかけたくないという思いから“自分の仕事は自分がやらなければ”と思いがちですが、じつは企業側は“もっと周囲を頼ってほしい”と思っているんです」と堀江さん。

その意識の違いから、ワーキングマザーは”評価してもらえるようにますます頑張らなきゃ”と思い、負のスパイラルにおちいってしまうこともあるそう。

仕事や周囲とのコミュニケーションの中で、ワーママに意識...

仕事や周囲とのコミュニケーションの中で、ワーママに意識して欲しいこと(ワーママ自身は意識したいこと)は何ですか?

企業も個人も“枠”を超える

堀江さんは“キャリアの主導権を握る”ということは「自分が成果を出す」のではなく「チームで成果を出す」という視点にシフトしていくことだといいます。

さまざまなライフイベントによって従来の働き方ができなくなった場合、今までのやり方を貫くよりも「プレイヤーからマネジャーの視点へ」考え方を変えることは、ワーキングマザーにとって必要になってくるのかもしれません。

また、企業側にも意識の変化が求められています。複数の人材に同じような役割分担をする「マス管理」から脱け出し、個人の特性を活かした「モザイク型」の人材活躍モデルへ移行することで、これからの多様性の時代に対応できるのではないかともおっしゃいました。

じゃあ、私にできることって?

モザイク型人材の活躍に向けて、私たちが目指すもの。そのポイントは「いつでも・どこでも・だれでも」。“私にはマネできない”と思うような完璧なロールモデルではなく、ひとりひとりが“私でもできるかもしれない”という等身大のロールモデルを目指そうというものです。

そのためにはできるだけ多くのワーキングマザーから話を聞くこと。そうすることで「全部はムリだけれど、ココだったらマネできそう」ということが分かってきて、自分らしい働き方が見えてくるのだとか。

「それぞれの一歩が10年後の社会を変える」とはいいますが、いきなり自分ひとりで動こうとしてもなかなか踏み出せないこともあると思います。まずは先輩の話を聞く、上司や同僚に相談するなど、ひとりで乗り越えようと思わず今までのやり方を疑ってみることから始めることで一歩を踏み出すきっかけになるのではないでしょうか。

 

30 件

この記事を読んだ人におすすめ

企業が変わり始めた! 短時間しか働けない人でも求められる時代に

企業が変わり始めた! 短時間しか働けない人でも求められる時代に

自宅近くや短時間という条件でスキルを活かせる場が増えている
やつづか えり | 712 view
復帰前の両親学級! 『脱・ワンオペ育児』の経験をシェア

復帰前の両親学級! 『脱・ワンオペ育児』の経験をシェア

4組の夫婦の家事分担や子育ての方針が語られました
鈴木 せいら | 340 view

この記事のキーワード

この記事のライター

emi emi